おかえりモネ第64話(動画有)あらすじ「プランB」感想

今回は、NHKの朝ドラ(朝の連続テレビ小説)「おかえりモネ」第64話の動画・あらすじ・感想を総まとめでお伝えいたします。

朝ドラ動画については、YouTubeやPandoraをご案内していましたがすぐ消える。ウイルスが入った報告を受けたので、現在は安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第64話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第64話あらすじ

おかえりモネ第63話のあらすじで、鮫島(菅原小春)を怒らせてしまったモネ(清原果耶)ですが、朝岡(西島秀俊)がそのアイデアをプランBにすることを命じます。

おかえりモネ第64話のあらすじは、その続きからはじまります。おかえりモネ第64話のタイトルは「大会3日前」です。

 

選考会3日前に、打ち合わせをします。

鮫島
プランBって?
朝岡
永浦さん。
モネ
はい。現時点で予測できる選考会当日の競技場に吹く風について説明します。

そして、鮫島に最新の気象状況の説明をします。

鮫島
専門的なことが全然わかれへん。つまりどういうこと?
モネ
当日、レースの途中でトラックに強い風が吹く可能性があるということです。向かい風をぶっちぎるのが鮫島さんのスタイルですよね。

そして、選考会当日になります。現地は、モネが行き他の3人はデータ解析のため会社に待機していました。鮫島がスタートします。

チームサメジマの旗をもってモネは応援します。

モネ
鮫島さん。その調子です。頑張って、頑張って。
鮫島
気散るわ。

そして、鮫島のラップが落ちてきていました。次第に雲の流れが変わりました。

モネ
神野さん、競技場上空の雲の流れが変わりました。南西方向から北東方向に変化してきました。
朝岡
永浦さん。聞こえますか?プランBです。

そして、モネは風が吹くというボードをもって鮫島にプランBを促します。

モネ
鮫島さん。鮫島さ~ん。風、吹きます。

そして、風が吹きはじめました。その中を必死に車いすをこぐ鮫島。おかえりモネ第64話のあらすじはここまで。おかえりモネ第65話のあらすじにつづく

おかえりモネ第64話感想

おかえりモネ第64話のあらすじでは、モネたちが鮫島にプランBを提案しました。そして、選考会当日のレースというストーリーでした。

私が見ていて思ったのは、タイムトライアルで決めるってところでした。このタイムで標準タイムを切れないといけないっていうのがきついですよね。

 

タイムよりも、誰かと競争してって方が絶対にやりやすいと思うんです。目の前に目標がありますから。でも、タイムトライアルだと目標がない。

だから、なかなかきついなって思います。最後のところで、思惑通りの風がきました。かなり体力を奪われている状況でプランB大丈夫なのかな?

 

しかも、他の選手がいないタイムトライアルでぶっちぎるって難しいような気がするんですけど、鮫島は必死で車いすをこいでいましたね。

あのチームサメジマは、相変わらず相当ダサいんですけど、モネは全力で応援していました。結果は、明日になるんですけど楽しみです。

 

プランBがうまくいって、鮫島に標準タイムを切ってほしいですね。おかえりモネ第64話の感想はここまで。おかえりモネ第65話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第65話「先生のおかげで」
おかえりモネ第14週「離れられないもの」
おかえりモネ第64話見逃し配信はコチラ
おかえりモネ公式ガイドはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です