橋本愛(小梅/こうめ)

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」で小梅(こうめ)を演じるキャスト橋本愛(はしもとあい)さんについてご紹介します。

 

また、「いだてん」の中で橋本愛さんが演じる小梅がどんな役どころで見どころがどこにあるのかなども後半に詳細に解説していきます。

 

先に小梅の役どころを少しだけご説明すると、浅草の遊女です。客引きをどんどんする中で、金栗四三(中村勘九郎)にも声をかけます。つづきの役どころは後半で。

 

その前に、まずは小梅を演じる橋本愛さんがどんな女優なのか?これまでどんなドラマや映画に出演しているのかをみていきます。





橋本愛はどんな女優なの?

大きな瞳に黒髪が印象的な橋本愛さん。10代特有のぽっちゃりした時期もありましたが、2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』では、主人公の最初の妻役を演じ、透き通るような肌がうかがえる白無垢姿を披露し、綺麗な女性になられていましたね。

 

橋本愛さんは、10代の女の子に大人気雑誌『Seventeen』の専属モデル出身です。2009年に約5000人の応募の中から選ばれています。元々美しい方ですよね。スレンダーで魅力的な少女でした。この時、広瀬アリスさんも選ばれています。

 

2010年には映画『Give and Go』で初主演を果し、聴覚に障害を持つバスケットボール好きな少女を好演し存在感を発揮します。2010年には、人気作家の湊かなえさんの小説が原作の映画、『告白』でさらなる飛躍を果します。

 

R-15に指定されたこの映画は若干内容がショッキングなものとなっていますが、主演の松たかこさんや橋本愛さんの演技についても話題となった作品です。その後、橋本愛さんは映画女優としての活躍が目立つようになります。

 

2012年映画『貞子3D』では、歴代木村多江さんや仲間由紀恵さんが演じられた貞子役を演じて話題になります。また、『HOME 愛しの座敷わらし』、『スープ〜生まれ変わりの物語〜』、『Another アナザー』『桐島、部活やめるってよ』、『BUNGO〜ささやかな欲望〜』『ツナグ』などの映画に立て続けに出演します。

 

その演技力が高く評価されて第4回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞などの映画賞を受賞されています。内面にどこか影のある役柄が多い印象があります。

 

橋本愛さんの知名度をさらにあげることになった作品は、社旗的ブームにもなった人気ドラマ2013年NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』への出演です。主演の能年玲奈さんの親友役を好演した橋本さんは、同年のNHK紅白歌合戦で企画されたコーナー内で歌も披露しています。

 

二人ともとても可愛らしかったですね!「あまちゃんロス」という言葉が流行るほど、放送終了を惜しむ声が多かった作品となりました。橋本愛さんはテレビドラマよりも映画女優として活躍されている印象です。

 

『西郷どん』は約4年ぶりになるテレビドラマとなり、出演シーンは多くはありませんでしたが橋本愛さんの存在感を再確認することになりました。また、今回の『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演するので、2年連続の大河ドラマ出演になります。

 

浅草の遊女である小梅役を演じる橋本愛さんは、「あまちゃん」以来の宮藤官九郎さん脚本作品への出演となります。「あまちゃん」に登場した女優・俳優がたくさんキャスティングされ大きな話題となる大河ドラマになりそうです。

 



 

いだてんの小梅の見どころ

橋本愛さんが「いだてん」の中で演じる小梅は浅草の遊女。金栗四三も呼び込むということは冒頭にお伝えしました。この小梅は、美濃部孝蔵(森山未来)のケツをたたく人物でもあります。

 

キレイだが、押しの強い姉御肌で客引きも上手です。下町を破天荒に生き抜く女性になります。見どころとしては、美濃部孝蔵とどんな関係なのかというところ。恋愛関係なのか。それともただの友達?その関係性が気になります。

 

また、客引きが上手なのでその強引さも見どころになると思います。金栗四三を客引きするところの金栗四三の対応とあわせてみると面白いと思います。

 

遊女というと、あまり日の当たらない役に思えそうですが今回の「いだてん」では、タイトルにある「~東京オリムピック噺~」というところから美濃部孝蔵がとても重要な役割を果たします。

 

そのため、若いころに一緒に生活をしている小梅の存在がすごく描かれています。こういう影をかなりピックアップしてくるところも宮藤官九郎さん作品ならではなのかなって思います。

 

なかなかNHKでこういったところを正面から描きにくいですが、宮藤官九郎さんの作品では描かれているところがすごいなって思います。「西郷どん」では、橋本愛さんの登場はあまり多くなかったですが「いだてん」では多くなりそうですね。楽しみです。





あなたにおすすめのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)