おかえりモネ第21話(動画有)あらすじ「菅波のアドバイス」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第21話の動画・あらすじ・感想をまとめてお伝えしています。まずは動画からです。

動画は、ずっとYouTubeやPandoraを紹介していましたがウイルスが入った方がいらっしゃったので、現在は安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第21話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第21話あらすじ

おかえりモネ第20話のあらすじで、モネ(清原果耶)はお盆休みが終わり、実家から登米に向かいました。

おかえりモネ第21話のあらすじは、その登米に向かう船からはじまります。おかえりモネ第21話のタイトルは「菅波のアドバイス」です。

 

あっという間のお盆休みでした。モネはいい顔をして船からおります。モネはお土産を亮ちん(永瀬廉)にお土産の牡蠣もっていきます。

しかし亮ちんは、酒屋に父親にお酒を売らないようにお願いしてまわっていました。そのため、モネは慌ててかくれました。そして、後ろから追いかけます。

だいぶ前から気づいていたよ。そんな大荷物もってたら目立つって。
モネ
そっか。
貸して。おっ牡蠣?
モネ
三生がおいしいおいしいって、食べてったよ。亮ちんも食べてけたら良かったね。
三生どうした?
モネ
仙台の大学に帰った。
そうだと思った。俺も祖父ちゃんの牡蠣食べたかったなあ。
モネ
仕事なら、しょうがないね。
えっ?
モネ
亮ちん、昨日仕事で来れないって。
ああ、そうそう。船の仕込みで買い出しいかされて。俺、下っ端だから親方のパンツとか買いにいかされて。

そして、モネのバスが来るまでの間、亮は何かを考えている様子でした。

モネ
あのさ。
なんか言ってもらうの待ってるみたいだな。悪い。じゃあな、モネも仕事頑張れよ。
モネ
なんか困ってるなら、なんもできないけどメールとか電話とか聞くから。
ごめん、そういうのは俺やっぱいいわ。

そこにバスがやってきました。

じゃあな。
モネ
またね。

バスにモネが乗ると、菅波先生(坂口健太郎)が乗っていました。モネは菅波の横に座ります。

モネ
幼馴染です。
菅波
何も聞いていませんが。
モネ
うちの祖父、牡蠣の養殖やってるんです。先生も食べてください。
菅波
僕は、人生で3回牡蠣を食べて、3回あたってるのです。なので、リスク回避のために牡蠣は食べないようにしているのです。

そして、バスの中でモネが気象予報士の本を読んでいることに菅波は気づきます。

菅波
気象予報士の試験受けるのですか?
モネ
試験を受けることより、気象予報士の仕事に興味があって。
菅波
だとしたら、買う本が間違っています。
モネ
じゃあ、先生はお医者さんになろうと思った時、どんな本を読んだんですか?
菅波
ブラックジャックです。嘘です。その本は、少しハードルが高すぎます。マンガとか絵本からはじめた方がいいんじゃないですか。永瀬さんの場合。
モネ
私の場合?
菅波
中村先生は、本当にブラックジャックを読んで医者になったそうですから。
モネ
先生は、中村先生に頼まれて登米に来たんですよね?
菅波
ええ、中村先生に頼まれて仕方なく。中村先生は、僕の指導医です。頭が上がらないんです。
モネ
わかります。
菅波
ちょうど良かったんです。東京と登米で1週間おきに入れ違いできていれば、中村先生と一緒に仕事しなくていいですから。
モネ
そんなに嫌いなんですか。
菅波
嫌いです。あの人と一緒にいると自分の未熟さばっかり思い知らされる。しかし、そもそも勉強するなら林業に特化した勉強の方がいいんじゃないですか。なぜ、気象を?
モネ
山のことは好きだし、木のことも面白いと思っています。でも、私は海で育ったし漁業とか海の仕事にも役立ちたいなって思って。そしたら、天気は山とも海ともつながってるってわかって。
菅波
それで気象を。
モネ
はい。

そして、モネと菅波は登米に到着しました。

モネ
なぜ、雲はできるんでしょう。なぜ、風は吹くんでしょう。
菅波
そこからはじめればいいんじゃないですか。ただ目の前にあることをふしぎがったり、おもしろがったりしたらいいんじゃないですか。純粋で。

そこに中村先生が出てきました。おかえりモネ第21話のあらすじがここまで。おかえりモネ第22話のあらすじにつづく。

おかえりモネ第21話感想

おかえりモネ第21話のあらすじでは、亮ちんが父のことで悩んでいる。菅波からモネは気象予報士のことについてアドバイスを受けるというストーリーでした。

亮ちんは、誰かに悩みを話せているのかな。なんか、誰にも父親のことは言えてなさそうなところに、亮ちんの本当の苦しみがありそうな気がします。

 

でも、み~ちゃんに言うとますます耕治(内野聖陽)のことを悪く思うからな~。三生(前田航基)ぐらいの距離の感じがいい相談相手になると思うけど。

三生は、亮ちんと比較するとお気楽ですからね。なかなか、亮ちんが相談するには、難しいのかな。誰でも、いいのではなせたら気楽になると思うけど・・・・。

 

モネは、菅波からいっぱいアドバイスもらいましたね。最初は、漫画や絵本からっていうのは正しいと思います。

どうしても、難しい本にしてしまうとモネみたいなタイプは勉強が続かなくなってしまうので、最初は興味があることだけわかるような内容。楽しめる内容がいいんだと思います。

 

入り口が楽しくないと続きませんからね。でも、2人いい感じですよね。おかえりモネ第21話の感想はここまで。おかえりモネ第22話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第22話「広葉樹の使い道」
おかえりモネ第5週「勉強はじめました」
おかえりモネ公式ガイドはコチラ
おかえりモネ第21話見逃し配信はコチラ
おかえりモネ ネタバレ,キャスト総まとめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です