梨江(寺島しのぶ)

NHK朝ドラあさが来た」のヒロインあさ波留)の母で今井梨江(いまいりえ)役のキャスト寺島しのぶさんをご紹介してるページやねんな。

 

寺島しのぶさんが演じる今井梨江は、娘のあさはつ宮崎あおい)を誰よりも心配している役やねんな。子供を愛するとともに、夫である忠興升毅)を常に陰から支える良妻賢母でもあんねん。

 

寺島しのぶさんと言えば、あさが来たあさの姉であるはつを演じる宮崎あおいさんが主演を務めた、朝ドラの「純情キラリ」に出演していてんね。

 

今回は、宮崎あおいさんとの朝ドラでの再会ということになってんね。しかも、今回は、宮崎あおいさんや波留さんの母親役やんね。

 

そんな寺島しのぶさん演じる、りえは本当に娘のことをいつも心配してんねんな。常に、はつやあさのことを心配してはるねん。特に嫁に行って以降は、時代の変化もあるから余計にそうなるねんね。

 

梨江は、夫を支え子どもたちにも優しい良妻賢母やから、あさはつがお嫁に行った後できる限りなんとか娘の力になりたいと思ってんね。

 

特に、山王寺屋が凋落していくのにあわせ、はつの居場所や状況がわからなくなるので、心配でたまらない様子やってんな。それは、あさにいろんなことをお願いしてはったことでもわかんねん。

 




また、はつと惣兵衛(柄本佑)が忠興にお金を借りに来た時も、一人だけ貸してあげて欲しいと必至に忠興にお願いすんねんな。

 

なんでも、思ったまま自由に行動するあさは強く生きれるという思いがあるのかもしれへんけど、はつについてはいろんなことを我慢するタイプなので余計に心配なのかもしれへんね。

 

また、あさが事業などで活躍することで、今後女性の生き方はあさのようでなければいけなかったのかもしれへんと思うようになってんな。せやから、自らの生き方を考えさせられることになっていくねん。

 

それでも子どもたちにとってはいつまでも優しいお母さんやんね。それは、どんなにあさが一人の商売人として成長してもかわれへんねんな。

 

そんな、子供想いの優しい母を寺島しのぶさんなら上手く演じてくれてんねんね。龍馬伝での坂本乙女も奥ゆかしい日本女性を演じはりましたが、今回のりえもかなりはまり役なんや思うねんな。子供を心配してはる母の顔は演技とは思えへんねんな。

あさが来たでの今後の梨江(りえ)はどうなる?

その中でも、やんちゃなあさとのやりとりは、必見ねんよ。今後は、はつが和歌山に行ってるからそこへ行ったり、あさの加野屋にも千代(鈴木梨央)を見にちょこちょこ顔をだすと思うねんな。

 

特に、はつに和歌山の土地代を返すと言われて梨江は、はつをしかりはるねんな。はつの上手に甘えれない部分は、親の立場からすると悲しくなるのかもしれへんね。

 

私も子を持つ親ですが、やはり子供はいつまでたっても子供。困ったときは甘えてほしいって気持ちがあんねんね。

 

せやから、そんな子供の甘えを上手に表現できひんはつに対してはもっと甘えてほしいって気持ちがあるんかもしれへんね。寺島しのぶさん演じる梨江りえ)の古き良き日本人妻がこれからも楽しみやんな♪

 




 

関連記事

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)