勝地涼(美川秀信/みかわひでのぶ)

このページは、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」で美川秀信(みかわひでのぶ)を演じるキャスト勝地涼(かつぢりょう)さんを紹介しています。

 

また、「いだてん」の中で勝地涼さんが演じる美川秀信がどんな役になるのか。どんな見どころがあるのかなども後半に詳細にお伝えしていきます。

 

役どころを少しだけさきにご説明すると、主人公・金栗四三(中村勘九郎)の幼馴染で親友になります。大学も同じく東京高師に行きますので登場回数も多い人物になります。もっと詳しい内容は後半をご覧ください。

 

その前に、まずは勝地涼さんがどんな俳優さんなのか。これまで、どんな映画やドラマに出演してきているのかなどからみていきます。

 




 

勝地涼はどんな俳優なの?

先日、元AKB48のエース前田敦子さんとの結婚を発表した勝地涼さん。さらにパパになることもわかりましたね!勝地さんはコミカルなCMでもおなじみで、平成の名バイプレーヤーとしても期待されている若手俳優さんです。

 

勝地涼さんのデビューのきっかけはスカウトでした。2000年ドラマ『永遠の仔』で、渡部篤郎さん演じる役の少年時代を好演されました。勝地さんが12歳の時です。その後、たくさんのドラマでご活躍なのはご存知の通りです。

 

現代っ子の役からシリアスな役までこなされています。2005年映画『亡国のイージス』では若き海上自衛隊員を演じ、第29回日本アカデミー賞・新人賞を受賞されていますので、実力のある俳優さんであることがわかります。

 

また、勝地さんといえば社会的ブームになった2013年朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で演じた「前髪クネ男」が印象的ですね。かなりのインパクトでした!登場回数は多い方ではありませんが、視聴者に強い印象を与えたキャラクターになりました。

 

あまちゃんが宮藤官九郎さん脚本であることから、勝地さんはその後、宮藤さんプロデュース『涼 the guraduater』名義で歌手デビューを果しています。とても多才な方のようですね!

 

2015年ドラマ『ど根性ガエル』は、まさかの実写化に視聴者を驚かせましたね(笑)この作品で勝地さんは五郎役を演じました。京子ちゃんを演じた前田敦子さんとは、この作品で共演されています。

 

勝地涼さんはコミカルな役が多い印象がありますが、NHK大河ドラマへ出演の実績もあります。2008年『篤姫』ではジョン万次郎役、2013年『八重の桜』では山川健次郎役を好演しています。

 

活躍の場がとても広い俳優さんであることがわかりますね。さらに今回の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に主人公の幼馴染役での出演になります。

 

脚本が宮藤官九郎さんの大河ドラマですので、なくてはならない存在として起用されています。今回の作品でも楽しみですね。

 



 

いだてんの美川秀信の見どころ

大河ドラマ「いだてん」の中で勝地涼さんが演じる美川秀信は、金栗四三と幼馴染で親友です。金栗四三が海兵隊の試験に不合格になり進路に困っているときに、美川秀信が行く大学の校長が嘉納治五郎(役所広司)でした。

 

そして、2人して東京高師を受け合格します。なので、大学も一緒に行く仲になります。なので、前半のいだてんでは重要なポジションの役になります。

 

美川秀信自身は、教師になることを目標に大学に進学しますが、途中で挫折してしまいます。その結果として、落ちこぼれていくことになります。

 

性格は、お調子者で遊女にはまってしまうところがあります。見どころとしては、金栗四三と一緒にいってからどのような生活をおくっていくのかというところになります。

 

金栗四三が困ったときは、相談に乗ってあげる存在として重要な人物です。また、普段はお調子者ですがそういったときは、しっかりとしたアドバイスができる人物でもあります。

 

なので、熊本から金栗四三と一緒の美川秀信に注目していたら楽しいシーンもたくさんあると思います。キャスト勝地涼さんの演技にも注目したいですね。

 




 

あなたにおすすめのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)