山本浩司(山本平蔵 やまもとへいぞう役)

朝ドラ「あさが来た」で、ふゆ清原果耶)の婚約者役で山本平蔵やまもと へいぞう)を演じはるのが山本浩司(やまもとひろし)さんやねんな。

 

このページでは、山本浩司さんについての紹介と「あさが来た」での山本平蔵(へいぞう)の見どころについて書いてくねん。

 

山本平蔵は、ふゆの婚約者としてふゆの父親の彦三郎上杉祥三)と一緒に加野屋にやってくるねんな。では、そんな山本平蔵を演じる山本浩司さんはどんな俳優さんなのでしょうか?

 

そこから最初に見ていきたいと思うねんな。山本浩司さんは、 1974年8月11日生まれの現在41歳やねんね。読み仮名は、こうじではなくひろしやねんな。

 

よく間違えられると本人が話してはるように、読み仮名がなければ多くの人がこうじと読むでしょうね。基本的には、主役ではなく脇役として出演することが多いねんけどその出演数がとても多くて有名な俳優さんのうちの一人やんな。

 

俳優以外にも映画監督などもしてはって、若くしてマルチに才能を発揮してんねんな。NHKでは、大森南朋さん主演の「ハゲタカ」や竹中直人さん主演の「探偵Xからの挑戦状!」などに出演してんねんな。

 

朝ドラでは「ゲゲゲの女房」(2010年)以来の出演となんねんな。「ゲゲゲの女房」では、税務署の職員という役やってんね。

 

映画やドラマへの出演は数知れずあるねんけど、まだ、41歳にもかかわらず邦画界ですでに脇役としてなくてはならない存在となってんねんね。ある種、すでに地位を築いてはるっていってもかまわへんぐらいやねんな。

 




 

あさが来たでの見どころ

そんな、山本浩司さんやねんけど今回の朝ドラ「あさが来た」でもザ・脇役って役での出演になってんねんな。ふゆという主軸のストーリーからは少し離れたところの婚約者という役やねんね。

実際のところは、ふゆのことを気にいってて加野屋の陰からずっとふゆを見ててたんがこの山本浩司さんが演じる山本平蔵やねん。

そして、ふゆの父の彦三郎と一緒に加野屋に挨拶にくるねんね。せやけど、その後にふゆ新次郎玉木宏)が一緒にいることを偶然、美和野々すみ花)の店でみるねんな。

そのことが原因で、父・彦三郎は加野屋に乗り込み大変な騒ぎになんねん。その結果、ふゆ亀助と結婚してしまうねんからホント脇役って感じの役になんねんな。婚約者やねんけど、結婚はできひんみたいな。

今回の「あさが来た」での山本平蔵の見どころとしては、加野屋にやってきてどんな挨拶をするのか?ふゆとの会話はどんなこと話すのかなんかは気になるところやんな。せやから、そこが見どころになんねんな。

あさが来たの後半がスタートする第14週に登場しますので、1月4日~スタートする後半の最初の週をお見逃しなくお楽しみに♪

 




 

関連記事

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)