MENU

ひよっこ父親・実のネタバレはコチラ

沢村一樹

 

このページは、朝ドラ「ひよっこ」で主役・谷田部みね子(有村架純)の父親沢村一樹)の失踪理由についてネタバレ解説していきます。ネタバレが無理な場合は今すぐページを閉じてくださいね。

 

 

 

実が突然の失踪

 

みね子の父親の実(みのる)は、家族をすごく想っていて家族のために東京に働きにでています。稲刈りや正月には戻ってきていたのですが、稲刈りに戻ったあとに東京に行ったのちに失踪してしまいます。

 

 

 

そもそも、なぜ実が東京に行っているのかというと、農作物が不作の年にした農協に対する借金を返済するためです。谷田部家は一家でしていた農業だけで借金返すことがすごく大変だから、実が少しでも稼ぎを増やすために東京にいるのです。

 

 

 

しかし、その実がこれまであんなに大切にしてきた家族に対し、まったく連絡がとれなくなったのです。なので、谷田部家は事情を知らない弟・進(高橋來)以外みなが心配したのです。

 

 

 

 

実を探しに妻・みよこが東京へ

 

実との連絡がとれなくなり、行方がわからないようになってからまず動いたのは妻・みよこ(木村佳乃)。みよこは、みねこに対しても嘘をつき内緒のままで東京に夫を探しにいきます。

 

 

 

嘘に気付いていたみね子は、なぜみよこが東京に行っているのか茂(古谷一行)に相談しますが、茂は親が子供に言わないことには理由があるからだといい、みよこからはなしをしてくれるまで待つよういいます。

 

 

 

東京についたみよこは、まずは実が勤務してた建設現場にむかいます。しかし、当時の東京の建設現場には無数に出稼ぎ労働者がいて失踪する人も星の数ほどいたので、みよこのことを軽く考え相手にしていません。

 

 

 

住んでいた寮も現場も訪れますが失踪の手がかりがつかめません。だから仕方なく、警察に協力を依頼します。しかし、ここでも出稼ぎ労働に東京に来ている人がおおかったためほとんど相手にされません。

 

 

 

しかし、綿引正義(竜星涼)という警察官が茨城県出身で自分が捜索しますと願い出てくれました。そのため、みよこは実のことについて事細かく綿引におしえます。

 

 

 

その後、みよこは洋食店「すずぶり亭」に行って実の手がかりを聞きにいきます。せやけど、すずぶり亭の女主人・牧野鈴子(宮本信子)は、実は重箱をとりにくるって言っていたから大丈夫。必ずみつかると励まされます。

 

 

 

ただし、すずぶり亭でも手がかりはなくみよこは東京にきたけど失踪理由や行き先など、なにもわからないまま村にもどることになってしまったのです。

 

 

 

 

みね子が東京に就職

 

村に帰ったみよこは、みねこに実の居場所がわからんくなったことをはなします。みね子は話を聞いて呆然とします。実は、生きているかどうかでさえわからない状況だからです。

 

 

 

それでも、みねことみよこは、いきなり正月には帰るのではないかと思い待つことにしました。それでも、みね子の中ではもやもやしたものが残りました。

 

 

 

実が家に戻らなかったらどうしようという思いがあったからです。そんな頃に、東京で実を探している警察官・綿引から現在の状況が手紙でみよ子にやってきます。

 

 

 

しかし、それを妹・ちよこ(宮原和)が偶然読んでしまいました。そして、ちよこは東京に実を探しにいこうと行動します。そのため、バスにのりこみます。

 

 

 

それを知った、みねことみよこがちよ子を探しにいきます。すると、バスの車掌をしている益子次郎(松尾諭)がちよこをバスで寝かせてくれていました。その様子を見たみねこは大きな決意をします。

 

 

 

みねこは、正月にもし父親の実が戻ってこなかったら長女の私が高校卒業して東京に就職して探すという決心でした。それを聞いた美代子と茂はただ、下を向いてだまったままだったのでした。

 

 

 

 

みね子が綿引と一緒に実を捜索

 

結局、正月も実が谷田部家に帰ることはありませんでした。それは、父親である実の失踪理由や生きているのか等はわからないままです。

 

 

 

そのため、みね子は東京行きを決意します。そこからの就職活動だったので大変ではありましたが、働く場を先生が尽力してくれて見つかりました。

 

 

 

