栄達(辰巳琢郎)

朝ドラあさが来た」の姉・はつ宮崎あおい)の義理父・眉山栄達(まゆやまえいたつ)役のキャスト辰巳琢郎さんをご紹介してんねんな。

 

辰巳琢郎さん演じる栄達は、妻の萬田久子)に頭があがらへん。その理由は、栄達は入り婿だからねんな。栄達は、大阪で一番大きな両替屋の山王寺屋の当主ねん。

 

そんな栄達を演じる辰巳琢郎さんはどのような俳優さんなのでしょうか?実は、辰巳琢郎さんは今回の朝ドラあさが来た」で朝ドラ出演の6作目になんねん。せやから、朝ドラの常連といってもいいかもしれません。

 

朝ドラ同様に、NHKと言えば大河ドラマ、こちらにも辰巳琢郎さんは多数出演してんねんな。なので、クイズ王という印象も強いですが、実は俳優としても大きく活躍してんねん。

 

朝ドラや大河ドラマは日本の国民的な番組ねんな。せやから、朝ドラや大河ドラマにこれだけ多数出演してはるということは、それだけ俳優としての実力がある証拠でもあんねんな。

 




 

あさが来たでの栄達とは?

今作の「あさが来た」では、元々山王寺屋で丁稚からたたき上げで番頭になり、そして、婿養子として山王寺屋の当主になんねんな。

 

山王寺屋が倒産するときには、当主ではあってんけど、隠居のような状況やってんね。息子の惣兵衛柄本佑)に任せてる状況やってんね。婿養子ということや山王寺屋を自分の代でつぶしてしまった手前、妻のには頭が上がらないところがあんねんな。

 

せやけど、なんとか家族をまとめようとすんねんな。性格も優しく、息子の惣兵衛には、時に厳しくあるねんけど、根は優しさであふれてんねんな。

 

特に、はつが妊娠した後に惣兵衛が失踪したときに惣兵衛がいなくても、私が責任を持ってこの子は育てると言ったことに、大きな愛を感じてんね。

 

婿養子という微妙な立場の父ですが、辰巳琢郎さんは、息子の惣兵衛との関係、義娘のはつとの関係などうまく演じてくれてんねんな。

 

辰巳琢郎さん自身は、山王寺屋のようなサブストーリ-を演じるのは楽しいと話してんねんな。それは、本筋にはない話やから、台本が出来上がるまでどうなるかわからないところが新鮮やと言ってんねんな。

 

時代劇を演じるのが得意な辰巳琢郎さんだけに、今後裏のストーリーがどのように展開されるのか。期待大ですね。

 




 

関連記事

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)