おかえりモネ第12週ネタバレ,あらすじ「あなたのおかげで」

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の第12週のネタバレ,あらすじを吹き出し方式・会話形式でお伝えしていきます。

おかえりモネ第11週のネタバレ,あらすじで、モネ(清原果耶)はコインランドリーで仕事の悩みを菅波(坂口健太郎)に相談するというストーリーでした。

 

おかえりモネ第12週のあらすじは、大型の台風が接近するということで気象班に緊張が走るところからはじまります。おかえりモネ第12週のタイトルは「あなたのおかげで」です。

おかえりモネ ネタバレ,あらすじ12週

ここからは、おかえりモネ第12週のネタバレ,あらすじを吹き出し方式、会話形式で1話ごとにお伝えしていきます。

56話(8月2日)「大型台風」

2016年8月。

朝岡
これ太平洋側から東北に上陸するかもしれない。
神野マリアンナ莉子
観測史上初ですね。
朝岡
今回は、少し強めに危険性を伝えた方がいい。

モネたち気象予報チームに緊張が走る情報が駆け巡ります。大型台風が東北地方を直撃するという状況が確実になったためです。

今回の大型台風が直撃する地域は、山の影響を受け普段はあまり台風が来ない地域でした。そのため、台風の対策が遅れ被害が拡大する可能性がありました。

 

モネは、東北への大型台風のため地元気仙沼のことを第一に心配しました。時間が空いた時に、連絡をします。

モネ
時間、あんまりないんだけど、おじいちゃんいる?
龍己
どうした?
モネ
台風の話聞いた?かなりきついので、対策言うよ
龍己
そんなにひどいのか。

まず、龍巳(藤竜也)に連絡して牡蠣のことも考えた対策を話します。

龍己
ちょっと、待ってメモするから。

モネは家に帰ると、菜津(マイコ)の父親が倒れていました。そして、コインランドリーに来ていた菅波(坂口健太郎)をモネは呼びます。

菅波が来たことで、救急車を呼ばないように考えた菜津が救急車呼ぶのやめようと考えます。

菅波
救急車止めないでください。おばあちゃんも、熱がちょっと高めなので一緒に見てください。

モネは、菅波との関係を明日美に話ますが・・・しどろもどろになります。

明日美
そういうことか。

そして、おじいちゃんは無事元気になったことで、モネは菅波にお礼の連絡しました。

モネ
無事、帰りました。菜津さんすごく喜んでいました。先生のおかげで助かりました。
菅波
よかった。

しかし、菅波は先生のおかげで助かりましたという言葉に菅波の会話が止まりました。

57話(8月3日)「新次へのお願い」

モネが参加している番組は、オーダー変更になり台風ニュースがトップになりました。

朝岡
トップになるのか。ありがたい。

朝岡(西島秀俊)の説明をモネは神野と内田(清水尋也)と一緒に見ていました。モネはサヤカ(夏木マリ)にもメール、危険を伝えました。

内田
それてくれるといいんだけどね。

モネから大型台風が上陸することの知らせを受けた耕治(内野聖陽)は新次(浅野忠信)のところにいきました。

新次
おめえ、こんな時になんの用事だ。
耕治
船運ぶの手伝ってくれ。
新次
大丈夫だろ。
耕治
今回は、そうはいかないんだ。頼むよ。ここまで立て直してきて、船をやられるのはきつい。力を貸してくれ。
新次
嵐の日に頼み事するのは、お前のくせか。

そういって、新次が動いてくれることになります。

耕治
ありがとう。

新次は港の船を避難させました。その様子を亮ちん(永瀬廉)は見ていました。亮ちんは、新次が船に乗ってくれたことを喜び、モネにお礼のLINEがきました。

莉子は、気象で雨に濡れ機嫌が悪くなったところをモネの家の風呂に入りました。それで、莉子は期限がなおりました。

 

