おかえりモネ第26話(動画有)あらすじ「資格って何?」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第26話の動画・あらすじ・感想をまとめてみていきます。最初に動画からです。

動画は、もともとYouTubeやPandoraを紹介していました。しかし、ウイルスが入った方がいらっしゃったので現在はそういう心配のないコチラを紹介しています。

おかえりモネ第26話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第26話あらすじ

おかえりモネ第25話のあらすじで、モネ(清原果耶)は菅波(坂口健太郎)と一緒に勉強をしていました。

おかえりモネ第26話のあらすじは、モネと菅波が仕事の話をしているところを田中(塚本晋也)がカメラでとるところからはじまります。おかえりモネ第26話のタイトルは「資格ってなに?」です。

モネ
田中さん。辞めてくださいって。
菅波
今時、断りもなく写真をとるなんて犯罪ですよ。
田中
悪用しませんから。思い出、青春の一時だよ。

モネは、天候に詳しくなり職人である熊さんにまでアドバイスを送るようになります。

翔洋
永浦さん、最近天候に詳しくって。けっこう当たるんですよ。

モネは天候がかわりそうな時に、熊さんに電話をします。

モネ
もしもし、熊さん田中町の方で雷雲が発生しています。今のうちに山を下りたほうが。

しかし、熊さんはその辺はこっちで判断すると言われます。さらに、雨がひどくなってきたので、またモネは熊さんに電話をかけます。

モネ
川越町では、かなり増えているみたいです。川も増水して・・・

そういっていると電話を切られます。そして、無事帰ってきた熊さんにモネが言います。

モネ
どうして中止してくれなかったんですか。仕事より、安全を優先してください。

モネが心配して言うと、熊さんは怒ります。昨日今日、ちょっと勉強したぐらいで首突っ込むのはやめろと言われ、モネは落ち込みます。

翔洋
林業って、労災がとっても多い業種なんです。死亡事故が発生する業種が他より格段に高い。熊さんは、いつ何時も作業員の命のことを考えています。

そして、モネは熊さんに謝ります。すると、現場の作業員たちはみな何かの資格を持っていました。モネはそのことに驚きます。

その後、外で田中が倒れていました。菅波が処置をします。その晩、モネは菅波との勉強で質問をします。

モネ
田中さん、無事でよかったです。先生って医師免許もっていますよね。医師免許も資格ですよね。
菅波
国家資格です。ちなみに、気象予報士も国家資格です。
モネ
資格ってなんでしょう。
菅波
資格を必要とする仕事の多くは、他人の財産や生命に直接かかわります。何かミスをすれば、目の前の命を奪ってしまう可能性があります。それぐらい重い資格が自分にはあるのか。それを問うものだと僕は思います。
モネ
先生、私やっぱり受けてみたいです。気象予報士試験。雲はなぜできるんだろう。風はなぜ吹くのだろうと考えるのは楽しいです。でも、やっぱり私も先生や山の人たちのように、人の財産や命ときちんと向き合えるものを身に着けたいです。誰かが悲しい思いをしないように。そういう力を私も身に着けたいです。
菅波
永浦さんは、目標が曖昧なのがよくありません。到達したい目標はなんですか?知識を深めることですか?気象予報士試験に合格することですか?
モネ
気象予報士試験に合格することです。
菅波
そうとなれば、話はかわる。知識を得るのとアプローチがまるで違う。試験で一番大事なのはスケジュールです。直近の試験はいつですか?
モネ
年2回やってて、1月と8月です。
菅波
1月の合格は諦めましょう。来年8月の試験で学科を突破しましょう。そのあと、みっちり実技をやりましょう。資格試験は、合格しなければ意味がありません。やるんですか。やらないんですか。
モネ
やります。
菅波
わかりました。

おかえりモネ第26話のあらすじはここまで。おかえりモネ第27話のあらすじにつづく

おかえりモネ第26話感想

おかえりモネ第26話のあらすじは、モネが天気に詳しくなり職人さんにでしゃばってアドバイスをする。そして、気象予報士試験を本気で目指すというストーリーでした。

モネは、目標を明確にしました。それは、菅波の言葉を聞いたからかもしれません。人の命を奪うかもしれない。

 

この菅波の言葉は、医師だから出てくる言葉なのかもしれません。でも、気象予報士もそうだと思います。天気によって助かる命がある。逆もまた同様にある。

モネは、そういう責任をもった仕事をしたい。そんな気持ちをずっと抱えたまま震災後生きてきたのかもしれません。

 

東日本大震災の時に、自分は何もできなかった。津波も見てない。本当の恐怖を体験していない。だからこそ、人の命を救う仕事がしたい。

そう思ったのかもしれません。モネは、気象予報士の試験を受けるってことは山の仕事を辞めることになるのかな?

 

仕事は、モネにとって楽しそうなのであえて辞める必要があるのかなって思ってしまいました。もちろん、やりたい仕事につきたい。

人の命をって気持ちもわかりますが・・・森林組合の中で、できないのかな。そんなことも少し感じました。

 

しかし、試験となると菅波は教えられなくなるかもしれませんね。専門的なことが増えるでしょうから。

そこの勉強は、どうするんやろ。おかえりモネ第26話の感想はここまで。おかえりモネ第27話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第27話「両親の馴れ初め」
おかえりモネ第6週「大人たちの青春」
おかえりモネ公式ガイドはコチラ
おかえりモネ第26話見逃し配信はコチラ
おかえりモネ ネタバレ,キャスト総まとめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です