生田斗真(三島弥彦/みしまやひこ)

2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん」の中で三島弥彦(みしまやひこ)を演じるキャスト生田斗真(いくたとうま)さんについて紹介しています。

 

また、生田斗真さんが演じる三島弥彦がどんな役になっているのか。クドカンがどのように描いているのかなどの詳細については後半をご覧いただけたらと思います。

 

少しだけ先にご説明すると、主人公の金栗四三(中村勘九郎)の盟友でオリンピックに出場する選手になります。今回の「いだてん」でどのように描かれるのかは後半をご覧くださいね。

 

その前に、まずは生田斗真さんがどんな俳優なのか。知っている人も多いと思いますがどんな作品に出演してきたのかなどから具体的にみていきます。

 



 

生田斗真はどんな俳優なの?

ジャニーズ事務所に在籍しながら、グループに所属しての活動はなく俳優として活躍を続けている生田斗真さん。30代になってからは更に俳優としての地位を確立されています。

 

嵐や関ジャニ∞とはジャニーズJr.として同じ時期に活動していたこともあったようです。また、弟さんはフジテレビのアナウンサーの生田竜星さんであることも知られていますね。

 

生田斗真さんは11歳の時にジャニーズ事務所に所属されています。「お母さんが履歴書を送ったら合格しました」というよくあるパターンですが、きれいな顔立ちのお子さんだったに違いないので納得ですね。

 

同時期にNHK教育『天才てれびくん』のテレビ戦士としウエンツ瑛士さんらと活躍していました。1997年NHK朝の連続テレビ小説『あぐり』で、山田純大さんの幼少時代を演じています。生田さん12歳の時なので、ドラマデビューは子役ということになります。

 

ジャニーズJr.のファンの間では人気が高く、テレビドラマや舞台などで活動を続けていた生田さんですが、2007年ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜』で演じた中津秀一役で一気に知名度をあげたのではないでしょうか。

 

このドラマでは堀北真希さん演じる主人公に恋心を抱く役どころをコミカルに演じていました。なんといっても出演者が小栗旬さん、水嶋ヒロさんなどイケメンばかりがそろった学園ドラマということでとても話題になりました。

 

生田さん演じる中津ファンもたくさんいましたね!私生活でも仲良しという小栗旬さんとは2007年『花より男子2』でも共演しています。2015年ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』では小栗旬さんと再び共演されています。

 

生田さんは作品の原作となる漫画を読んだ時に、小栗さんと主演を果すことを希望していたそうです。実現させてしまうなんてすごいですよね!お二人は児童養護施設で育った幼馴染役をシリアスに演じていました。切ないラストシーンも印象的です。

 

生田斗真さんは2010年映画『人間失格』で太宰治の作品、2011年映画『源氏物語 千年の謎』では光源氏約を演じるなど、幅広い役をこなされています。和装姿もとても凛々しかったですね。

 

2012年映画『僕等がいた』、2017年映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』では原作が少女漫画の作品でも活躍されています。

 

2014年映画『土竜の唄』では、全裸姿での撮影に挑むなど、生田さんにとって新境地だったのではないでしょうか?インパクトのあった作品ですが、生田さんはもう少し控えめな男性役の方がはまる気がします。

 

今までと違う役どころでいえば2017年映画『彼らが本気で編むときは、』で演じたトランスジェンダーの主人公リンコ役です。今、時折話題になっている性的マイノリティを扱ったこの作品で、女性として生きる元男性役を演じた生田さんは、この作品でまた別の顔を見せているように思います。

 

生田さんは本当に幅広いキャラクターを自在に演じ分けているイメージですね。大河ドラマは2014年『軍師官兵衛』の高山右近役での出演以来です。「いだてん」でどんな演技をみせてくれるのでしょうか?楽しみですね。

 




 

いだてんの三島弥彦の見どころ

大河ドラマ「いだてん」の中で、生田斗真さんが演じる三島弥彦はオリンピック選手になります。金栗四三と一緒に日本初のオリンピック選手になります。

 

ただ、三島弥彦は運動だけできるわけではなく東京帝国大学を卒業する秀才でもあります。父は、警視総監。兄は日本銀行総裁と家系が名家の人物でもあります。

 

そんな家族の中で、三島弥彦はスポーツも万能で運動会の覇王というニックネームがつくほどの運動神経抜群な人物です。なので、注目点としてはオリンピックに出るほど運動に打ち込んだタイミングが気になります。

 

名家の家に生まれて、スポーツの方に進むのはとても珍しいと思います。なので、金栗四三と出会いオリンピックにどんな夢を抱いてオリンピアンになったのか。

 

まだ、今のようにオリンピックにみんなが注目しているわけでもなく、存在すら知らなかった時代に金栗四三とどんな夢を語り合ったのか。どんな関係だったのか。そのあたりに注目してみたいですね。

 

また、三島弥彦さんを生田斗真さんが演じるっていうのも注目度をさらにアップさせますよね。キャストによって印象が異なってしまうので、生田斗真さんの演技に期待したいです。

 



 

あなたにおすすめのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)