MENU

ひよっこ第7週ネタバレ・あらすじ「椰子の実たちの夢」

ひよっこ7週ネタバレ・あらすじ

 

このページは、NHKで現在放送している朝ドラひよっこ」の第7週「椰子の実たちの夢」のネタバレ・あらすじについてお伝えしています。

 

 

ひよっこ第6週のネタバレ・あらすじで、みね子(有村架純)の父が生きていて先月に見たというひとがいることを警察官の綿引(竜星涼)から聞きます。そして、みね子は初めて「すずふり亭」で食事をしそのおいしさに驚きます。

 

 

その続きとなる「ひよっこ」7週ネタバレあらすじは、下記にのせています。その前に、1話ずつの感想を興味があればみてみてくださいね。

 

ひよっこ第37話の感想「澄子のばあちゃん」

 

ひよっこ第38話の感想「涙のバナナ」

 

ひよっこ第39話の感想「友情オーディション」

 

ひよっこ第40話の感想「時子の空元気」

 

ひよっこ第41話の感想「三男の告白」

 

ひよっこ第42話の感想「奥茨城の女子会」

 

 

ひよっこ第7週全体のネタバレあらすじを開始します。ひよっこ7週ネタバレの始まりです。タイトルは「椰子の実たちの夢」になります。下記から「ひよっこ」の7週のネタバレをお楽しみくださいね。

 

 

 

 

ひよっこ7週 ネタバレ・あらすじ

 

みね子たちは、乙女寮の部屋で自分の故郷の話をしています。その中でも澄子(松本穂香)は祖母のことを想いホームシックにかかっているといいます。

 

 

 

翌日、そのことが影響したのか澄子は仕事中にミスを何度も繰り返してしまいます。その晩に澄子は、突然いなくなります。

 

 

 

同じ部屋の5人は、そんな澄子を心配して上野駅に向かいました。澄子が、祖母のいる福島に帰ったのではないかと思ったためです。しかし、上野駅に澄子はいませんでした。

 

 

 

しばらく待ってみたのですが澄子がやってくることはなかったのです。5人は、その帰りに道でナンパされます。しかし、かなり不審に感じたためにみんなでダッシュして逃げます。

 

 

 

そして、5人が乙女寮に戻ったら澄子が病院にいるとの連絡が入っていました。5人はかなり心配して病院に向かいましたが、そこにいると澄子はリンゴを食べながらケロリとしていました。

 

 

 

先に来ていた愛子(和久井映見)が澄子は銭湯で寝てしまって運ばれたことを5人に説明します。澄子は、仕事でミスを連発したことを翌日に引きづりたくないので銭湯に向かったのだと理由をはなしたのです。

 

 

 

5人は、上野駅まで行き本当に心配したんだよというと、澄子はそこまで心配していてくれたことに思わず泣きだしてしまいます。リンゴを食べながら泣いている澄子を囲みみんなで笑って泣いてしたのでした。

 

 

 

 

夢と散った時子のオーディション

 

数日後、日曜日にオーディションを受ける時子(佐久間由衣)のためにみんなで面接や芝居の練習を一緒にします。時子は、練習には強いが本番に弱いタイプです。

 

 

 

いざとなった時にも実力が発揮できるようにと、みね子が一緒についていってあげると時子の同行をします。オーディション当日、みね子がなんとか励ましますが時子はガチガチに緊張してしまっている。

 

 

 

オーディションの結果はすぐに帰るように言われた落選です。寮に戻ると、愛子に結果を聞かれ苦笑いしながら落ちましたと伝える時子。すると、それまでたまっていた涙が一気に吹きだしてしまいます。

 

 

 

時子は、緊張のあまり奥茨城村のなまりがおもいっきり出てしまい全くダメだったというのです。それを愛子が優しく母親のように慰めたのでした。

 

 

 

数日経っても時子は、なんとか普通にふるまおうとしていましたがみね子には復活しているようには見えませんでした。そのため、三男(泉澤祐希)に手紙を送り次の日曜日に一緒に3人で会うことを約束しました。

 

 

 

 

3人寄れば奥茨城村時間

 