そして、モネに電話がかかってきます。

龍己
こないだの台風の時、モネのおかげで助かったよ。ありがとう。

電話を切ったあと、再び莉子たちと話します。

モネ
やっと役に立てた。
明日美
ママたちも言ってた。モネ、ずっと気にしてたんだ。
神野マリアンナ莉子
なんか、永浦さんって重いよね。人のためって結局、自分のためだよね。

58話(8月4日)「莉子の一言」

モネ
えっ?
神野莉子
ごめんね。永浦さん否定しているわけじゃなくて、自分が有名になりたいとか欲求に素直な方がいいと思う。あまり気にしなくて。

明日美(恒松祐里)がなんとか話題を変えて、その場の空気がもちなおしました。

モネは、莉子の言葉でショックを受けました。そして、モネは「人の役に立ちたい」という自分の目標を見つめなおすことになります。

モネ
人の役に立ちたいとか、結局自分のため・・・。

そんなころ、未知(蒔田彩珠)も研究にいきづまっていました。そんな未知を亜哉子(鈴木京香)は励まします。

亜哉子
大丈夫?
未知
研究職なんて、半年結果でないなんて普通だから。お母さん前に言ったよね。好きなことしなさい。好きなことなのかな?
亜哉子
あなたたちには、とにかく楽しそうにしていて欲しいって意味だったんだけど。それも親の庇護か。子育てって難しい。
未知
結局、お母さんの愚痴聞いてる。

そのころ、モネは菅波の言葉を思い出していました。

菅波
あなたのおかげで助かりましたという言葉は、麻薬です。

そんな中、モネが働く会社に車いすマラソンの選手・鮫島祐希(菅原小春)が朝岡(西島秀俊)を訪ねてやってきました。

朝岡
鮫島祐希さん、車椅子マラソンの選手です。
鮫島
リオのオリンピック選考会に落ちたけど、東京には出たいのでとにかく勝ちたい。どうぞ、よろしくお願いいたします。

お金のことで、契約をしぶる社長ですが朝岡が押し切ってスポーツ気象をやりたいといいます。

神野莉子
私は協力できません。
朝岡
ですよね。
内田
私も、スポーツに興味がないので。
朝岡
ですよね。

そして、朝岡はモネの方をみつめていいます。

朝岡
人手がいるので。
モネ
そもそもなんで、スポーツ気象なのですか?
朝岡
リードタイムをとるためです。そして私、近い将来、お天気キャスター辞めようと思っているので。
モネ
えっ?

59話(8月5日)「スポーツ気象」

朝岡はいずれお天気キャスターをやめると発言したことに、気象班は騒然となります。

モネ
朝岡さんキャスター辞めるって。
内田
フリーになる噂はありましたよね。
神野莉子
でも朝岡さんが辞めるっていいニュースよね。次は、私がキャスターになれる。

しかし、そんな中で莉子は朝岡が辞めれば、自分が同じポジションに立てると考え期待を膨らませていました。

高村
朝岡さん、また言ってるんだ。飲んだらしょっちゅう言ってるもん。
神野莉子
飲んだりするんですか?
高村
するよ。
神野莉子
朝岡さんの後は?
高村
神野さんじゃない。華あるし。でも、大変よ。女性のキャスターは。私もやってたから。

 

一方、未知(蒔田彩珠)は仕事でうまく成果がだせずに悩んでいました。

未知
お父さんも気をつかってるんだよ。亮ちんのお父さん船乗ったんだよ。
モネ
亮ちん、メールくれた。
未知
お姉ちゃんにはメールするんだ。お姉ちゃんずるい。

そんなタイミングで、モネと電話したために、冷たくあたってしまいます。

未知
ごめん、仕事でうまくいってなくて、お姉ちゃんにあたってしまった。

モネは、何もいうことができませんでした。

 

