峯田和伸(清さん/せいさん)

このページは、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で清さん(せいさん)のキャスト峯田和伸(みねたかずのぶ)さんについて紹介しています。

 

また、峯田和伸さんが演じる「清さん」がどんな役になっているのか。「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の中での見どころがどこにあるのかなどについても後半に詳しく解説していきます。

 

ちょっとだけ先に説明すると、清さんは人力夫で脚力のある人物です。金栗四三(中村勘九郎)が出るオリンピック予選にも参加します。詳細は後半をご覧くださいね。

 

その前に、峯田和伸さんがどんな芸能人なのか。これまでどんな作品に出演しているのかなどから具体的にみていきたいと思います。

 



 

峯田和伸はどんな芸能人なの?

2018年ドラマ『高嶺の花』では、石原さとみさんの相手役となる冴えない自転車屋さんを演じられました。時々お名前を拝見する峯田和伸さんがどんな方なのか、改めて過去の作品などから調べてみました。

 

峯田和伸さんは俳優さんというより、ミュージシャンですね。1996年にパンクバンド「GOING STEADY」(ゴイステ)で活動を開始されています。2003年に人気絶頂のさ中に突然の解散でファンを驚かせます。

 

私も当時の解散は相当ショックでした。当時は、パンクバンドブームで「太陽族」、「ガガガSP」、「THE STAND UP」など人気のバンドが多数メジャーデビューしていました。その中でも最も人気なバンドが「GOING STEADY」だったからです。

 

「銀杏BOYZ」としてグループを復活させますが、今は「銀杏BOYZ」は峯田和伸さん一人になり活動しています。楽曲は・・・下ネタ満載の青春パンクですね。とっても個性豊かな感性を感じます。

 

2003年映画『アイデン&ティティ』の主演で俳優としての活動がはじまります。バンド時代にかなりの破天荒ぶりだった峯田さんの俳優業進出に、当時のファンは「まさか、あの峯田さんが!?」という愛情を馳せた反応がネット上を賑わせています。

 

峯田さんが俳優として一気にブレイクしたのは、2017年NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』ではないでしょうか?ヒロインの有村架純さんのおじさんを演じられていますね。

 

やっぱり見た目から「変なおじさん」ですが、ハートある演技にあたたかい気持ちになる視聴者も多くいました。ビートルズに情熱を燃やした姿は、さすがロッカーという印象を受けました。

 

そんな峯田さんがNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で演じるのは、若き日の志ん生こと美濃部孝蔵の兄貴分となる浅草の人力車夫、清さんという役。キーパーソンとなる役柄です!

 

個人的には、朝ドラに出演した時も思いましたがあの峯田が本当に大河ドラマでるの?なんかやらかしてしまわない?そんなことを思ってしまいます。ライブで素っ裸になって捕まった過去もありますから、NHKも思い切ったことしますよね。

 

最近は、本当に俳優業がすごく多忙で・・・「ひよっこ」も3月にありますし大忙しですね。今後も俳優としての一面も見れたら昔からのファンとしてはうれしいですね。そして、いつか主題歌を・・・ってのは欲張りすぎかな。

 




 

いだてんの清さんの見どころ

峯田和伸さんが「いだてん」の中で演じる清さんは、浅草の人力夫です。力自慢で脚力に自身があります。金栗四三とは、マラソン大会に潜り込んでつまみだされたところで初めて顔をあわせます。

 

オリンピック予選にも清さんは潜り込んでいて、そこから金栗四三とはよく知った間柄の関係になっていきます。美濃部孝蔵(森山未来)とは腐れ縁で、兄貴分にあたります。

 

やがて、金栗四三と美濃部孝蔵を結びつける存在になります。なので、交わることがないと思った落語家とマラソン選手の間をとりもつのがこの清さんになるのです。

 

そのため、「いだてん」の中のキーパーソンになりますね。見どころとしては、金栗四三との出会い。そして、どのように美濃部孝蔵と対面させるのかというところになるでしょう。

 

あと、個人的にはオリンピック予選の成績なんかも気になるところですね。今回は、映画を一緒にやったことがある宮藤官九郎さん脚本になります。

 

お互い知った中なので、よいキャスティングをしてもらっていると思います。「ひよっこ」でもそうでしたがなくてはならない存在を峯田和伸さんが演じてくれます。

 

なので、とってもとっても楽しみにしているキャストになります。清さんの出演シーンがたくさんあれば、昔からのファンとしてはすごくうれしいです。CDのプロモーションビデオみたいにバックドロップのシーンがあれば面白いですが・・・さすがにNHKではないですよね。

 

なんか、破天荒なシーンがないかなって期待しています。なんせ、キャスト峯田和伸さんで脚本が宮藤官九郎さんですからね。清さんがぶっ飛んだ役になることを楽しみにしています。

 



 

関連記事


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)