工藤阿須加(東柳啓介・ひがしやなぎけいすけ役)

このページでは、NHKの朝ドラ「あさが来た」のキャストで主役のあさ(波留)の娘・千代小芝風花)の結婚相手となる東柳啓介ひがしやなぎけいすけ)役を演じる工藤阿須加くどうあすか)さんについてお伝えすんねんな。

 

また、それと併せて東柳啓介ひがしやなぎけいすけ)の朝ドラ「あさが来た」での活躍、見どころについてもお伝えしていくんやんね。東柳啓介千代の出会いやその他のことについてもお伝えしていくやんね。

 

工藤阿須加さんは元プロ野球の工藤公康さんの息子!?

 




まずは、東柳啓介さんを演じる工藤阿須加さんがどんな俳優さんなのかからお伝えしていくんやんね。工藤阿須加さんは、1991年生まれの現在24歳になるんやんね。出身は西武ライオンズの本拠地である埼玉やんな。

 

工藤阿須加さんのことを話すうえで重要になってくるのは、父の存在やんな。父は、現在ソフトバンクホークスの監督をしてはる工藤公康さんですね。投手として200勝も達成してはる名選手やんね。

 

現役生活もすごく長く、活躍も西武、ダイエー(ソフトバンク)、巨人、横浜とチームを渡り歩いてんやんね。工藤阿須加さんは、そんな野球を少しでも知ってたら誰でも知ってる選手だった工藤公康さんの息子やねんな。

 

これまで、工藤阿須加さんは、「半沢直樹」や「下町ロケット」などと同じ池井戸潤さんの原作・ルーズヴェルト・ゲームに投手役で出演してんねんな。NHKでは、大河ドラマ「八重の桜」に出演してるんやんな。

 

今回は、視聴率も高く人気のある朝ドラの「あさが来た」の後半で重要な役になるんやんね。ルックス抜群。身長は高くイケメンですね。今後、かなり期待できる俳優になりそうな予感がしますね。

 




 

あさが来たで東柳啓介の見どころ!

そんな、工藤阿須加さんが演じる東柳啓介ひがしやなぎけいすけ)は、あさの娘・千代の結婚相手となんねんな。せやから、白岡啓介になんねんな。白岡家の養子になんねん。

 

せやから、加野屋が運営する生命保険会社の社長となるんやんな。千代は、商いに興味があれへんから、あさ達の仕事を一手に引き継ぐことになんねんな。

 

千代との出会いは、あさが萬谷(ラサール石井)に刺されたことがきっかけやんな。そのお見舞いに友達と来てたところ、千代啓介のことを気にいるんやんね。それが最初の出会いになるんやんな。

 

その後、啓介は帝国大学を卒業するエリートやんね。しばらく、加野屋で修行をして、千代と結婚して加野屋の中でも生命保険の事業の後を継ぐという流れになってんねな。

 

あさが乳がんになったときは、帝国大学で最も優れた医師を紹介するなど、後半で重要なポジションの役になんねな。

 

見どころとしては、たくさんあんねけど、あさに反発してる千代との初めての出会いかなって思うんやんね。他にもたくさんあんねけど、やっぱり千代との出会いが一番気になるんやんね。

 

ずっと、あさに対してもツンツンしてはる千代とどんな接し方をするのか?その場面に注目やんね。工藤阿須加さんの演技に期待したいですね。

 




 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)