みねこは、実の代わりに長女の私が仕送りをすることをみよこに約束し、奥茨城村村から東京という大都会にでたのです。東京では、みねこはわたびきと実の行方をあちこち聞きまわります。

 

 

 

実がこれまでに働いた現場、寮など過去にいったことがあるようなところについてはくまなく探していきました。しかし、実の消息はわからないままでした。しかし、突如実の安否が確認できることとなります。

 

 

 

それは、先月に元同僚が実のことを見たと教えてくれたのです。みねこは唐突のことだったのでびっくりしました。実については、生死がわからない状況だったので生きていることがわかってほっとしました。

 

 

 

一方で、生きているのになぜ連絡をくれないのか。谷田部家を嫌いになってしまったのか。そういった疑問も頭をよぎります。その後も、みね子は東京で仕事をしながら綿引と一緒に実のことを探し続けます。

 

 

実の失踪理由をネタバレ

 

その後も、実のことについてはそれ以上わからないままの状況がつづく中で綿引が父親が倒れたために実家に戻らなければならなくなってしまいました。長男であるため、実家に帰る決意をしたのです。

 

 

 

綿引としては、実がみつかっていないのが心のこりだとみね子に話します。それでも、絶対に生きているのであきらめないように励ましてくれます。その後は、みね子はお世話になった綿引と別れ一人でみのるを探すことになります。

 

 

 

翌年の正月、みねこは職場がつぶれて、新しくすずぶり亭で採用してもらえるようになったこと等を報告するために村に帰りました。しかし、そこでは家族の誰も父親・実のことを触れません。

 

 

 

疑問に感じたみねこはみよこと茂に誰もみのるのことを話さないけどもう忘れたの?と質問しました。すると、美代子は忘れるわけないけど、話すと寂しくなるから・・・と苦渋のかおをしています。

 

 

 

美代子のその表情を見て、みね子は実を絶対にみつけだす決意をするのでした。みね子は、父親がなぜ失踪したのか。その理由を知りたい。そして絶対に連れ戻す。そんな覚悟でいたのでした。

 

 

 

そして、再び実の情報が寄せられるのは綿引からでした。綿引は、茨城に戻ってからも同僚に何かあったら連絡をしてくれるようにお願いしていたのです。綿引は、実がいなくなった当日のことをみね子に話します。

 

 

 

実は、郵便局から奥茨城村に送金しようとしたところひったくりにあって、何度も何度もそれは家族のためのお金だからとひったくりにしがみついています。そのため、ひったくりは実の頭を棒でたたきます。

 

 

 

その後、そのひったくり犯は死んでないだろうかと怖くなってその場所に戻るのですがそこにはもう実の姿はなかったのです。実が救急車で運ばれた形跡もない。行き倒れで死んだ形跡もない。

 

 

 

だから、その後のことについてはわからないという状況です。ひよっこ父親・実(みのる)のネタバレは今のところはここまでです。

 

 

実は川本世津子の家に

 

実がいなくなってしまったのは、出稼ぎ労働が嫌になったわけでも家族が嫌いになったわけでもありませんでした。住んでいたのは女優の川本世津子(菅野美穂)の家でした。

 

 

 

川本世津子は怪我をして、ずぶぬれになっている実の手当をして家に泊めてあげていました。世津子は、何度も警察と病院に行った方がいいと話しをしまいたが実がそれを嫌がります。

 

 

 

実は、人殺しをしてしまったかもしれないと思ったからです。そして、川本世津子とみね子が知り合い実が家にいることを打ち明けました。みね子が会った実は、記憶喪失になっていました。

 

 

 

みね子がそのことを美代子に手紙で知らせ、美代子は東京にやってきます。そして、実を川本世津子の家から連れて帰ります。しかし、実が帰りたと思うようになるまでみね子のあかね荘で一緒に暮らすことになります。

 

 

 

みね子は、実がこれまでどんな生活をしていたのか。家族想いだった実がどんな暮らしていたのか話します。そうやって少しずつ実の気持ちを解きほぐしていくと、実は田植えのために奥茨城村に行ってみたいと話します。

 

 

 

みね子と実は、谷田部家の田植えのために奥茨城村に帰ります。そのことをちよ子や進は何よりも喜びます。そして、実は記憶が戻らないまま奥茨城村で生活をしていくことになったのです。

 

 

 

についての今後の情報はわかり次第・こちらのネタバレで追加していきますので、是非ブックマーク登録やお気に入り登録をお願いしますね。

 

 

 

 

 

関連記事

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 


このページの先頭へ