みね子は、3人で一緒に話をすると高校の時のように元気になるかなって思ったから三男を誘ったのでした。日比谷公園で待ち合わせをした三人。そこにやってきた三男の格好に思わず時子とみね子は吹き出してしまいます。

 

 

 

なんか、すごく頑張っているなあって感じるぐらい気取っていたのです。三人一緒になれば、もう茨城のことをすぐに思い出して高校時代にタイムスリップします。そこで、時子は初めて本音をはなします。

 

 

 

時子と同じように女優になりたい女性は星の数ほどいる。しかし、その中で選ばれるのはほんの一握り。そんことを考えるとすごく怖くなってしまって・・・そう正直に話したのでした。

 

 

 

すると三男が突然時子に、女優なんてならなくていいから俺の嫁さんになれと言ったのです。時子は、絶対にヤダと断りますが、それが三男なりの励ましなのは、みね子も時子も気づいていました。

 

 

 

一方、みね子たちの故郷の奥茨城村では谷田部家に美代子(木村佳乃)、君子(羽田美智子)、キヨ(柴田理恵)のメンツが集合しています。東京に行っている子どもたちのことについて話していたのです。

 

 

 

食ったり飲んだりしながら、3人は毎日のように集まって子供たちのことを話ます。美代子は、その中でのんびりしていた子だったけど今や谷田部家の大黒柱として働いてくれているみね子の感謝しきりです。

 

 

 

そんな子供たちの頑張りに君子やキヨも時折涙を流しています。季節は夏がやってきます。みね子が東京にきてから3月の歳月が流れていました。仕事にも慣れてきてミスをすることもなくなりました。

 

 

 

同僚や先輩たちとも仲良く楽しい毎日を送っています。しかし、みね子は実のことを探す時間やおもう時間がなくなっていることに気付き不安になっていきます。ひよっこ7週のネタバレ・あらすじはここまで。ひよっこ8週のネタバレ・あらすじにつづく。

 

 

 

 

あなたにおススメのページ

ひよっこ第8週ネタバレ・あらすじ「クリームソーダと恋?」

 

ひよっこの動画(見逃し配信)はコチラ

 

ひよっこ第6週ネタバレ・あらすじはコチラ!

 

ひよっこ ネタバレ,あらすじを最終回まで暴露はコチラ!

 

ひよっこのキャスト(相関図)一覧はコチラ!

 

 

 

 

 

 


ひよっこ第7週ネタバレ・あらすじ「椰子の実たちの夢」記事一覧

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の37話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第37話のタイトルは「澄子のばあちゃん」です。ひよっこの36話のあらすじと感想で、みね子(有村架純)は、すずふり亭に初めていってビーフコロッケを食べて感動をしました。その続きとなるひよっこ第37話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていき...

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の38話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第38話のタイトルは「涙のバナナ」です。ひよっこの37話のあらすじと感想で、澄子(松本穂香)がおばあちゃんのことを思ってホームシックにかかり、枕を涙で濡らします。その続きとなるひよっこ第38話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたい...

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の39話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第39話のタイトルは「友情オーディション」です。ひよっこの38話のあらすじと感想で、澄子(松本穂香)が突然いなくなり、乙女寮の同じ部屋のみんなで探しました。澄子は、銭湯で転んで病院に行っていてみんな安心したのでした。その続きとなるひよっこ第39話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみ...

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の40話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第40話のタイトルは「時子の空元気」です。ひよっこの39話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)のオーディションにみね子(有村架純)がついていき励ましました。そして、いよいよ時子のオーディションが始まります。その続きとなるひよっこ第40話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきな...

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の41話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第41話のタイトルは「三男の告白」です。ひよっこの40話のあらすじと感想で、時子(佐久間由衣)が落ち込んでるのを見てみね子(有村架純)は励ますために三男(泉澤祐希)に手紙を書きました。その続きとなるひよっこ第41話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半...

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の42話のあらすじと感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第42話のタイトルは「奥茨城の女子会」です。ひよっこの41話のあらすじと感想で、三男(泉澤祐希)が落ち込んでいる時子(佐久間由衣)を告白するという荒業を使って励ましました。その続きとなるひよっこ第42話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書い...

このページの先頭へ