いだてん第14話「新世界」感想

このページは、大河ドラマ「いだてん」の14話感想を書いています。いだてん14話のタイトルは「新世界」になります。いだてんの感想を見たいあなたはこのままよみすすめてくださいね。

 

いだてん13話のあらすじで、金栗四三(中村勘九郎)がオリンピックで負けた気持ちから少しずつ新世界してきました。そして、金栗は日本に帰ってきます。

 

「いだてん」14話はその続きからのストーリーになりました。いだてん第14話のあらすじをまとめると、金栗四三が日本にもどってきて、敗戦を振り返り再びトレーニングを再開しました。

 

そして、実家に呼ばれた四三は、兄の実次(中村獅童)に強引にお見合いをもちかけられます。その相手がなんと、結婚しているはずのスヤ(綾瀬はるか)でした。




いだてん14話「新世界」感想

いだてん14話を見てまず思ったのは、笑いをたくさんぶち込んできたなあってことです。二階堂トクヨ(寺島しのぶ)が、まかないと言われたり・・・おばちゃんと言われたりで。

 

確かに、四三が負けて帰ってきたところをみんなが笑って終わらすってこともいかないと思いますが・・・それにしても、あんなに敵対せんでもねえ。四三の誰?ってところがおもしろくて笑ってしまいました。

 

あと、学校に今もある肋木が永井(杉本哲太)が持ち込んだものなんだなって。使い方すらしなかったし、なんのためにあるんだろって思っていました。あんなことをするために、あるんですね。

 

なんか、もっとええ練習があるような気がするんですけどね。ただ、可児(古舘寛治)がドッジボールを日本の持ち帰ったというのは、すごいですよね。

 

四三に、折れた足にボールをぶつけられたのも面白かったです。今回は、本当に笑いが満載の回が14話でしたね。毎回こんな笑いを入れてくれているんですけどね。

 

あと、もう一つの笑いポイントは、美濃部孝蔵(森山未来)が浜松にドサ周りするのを見送るために、師匠の円喬(松尾スズキ)が走らなくてはならなかったところ。あそこも面白かったです。

 

いだてん14話のMVP

いだてん14話のあらすじは、本当にMVPを選出するのが難しい。トクヨが四三のところにやってきて面白かったので、MVPに選出しようかなって思っていました。

 

他に今回は、いないと。でも落語の方のシーンで、円喬(松尾スズキ)が面白かったところやちょっと別れが感動的なところが素敵でした。

 

師匠があんなにやって電車にやってきて、次の師匠に言ってくれるっていうのは嬉しかったでしょうね。孝蔵としたら。認めてくれてるってのは本当なんだろうなって。

 

ほんで、「フラ」ってなんなの?ってのは、最後までわからないままでした。ネットで調べたところによると、独特の雰囲気・天性の魅力って意味のようです。

 

なので、やはり孝蔵は師匠に認められていたってことです。高級タバコの「敷島」をくれたってのも、感動的なところがありました。

 

なので、いだてん14話のMVPは橘家円喬を演じる松尾スズキさんになります。面白さは、もちろんですが弟子を思う姿は、すごくかっこよかったです。あんな、大人になりたいなって本当に思いました。

 

可児やトクヨもよかったのですが、今回はそれ以上の橘家円喬を演じる松尾スズキさんが良かったです。今後の美濃部孝蔵の成長にも期待したいですね。

 

そして、最後のお見合いの話。スヤはなんで四三の見合い相手になのでしょうか。確か結婚していたと思うんですけどね。いだてん14話の感想はここまで。いだてん15話の感想につづく。

 



 

あなたにおススメのページ


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)