次の日、モネは鮫島が練習しているところを撮影します。

モネ
時速30キロとか出てるんですよ。もうすごくて。

そして、内田は朝岡がなぜ「スポーツ気象」に強いこだわりをもっているのかという理由を知ります。朝岡は大学の時の駅伝時に、暑さで倒れてしまったことがあったのです。

朝岡
よくこんな記事見つけましたね。これは、私です。雨の予定だったのですが、雨は降らなかった。私は、熱中症で倒れてしまった。あの日、でるべきだったのは暑さに弱い私ではなく、他の人だったことを科学的根拠から言えることができます。私のスポーツ気象のこだわりは実に、個人的なことが理由です。

その後も、モネは鮫島を撮影して記録をとります。

60話(8月6日)「モネの心に響く言葉」

鮫島
朝岡さんがそんなことあったんや。せやから、私に共感してくれたんやな。けど、朝岡さんの方が100倍つらかったやろな。チームメイトのチャンスも大学の伝統まで潰してしまったんやもんな。そのへん私は100%自分のためやから気楽やな。
モネ
鮫島さんは、100%自分のためなんですか。
鮫島
せや。私はとにかく、1番でゴールしたい負けず嫌いのスポーツバカなんや。せやけどな、私が走るには、いろんな人の手を借りなあかんやろ。せやから、借りた分、返さなあかんと思ってる。それがどっかの誰かを元気づけれれば、それはそれで幸せやなって思う。
モネ
自分が自分のためにって一生懸命やってることが、誰かのためにもなったらってそれ一番いいかもしれないです。鮫島さんさすがです。かっこいいです。

鮫島のサポートをはじめたモネは、しだに鮫島のことを尊敬するようになります。鮫島の心構えが自分とは全然違う。

こんな人のことをプロというのだとモネは感じたのです。モネは、莉子に言われてずっと気にしていた「自分のためじゃないか」という言葉に対する言葉を鮫島から回答をもらったのです。

 

モネは、鮫島の言葉を聞いてはじめて自分のために気象をしようと思うようになりました。そして、鮫島のサポートには医師の協力が必要になると打ち合わせでなります。

鮫島
オリンピック選手には、専属のドクターがはりついてて、血液検査や尿検査で疲労度を測ってくれるねんけど・・・医者一人雇うのにすっごい金かかるねん。

モネは、菅波(坂口健太郎)をおもいつき、おもいきって頼んでみます。

菅波
協力したい気持ちはあるのですが、東京と登米の行ったりきたりで僕には時間がありません。すみませんが他をあたってください。
モネ
そうですよね。
菅波
それだけですか?
モネ
えっ?あっ、じゃあもう一つだけ。ずいぶん前のことなんですけど、私が森林組合に来たばっかりの時に、先生に言われて気になってたことがあるんですけど、あなたのおかげで助かりましたって言葉を・・・鮫好きでしたよね?鮫島さんって言うんです。
菅波
だから?
モネ
いえ、なんでもないです。お忙しいところすみません。みなさんによろしくお伝えください。

その様子を登米の人がたちが見ていました。

川久保
おいおいおい。
翔洋
だから?ってなによもう。冷たいな。なんか頼まれたなら引き受けてあげなさいよ。
川久保
頼まれて、断る奴があっか。
菅波
大きなお世話です。みなさんなんか誤解しています。
サヤカ
先生、あの子のこと頼みましたよ。

モネが家に帰ると、菅波がなぜか留守番をしていました。

モネ
えっ?
菅波
井上さんとおじいちゃんとおばあちゃんは、歯医者に行っています。洗濯に来たら、お茶でもどうぞと無理やり連れてこられて、留守番させられています。はじめに断っておきますが、例のアスリートの方の協力はできません。
モネ
先生がずっと前に、あなたのおかげで助かりましたという言葉は、麻薬ですと言ったのを覚えてますか?
菅波
覚えてます。
モネ
こないだの台風の時に、祖父にモネのおかげで助かったと言われてすごくうれしくて。でも、その時に先生の言葉を思い出して、あれってどういう意味だったのでしょう?
菅波
気持ちいいでしょ。単純に。すべての不安や疲れが吹き飛ぶ。自分が誰かの役に立った。自分には価値がある。そう思わせてくれる。永浦さんもそう思ったからうれしかったんでしょ?
モネ
そうだと思います。
菅波
自分は無力かもしれないと思っている人間にとって、これ以上の快楽はない。能が強烈に覚えてしまう。麻薬以外の何物でもない。また言われたいと突っ走ってしまう。その結果、周りが見えなくなってしまう。行き着く先は、全部自分のためだ。そうやって僕は、ある人の人生を奪いました。

