おかえりモネ第25話(動画有)あらすじ「カフェ勉」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第25話の動画・あらすじ・感想をまとめてお伝えしています。

最初に動画からです。動画については、YouTubeやPandoraを紹介していましたがウイルスが入った人がいたので現在はより安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第25話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第25話あらすじ

おかえりモネ第24話のあらすじで、モネ(清原果耶)が手掛けていた学童机が納期の問題で暗礁に乗り上げます。

おかえりモネ第25話のあらすじは、モネが納期を早めるために対策を考えるところからはじまります。おかえりモネ第25話のタイトルは「カフェ勉」です。

 

モネはサヤカ(夏木マリ)に訴えかけました。

モネ
サヤカさん。思いついたことがあるんです。もし、可能性があるなら・・・
サヤカ
で?
モネ
学童机のことなんですけど、こんなの素人の思いつきかもって自信がなくて。サヤカさんに聞けば、
サヤカ
安易に年長者の話を聞かない。素人が思いつくからブレイクスルーが起きるのよ。みんなのためになること考えな。そうすっと、人は動く。
モネ
みんなのため・・・

そして、モネは森林組合のメンバーに学童机のことを再度話します。

モネ
学童机、可能性があると思って考えてみたんです。最大の問題は、ナラの木の乾燥ですよね。
川久保
時間がかかるからなあ。乾燥機に入れられる量も決まってるし、燃料費もバカ高い。
モネ
ビニールハウスを使うのはどうでしょ。このあたりには、使ってないビニールハウスがけっこうあるんです。
翔洋
運搬費ばっかりかかって、利益がでない。

でも、今回は大口の注文になるので採算は合うことがわかります。そして、モネは乾燥後の手作業のことも対策を考えてました。

モネ
調べたんですけど、登米市の木工組合には21人の職人さんがいます。私たちは、材料だけ作って仕事は職人さんたちにやってもらう。利益は少なくなりますが、ナラの木も机にできるならそっちの方がいいと思います。
翔洋
とりあえず・・・

川久保は、何も言わずにその場からいなくなります。モネが電話してビニールハウスは確保できました。そこに川久保が引退した職人をたくさん連れてきました。

モネの提案から、納期に間に合う体制ができました。

 

モネは、菅波(坂口健太郎)にいつものように勉強を教えてもらっていました。

モネ
空気が下からあたたまるっていうのがどうしてもイメージできません。おかしくないですか?太陽は上からさしてますよね。だとしたら、上から暖かくなりません?
菅波
ビニールハウスをイメージすればいいんですよ。ビニールハウスは、地面を温めているのです。だから、空気は下から温まるのです。では、それを踏まえて雲ができる仕組みですが・・・
モネ
でも、太陽はなぜ空気をあたためないで先に地面をあたためるのでしょう。
菅波
そこからか。

その勉強の様子を椎の実の人たちが見て、以外と2人の関係はあるのではないかと噂していました。

 

菅波は顔を参考書で隠して見えたり、見えなかったりする状況を作ります。

菅波
空気は、透明なので太陽の光はとおり抜けてしまいます。でも、地面は透明じゃないので地面は通り抜けません。だから、先に地面から暖まるのです。
モネ
おおお。
菅波
では、ようやくなぜ雲ができるのかですが・・・
モネ
接している物体は、なんで均一の温度になろうとするのですか?
菅波
永浦さん、それが熱の伝導なのですがいったん置いておきましょう。難しい話になるので。

そこに、サヤカがやってきます。

サヤカ
簡単よ。そこ、2人ともすわる。ほら、早く。2人とも。

モネと菅波が座るとサヤカが言います。

サヤカ
どお。接してるとお互いの体温を感じる。それが熱の伝導。はい、お疲れさん。お先に。

そういってサヤカがいなくなります。

 

そして、モネたちは出来上がった新しい机を小学校に運びこみます。

川久保
子どもたち喜んでたな。

モネたちを見送る小学生を見てモネも手を振ります。

モネ
机、大事に使ってねえ。
川久保
あの子たちに水と空気を作ってやってるんだ。林業は生き残っていかなきゃいけねえ。

そのころ、菅波は耕治(内野聖陽)の知り合いの田中(塚本晋也)を見ていました。

菅波
田中さんの希望は、入院はせず通院しながら薬物治療のみで経過をみたいということですか?
田中
ええ。お願いします。あっそうだ。この隣の森林なんとかに、永浦さんって子いない?女の子

おかえりモネ第25話のあらすじはここまで。おかえりモネ第26話のあらすじにつづく

おかえりモネ第25話感想

おかえりモネ第25話のあらすじは、納期を短縮する方法をモネが提案するというストーリーでした。また、モネと菅波がいい感じになっていました。

モネの諦めない心が子供たちに届いて良かったなあって思いました。ただ、どうなのかな?入札とかそのあたりのことってなにも触れてなかったけど。

 

入札の話は、もうかったというていで話が進んでるのかな・・・。なんか、あまりにも飛びすぎたような気がするんですけど。

小学校に納品まで飛ぶって???でした。あまり深く考えたらいけない部分なのかな?

 

モネは菅波に質問ばっかりしていましたが、私が菅波の立場なら自分で勉強するように言ってしまいますね。あんなに質問されると無理です。

それでも菅波が教えるっていうのは、菅波の方がモネに木があるのかもしれません。モネは、そんな気がなさそうですけど。

 

あと、最後に田中さんがステージ4のガンでしたね。今後のことが気になってしまいました。おかえりモネ第25話の感想はここまで。おかえりモネ第26話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第26話「資格って何?」
おかえりモネ第6週「大人たちの青春」
おかえりモネ公式ガイドはコチラ
おかえりモネ第25話見逃し配信はコチラ
おかえりモネ ネタバレ,キャスト総まとめ!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です