あさ(波留)

NHKの朝ドラあさが来た」の主役でヒロインのあさ役のキャスト波留(はる)さんについてご紹介するねんな。

 

波瑠さんは、2590人でヒロインを決めるオーディションの中から選ばれて、ヒロインの白岡あさ役をゲットしてんねん。

 

波留さん最近では、夏目雅子に匹敵する女優になれるとかっていろんなとこで大絶賛されてんけど、実はこれまで3度、朝ドラのオーディションで落選してんねんな。

 

これまで落選してはる朝ドラは、「てっぱん」、「純と愛」、「あまちゃん」と朝ドラのオーディションになってんねんな。

 

せやから、今回で最後と決めはって挑んだ4度目の朝ドラオーディションが「あさが来た」やってんねん。そこで、見事ヒロイン役をゲットしはってんな。

 

これまでの朝ドラオーディションでも「純と愛」では、最終オーディションまで残ってはって、波留さん自身とても悔しかってんね。

 

せやから、逆にどうしても朝ドラのヒロインになりたかってんよ。せやけど、この落選がなかったら今のあさは誕生してへんと思ったら、感謝ですよね。あさが来たあさ波留さん以外考えられへんもん。

 




今回の「あさが来た」のオーディションでは相撲をとる審査があったようで、波瑠さん自身も相撲に勝てば、オーディションに合格するよな気持ちで相撲をとったと話してんねんな。

 

実際に役の中でも、うめ(友近)と相撲をとる場面や炭坑の支配人宮部(梶原善)と相撲をとるシーンは迫力満点だってんやんね。せやから、それが決め手となって、今回のヒロインをゲットしはってんなきっと。

 

波留さん自身は、撮影の合間にUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)で遊びはったり友達とわいわいやったりと、今時の普通の女の子で、飾らないところが魅力的やねんな。

 

今回の「あさが来た」では、幼い頃から許嫁がいて、それに反発しながらも、新次郎玉木宏)の懐の大きさで、どんどんいい夫婦になってくねんな。日本中のどこの家の夫婦もうらやむような、仲の良い夫婦に仕上がってまんねんな。

 




演技は、今後70歳近くまでしいひんとあかんから、かなり大変やとは思うねんんけど、波留さんなら、きっとそつなくこなすねんな。

 

波留さん自身は、元々モデルをしていることもあんねんから、表情や写り方といったところは抜群に光るものがあんねんな。

 

実在した人物である広岡浅子さんを元気よく、表情豊かに演技してくれてはりますよね。今後は、加島銀行、大同生命、女子大設立など、明治初期にはまだ、誰もやってへんような事業をはじめんねんな。

 

うまくいかないことも多々あんねんけど、正義感とまっすぐで純粋に人の幸せを考えて事業を行ってくねんな。そんなまっすぐな、あさが日本中を元気にしてくれはってんねんな。

 

波瑠さん自身、純粋で可愛いらしいので、きっと今後もすばらしい演技をしてくれはるのではないでしょうか。今後も目が離せへん内容で、楽しみねんよ~♪

 




 

関連記事

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)