小澤征悦(三島弥太郎/みしまやたろう)

このページは、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、三島弥太郎(みしまやたろう)を演じるキャスト小澤征悦(おざわゆきよし)さんのご紹介をします。

 

また、「いだてん」の中で小澤征悦さんが演じる三島弥太郎がどんな役になるのか。見どころがどこにあるのかなどについても後半に解説をしていきます。

 

少しだけ、三島弥太郎の役どころを先にご説明すると金栗四三(中村勘九郎)の盟友・三島弥彦(生田斗真)の歳の離れた兄になります。続きは後半をご覧ください。

 

その前に、まずは小澤征悦さんがどんな俳優なのか。これまでにどんなドラマや映画などに出演しているのかをくわしくみていきます。





小澤征悦はどんな俳優なの?

高身長でクールな役柄が印象的な小澤征悦さん。小澤さんのお名前、「ゆきよし」とよむようですね。小澤征悦さんのお父さんはあの世界的指揮者の小澤征爾さん、お母さんも元モデルで女優さんのようですね!

 

さらに、お姉さんはエッセイスト、いとこにはミュージシャンの小沢健二さんもいらっしゃいます。そんな芸能一家に育った小澤征悦さんはどんな俳優さんなのでしょうか?

 

小澤征悦さんは1998年NHK大河ドラマ『徳川慶喜』、沖田総司役でデビューしています。その後数々の作品に出演をされています。大河ドラマ2005年『義経』、2008年『篤姫』にも出演されている実力派です。

 

映画初主演は1999年『豚の報い』という作品で、以降、映画での活躍もされていますね!2002年NHK朝の連続テレビ小説『さくら』では、主人公の恋人役を演じ、お茶の間での知名度をひろげています。

 

小澤さんが主演を果たしたのは2014年ドラマ『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』での佐久晋吾役です。現場の刑事たちを「駒」だと言い放つ冷淡な管理官を演じました。

 

このドラマは「相棒」「警視庁捜査一課9係」「遺留捜査」など人気刑事ドラマが誕生したテレビ朝日水曜21時の枠ということで注目されました。

 

小澤征悦さんは2016年米映画「ザ・フォレスト」でハリウッドデビューを果たいています。大役をオーディションで勝ち取ります。デビュー当時から国外での活躍が視野に入れていたのです。

 

続いて小澤さんはアメリカで人気ドラマである「クリミナル・マインド FBI行動分析課」のスピンオフにおいて、日本に来たチームを助けるリョウ・ミランテ刑事役に起用されています。

 

小澤さんはアメリカ生まれで、3歳まで過ごします。大学生の時にボストン大学へ留学もしていたので、英語の発音もネイティブでキレイ。これは俳優としてかなりの武器ですね!

 

一方、小澤さんは滝川クリステルさんとの恋愛関係が報じられた時期もありました。ご結婚には至らなかったようです。イケメンで家柄もよく、仕事も順調となればモテモテなのかも知れませんね。

 



 

いだてんで三島弥太郎の見どころ

いだてんの中で、小澤征悦さんが演じる三島弥太郎は弥彦の兄です。銀行家の家系でやがて、日本銀行総裁になる人物です。昔からの名家の生まれになります。

 

名家の生まれだけに、弟の弥彦がスポーツに夢中なことをあまりよく思っていません。また、弥彦に頼まれてオリンピックのお金を出してほしいとお願いされることもあります。

 

大隈重信(平泉成)に頼まれ嘉納治五郎(役所広司)と会い、借入のお願いされることもあります。なので、見どころとしてはオリンピック出場をどのように思っているのか。オリンピックにお金を出すのかというところも気になるところです。

 

弥彦が勉強ではなく、スポーツに打ち込むことでどんな関係性なのかも気になります。仲が悪いのか。それともいいのか。注目ですね。

 

小澤征悦さんは、クールなイメージがあるので名家の跡取りという役柄はとてもあったキャスティングですね。演技力も抜群ですので、キャスト小澤征悦さんの演技にも期待したです。楽しみですね。





あなたにおすすめのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)