おかえりモネ第3話(動画有)あらすじ「誰かの役に立ちたい」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の第3話のあらすじ・感想・動画をまとめています。最初に動画からです。

動画は、YouTubeやPandoraを利用していましたがウイルスが入った方がいらっしゃったので、現在は安全安心のコチラをご案内しています。

おかえりモネ第3話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第3話あらすじ

おかえりモネ第2話のあらすじで、モネ(清原果耶)は菅波(坂口健太郎)になぜ医者になったのか聞きました。そして、最後に朝岡(西島秀俊)が登場しました。

おかえりモネ第3話のあらすじは、朝岡が来て森林組合が大騒ぎになっているところから始まります。おかえりモネ第3話のタイトルは「誰かの役に立ちたい」です。

モネ
あっテレビに出てる人。
朝岡
私、石ノ森章太郎先生の大ファンなんです。

そこにサヤカ(夏木マリ)がやってきます。

サヤカ
なんだ。朝岡さんこっちに来てたの。
朝岡
サヤカさん、ご無沙汰しております。
モネ
知り合いなんですか?
サヤカ
まあね。

サヤカが朝岡を案内します。診療所やカフェが併設していることに驚く朝岡。その晩、朝岡を招いた食事会が行われます。

翔洋
朝岡さんと、サヤカさんはなんで知り合いなんですか?
サヤカ
実は、息子だ。
翔洋
あ、いや昼からずっと思ってたんですよね。鼻のあたりがよく似てるなあって。
サヤカ
バカ。嘘だ。私は、一生独身。子ども産んだことないよ。
朝岡
じゃあ、この方は。お孫さんじゃないんですか?
サヤカ
違う、違う。知り合いとこの子。預かってるだけ。

みんなが驚きます。モネがサヤカの孫だと思っていたのです。

朝岡
じゃあ、私が息子でこの子が孫。それでいいじゃないですか。
翔洋
じゃあ、永浦さんもいずれは姫だ。
モネ
違いますから。私の実家は、気仙沼の亀島で牡蠣の養殖業やってるんです。

しかし、誰もモネの話を聞いていません。

朝岡
気仙沼で養殖業ですか。じゃあ、3年前は大変だったでしょう。
モネ
うちも家族も無事だったので。それに、私はいませんでしたから。

モネは、少し暗い顔をします。宴会が終わった後、モネはサヤカと話をします。

サヤカ
しかし、あれだね。みんなモネのこと私の孫だと思ってたんだね。
モネ
最初に、違うって言ったんですけどね。まあ、突然きて一緒に住んでたら、孫か親戚だと思いますよね。
サヤカ
新田家の後継がせるのかなと思ったりね。
モネ
継がないですよ。私、サヤカさんの山とか財産とか金山とか全然興味ないですからね。
サヤカ
いわれなくても、あげないよ。だいたい、私はあと50年は生きるからね。殺すなよ。
モネ
本当に、跡継ぎとか期待されてるんだったら・・・
サヤカ
気にすることない。あなたは、あなたの好きなようにやればいいの。これは、私のやりたいことじゃないって思ったら、辞めたっていいの。
モネ
やりたいことって、なんでしょう。
サヤカ
ここのところずっと、思いつめた顔してると思ったらやっぱりね。
モネ
見つからないんですよね。やりたいことが。自分が本当に好きなことがなにかもわかんない。でも、山も木も好きです。森林組合の仕事も、もっとできるようになりたいと思っています。
サヤカ
うん。
モネ
でも、人の命を救いたいから医者になったとか。水産業発展させたいから研究者になるって、熱い気持ちみたいなの。私にはまだないんです。ただ、誰かの役に立ちたい。あのヒバの木みに行ったじゃないですか。300年生きてきた。私、羨ましいなって思ったんです。
サヤカ
面白いこというね。変な子。いや、わかるよ。
モネ
300年かけてじっくり生きてきて、切られた後も人の役に立つなんて最高だよなって。
サヤカ
まっとうだ。私が60年生きてきて得た結論から言うと、別にモネが死ぬまで。死んだ後も役に立たなくてもいいわけよ。ただ、18歳のあなたにそれを言ったらおしまいよ。誰かの役にたちたい。おいいよ、健全だ。悩め。悩め。悩め。

翌日、朝岡とサヤカ、モネの3人で食事をします。

朝岡
永浦さん、私この森林セラピーというのに興味を持ちまして、当日参加することなんて、できますかね?
モネ
もちろん。

そして、翔洋(浜野謙太)とモネが元気に案内します。おかえりモネ第3話のあらすじはここまで。おかえりモネ第4話のあらすじにつづく

おかえりモネ第3話感想

おかえりモネの第3話のあらすじは、モネが周囲からサヤカの孫だと思われていた。そして、モネは自分にはやりたいことがないと悩んでるというストーリーでした。

でも、私もすごくモネの気持ちがよくわかります。大人から夢を持てとか、やりたいことは何とかって聞かれるんですけど・・・それがないんです。

 

私も18歳ぐらいに同じことを思っていました。これで生きていきたいみたいなものがなかったので、モネの気持ちが痛いほどよくわかります。

でも、モネは大丈夫だと思いますね。人の役に立ちたいって気持ちがあるので。その気持ちがあれば、人の役に立つ仕事はいっぱいありますから。

 

森林組合の仕事だってそうだし、どんな仕事も基本的には人の役に立っています。だから、モネはなにか見つかると思います。

人の命を救いたいと思って医者になった菅波。水産加工業を発展させたいと思って研究したいという未知。モネも同じようになにかが見つかる。

 

そう思いますね。でも、途中の3年前のとき東日本大震災の時に、いなかったと朝岡に話した時のモネの顔が印象的でした。

そこから闇を抱えているのかなって思いました。おかえりモネ第3話の感想はここまで。おかえりモネ第4話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第4話「未来がわかる天気予報」
おかえりモネ1週「天気予報って未来がわかる?」
おかえりモネ公式ガイドはコチラ
おかえりモネ ネタバレ,キャスト総まとめ!
おかえりモネ第3話見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です