杉咲花(シマ役)

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で、シマを演じるキャスト杉咲花(すぎさきはな)さんについて詳しく紹介していきます。

 

また、杉咲花さんが演じるシマがどんな役になるのか。「いだてん」の中でシマの見どころについても後半に解説していきます。

 

少しだけ先に解説しておくと、シマは三島弥彦(生田斗真)の家の女中になります。なので、弥彦の影響を受け大きく人生がかわっていきます。詳細な見どころは後半をご覧ください。

 

その前に、まずは杉咲花さんがどんな女優なのか。これまで、どういったドラマや映画、舞台などに出演しているのかなどからみていきます。最近、人気急上昇中の杉咲花さんのこれまでをご覧ください。

 





 

杉咲花はどんな女優なの?

小柄な体からは想像できないほどの迫力ある演技をみせてくれる杉咲花さん。瞳の大きいな可愛いらしい方ですね!CMで回鍋肉を食べている姿がやはり印象的です。幼いイメージの強い杉咲花さんは21歳の女優さんです。

 

杉咲花さんは意外な二世タレントとしても名前が上がることがあります。お父さんはその世代の人には懐かしい、レベッカやレッド・ウォーリアーズのギタリストとして活躍していた小暮武彦さん。

 

お母さんは歌手のチエ・カジウラさんとなっています。杉咲さん自身も子役さんとして活動されていたようです。中学生になった杉咲さんは、憧れていた志田未来さんの所属する事務所のオーディションで合格を果します。

 

お二人は 2016年NHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で共演されていました。憧れの女優さんと共演を果すことができてすごいですね!

 

あまりに“回鍋肉を食べる少女”のインパクトが強かった杉咲さんですが、その鬼気迫る演技で女優としての知名度を上げることになった作品が2013年ドラマ『夜行観覧車』です。

 

この作品は湊かなえさんの人気小説を実写化したもので、杉咲さんは家庭内暴力で荒れる中学生を演じました。杉咲さんの演技力には驚いた人も多かったと思います!

 

ごく普通の家庭が背中合わせに持っている危険性が話題を呼んだこの作品以降、杉咲さんはCMのイメージを払拭し、本格的な演技のできる女優さんとして知られることになりました。

 

当時、大ヒットしたドラマ『花より男子』のシリーズとして、2018年に『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』が放送されました。杉咲さんは連続ドラマ初主演となるこの作品で長い髪をバッサリと切り、役作りに挑まれました。

 

今人気の平野紫耀 さんとのシーンが女子中高生にとても話題となっていましたね!杉咲さんの新たな一面を見ることができた作品です。

 

今話題になっている『パーフェクトワールド 君といる奇跡』では、岩田剛典さんとのラブストーリーで映画初主演を飾りました。切ない気持ちを演じる杉咲さんがとても可愛い作品です。

 

2019年NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』への出演が決定している杉咲花さん。話題になることが予想されるこの作品で、どんな演技をみせてくれるのでしょうか?!

 



 

いだてんのシマの見どころ?

いだてんの中で、杉咲花さんが演じるシマは三島弥彦の家の女中になります。また、スポーツに情熱を燃やす金栗四三(中村勘九郎)と三島弥彦の姿をみてシマは刺激を受けます。

 

それがやがて日本の女性スポーツの先駆けとなります。女性がオリンピックに参加するための壁が当時の日本には大きくたちはだかっていました。それを乗り越えていく人物になります。

 

なので、見どころとしては三島弥彦や金栗四三のどんな姿を見て刺激を受けるのかが気になりますね。また、当時は働く女性もあまりいない中で、どのように女性スポーツの先駆けになったのか。

 

金栗四三のもとでどんなことを行っていくのかが気になるところです。また、オリンピック選手になる三島弥彦の理解者となる存在でもあります。なので、三島弥彦とシマの関係性にも注目したいと思います。

 

NHKの大河ドラマは初登場の杉咲花さんがキャストということでその演技力も気になります。杉咲花さんはいま、最も人気・勢いのある女優さんの一人になりますのでその役に注目したいと思います。

 




 

あなたにおすすめのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)