おかえりモネ第117話(動画有)あらすじ「酔って帰る耕治」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第117話の動画・あらすじ・感想を総まとめでお伝えしています。最初に動画からです。

朝ドラの動画はパンドラやYouTubeをご案内していましたが、違法アップロードなのですぐ消える。ウイルスが入ったとの報告があったので、現在は安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第117話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第117あらすじ

おかえりモネ第116話のあらすじは、モネと菅波が永浦家にやってきたけど、耕治(内野聖陽)が逃げていませんでした。

おかえりモネ第117話のあらすじは、その続きからはじまります。おかえりモネ第117話のタイトルは「酔って帰る耕治」です。

龍己
逃げたんだろ。部屋で一杯やるわ。あとは耕治と話せ。悪いな。
モネ
ちょっと待ってて。

モネは龍巳(藤竜也)のところに行きます。菅波は亜哉子(鈴木京香)と2人きりになります。

龍己
別に気にいらないわけじゃないんだよ。一目見れば、いい人だってわかるし。いや、俺はただモネちゃんが幸せならそれでいいんだよ。祖父ちゃんが孫娘に思うことはそれだけだ。うちの孫娘は2人ともいい彼氏つかまえてよ。男見る目は、祖母ちゃん譲りだな。
モネ
絶対そう。

亜哉子も菅波に話かけます。

亜哉子
大丈夫よ。私は仲間だから。私、元々島の人間じゃないんです。仙台出身で。外からくると緊張しますよね。こういう雰囲気
菅波
歴史というか、時間ですかね。共有していないものの多さに圧倒されます。
亜哉子
でも、外から来たから見えるものもあるし、できたこともあったと思うんです。
菅波
はい。

モネは、菅波を家の部屋を案内します。

モネ
ここは、おじいちゃんの作業場。み~ちゃんも研究に使ってて。私も今、ここで養殖の勉強をしてる。
菅波
養殖の?
モネ
気象情報って、養殖業の合理化に今よりずっと必要になると言われてる。
菅波
気象情報と養殖か・・・
モネ
無謀だと思う?
菅波
厳しいけど、そういう見方もあるだろうね。
モネ
でも、父がいったんです。簡単じゃない。だからやるんだよ。背中押された。
菅波
あなたの無謀ついでに、地域医療の新しい形を考えたい。地域か都市部かどっちかを選ぶんじゃなくて、両立できるはずで。
モネ
いつか、登米にあった診療所みたいにこっちにもそんな場所を見つけられたらいいですね。うちの会社とも連携して、災害時の避難とか

そこに、耕治がやってきました。

耕治
バカ。色気のない会話しているな。それが結婚を控えた2人の会話か。東京勤めは続けるけど、ゆくゆくは結婚もしたい。どうですかねそれは?遠くに離れちゃって。そんな都合よくいくかね。
モネ
それは、私がこっちに戻ってきちゃったから。
菅波
僕も自分の仕事を優先しちゃって。
耕治
まあ、俺も新婚からずっと単身赴任だったけどね。だから、亜哉子にはねえ

そこに亜哉子がやってきて、部屋に戻されます。

耕治
俺だって、計画は立ててるんだ。資金繰りもばっちりだ。経験はなくても、やり方はいろいろあるっつんだ。
モネ
そうなの。雨の量から、海水温、風向きから海のどこに栄養素がたまっている性格に予測すれば、牡蠣を正確に太らせることができると思う。いま観測の方法探ってるんだけど。
耕治
俺に漁師のカンが足りなければ、科学で補っていけばいい。借りられるものは、どんどん借りればいい。
菅波
いいですね。業種を超えて力を借りるっていうのは、いい方法だと僕も思う。医療も多種多様なエキスパートが集まることで、患者さんへの新しいアプローチが生まれてるんです。お義父さんがそういう考えなら、百音さんと僕がそれぞれが違う場所で目標に向かうっていうのも共有してくれませんか。
耕治
百音さん?百音さんって呼んでるのか?
菅波
お義父さん、今はそこにひっかかるのではなく・・・
耕治
さっきからお義父さん連発も気になるんだよな。

そこに亜哉子が割って入ります。

亜哉子
とにかく、今は3人ともやりたいことがあるんだってことでいい?
菅波
簡単じゃない。だからやるんだってのがとても響いて。仕事もそうですが百音さんのことも2人で乗り越えていきたいと思っています。見守ってもらえないでしょうか。
耕治
どうなんだよ。
モネ
私は、先生じゃないとダメだから。
亜哉子
いいわね。こういう2人。
耕治
俺は、最初にこの2人はいいってピンときたんだよ。なんなら、本人たちよりも前に気づいてたんだよ。

そこに、未知(蒔田彩珠)からLINEがやってきました。お互い気持ちが伝わったことがうれしくて、モネは涙を流します。

モネ
うれしいんです。すごく。でも、先生これは・・・自分が救われたから。
菅波
いや。
モネ
大事な人が幸せになる。こんなにうれしいことない。良かった。

菅波はモネの背中をトントンと叩きます。

耕治
参ったな。あれは、ニコイチだ。

翌日、菅波は急遽仕事で帰らなければならなくなりました。

菅波
すみません。2日ほどはいられる予定だったんですけど。
亜哉子
お仕事なので仕方ないですから。これ、朝ご飯にたべて。でも、もう離れ離れになっちゃうのね。
菅波
百音さんは、時々大切な人と離れるのをとても怖がります。でも、僕のことは離れていても大丈夫だと思っています。割と最初の頃から。だから、百音さんがこれからの人間がともに生きるのは、僕のような人間が最適なんじゃないかと思います。

モネが菅波を送ります。

菅波
今日中に戻ればいいとのことなので、登米によってサヤカさんに挨拶してから行きます。
モネ
登米に行くんですか。私も行きたかった。すみません、休みとれなくて。
菅波
春にまたこっちに来る。そしたら一緒にいきましょう。
モネ
楽しみにしています。なんか、先生がここにいるのが不思議。先生は、この土地の人じゃない。外から来た人です。でも、それが良かったのですね。
菅波
だとしたら良かった。

おかえりモネ第117話のあらすじはここまで。おかえりモネ第118話のあらすじにつづく

おかえりモネ第117話感想

おかえりモネ第117話のあらすじは、菅波がモネの家族に認められるというストーリーでした。耕治が酔っぱらって帰ってきたのは驚きましたね。

どう考えても酔いすぎでしょ。菅波からすると、プレッシャーしかない状況でした。酔っ払い相手に正論いっても話聞いてくれないんじゃないかって。

 

それでも、菅波は耕治と話を合わせてうまくやったなあって思いました。感覚が近かったんだと思います。

近かったので、お互い共感するところがあったんですね。きっと。結局、父親は最後認めるしかないんですけどね。

 

あと、亜哉子が一緒にいたのも大きかったです。話が違うところにいきそうなのをうまく修正してくれていました。

最後、菅波が感染症でってところはきっと新型コロナですね。時系列的には、そんな状況になってきていると思います。

 

モネと菅波は、まだ結婚することなく終わりそうですね。結婚してほしかったなあって思いますけど、お互いの道があるので仕方ないです。

おかえりモネ第117話の感想はここまで。おかえりモネ第118話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第118話「未知の進路」感想
おかえりモネ最終週「あなたが思う未来へ」
カムカムエブリバディのネタバレ,あらすじはコチラ
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第116話見逃し配信はコチラ



2件のコメント

ひよっこと同じ様に、おかえりモネ2を
やって欲しいです。そして、菅波先生と
結婚して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です