おかえりモネ第12週のネタバレ,あらすじはここまで。おかえりモネ第13週のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第13週ネタバレ,あらすじ
おかえりモネ見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第12週レビュー

おかえりモネ第12週については、予想で書いていた部分がかなりあたっていました。おそらく、描かれるのが2016年ぐらいということで、台風がかなりたくさん日本列島を襲いました。

特に台風10号は、東北に大きな被害をもたらしています。そのため、第12週で描かれるのではないかと考えていました。

 

また、パラリンピック選手候補の鮫島祐希(菅原小春)の登場は事前情報から漏れ聞こえていたところです。なので、こちらも的中(笑)過去の記事はコチラです。

時代背景

さて、ちょっとおもむきを変えて12週から14週ぐらいまでの予測をしていこうと思います。まず、「おかえりモネ」の時代背景です。

NHKが公開している設定は、2014年春~2019年の秋頃までの5年半を描いています。モネに影響を与えた2011年3月の東日本大震災もこれまでに描かれています。

 

なので、そこから予想できることは12週~14週は2016年ごろが描かれるのではないかということです。なぜそう思うかというと2016年の平均気温は観測以来最大の平均気温を記録しました。

そして、2016年は台風が多数日本列島にやってきたことから、気象予報士として一人前になるモネを描くにはとてもよい時期だからです。

 

2016年の夏から秋にかけては、日本に台風が度々来ています。6回も来ていて、それは観測史上2番目に多いことです。また、台風10号は東北にも大きな被害を出しました。

東北地方や北海道で河川の氾濫や防波堤の破壊により、死者や行方不明者がおおく出ました。そのため、このあたりのところが描かれるのではないかと予想されます。

 

なので、12週~14週でおそらくこの近年に発生している異常気象による災害。それをどのようにモネがクリアしていくのか。

防げなかった時の気持ちの整理をどのようにとっていくのかというモネの姿が描かれるのではないかと思います。

 

また、もう1つの時代背景として2016年はリオオリンピック、パラリンピックが開催されています。モネが東京で出会う人の中に、鮫島祐希(菅原小春)の発表がされています。

鮫島は、車椅子マラソンの選手で過去のパラリンピックの選考会で熱中症になり日本代表を逃してしまったという経験をしています。

 

今度こそパラリンピックに出場したいと頑張っています。モネたちは、鮫島の依頼で気象情報から競技をする日のコンディショニングをアドバイスしていく仕事です。

鮫島がリオパラリンピックに出場できるようどんなアドバイス・サポートをしていくのかというのも、もう一つのモネの仕事になります。

恋愛はどうなる?

恋愛については、11週の最後に会うのが誰かわからない状況から菅波であることが確定しました。仕事の相談はしますが一気に恋に発展は難しそう。

ただ、一ついえることは「おかえりモネ」でのモネは菅波と結婚するのではないかということです。他に対抗がいません。

 

また、東京編の職場にも同年代のイケメン枠の男性がいません。そう考えると、登米で勉強を一緒にしていた菅波に確定といってもいいと思います。

ただ、相手はあの冷静沈着な菅波です。恋愛のスピードはゆっくり、ゆっくりとなることが予想されます。恋愛、結婚はまだ先になることが予想されます。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第13週ネタバレ,あらすじ
おかえりモネ,ネタバレ,キャスト総まとめ
おかえりモネ結婚相手ネタバレはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です