おかえりモネ第70話(動画有)あらすじ「未来をよくするため」感想

今回は、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第70話の動画・あらすじ・感想を総まとめでお伝えしていきます。

朝ドラの動画は、YouTubeやPandoraを紹介していましたがすぐ消える。ウイルスの問題があったので、現在は安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第70話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第70話あらすじ

おかえりモネ第69話のあらすじで、耕治(内野聖陽)はモネの会社に行って朝岡(西島秀俊)と話し込みました。その様子をモネも見ていました。

おかえりモネ第70話のあらすじは、耕治が菅波(坂口健太郎)を呼ぶようにモネにいうところから始まります。おかえりモネ第70話のタイトルは「未来をよくするため」です。

耕治
病院この裏なんだろ?10分でいいから来てもらえよ。
モネ
無理だって。今、勤務中だもん。
耕治
いいから、ちょっと彼氏に顔だせって言え。

そして、菅波がやってきました。

菅波
すみません。仮眠室で寝ていました。
モネ
すみません、先生。
耕治
百音をよろしく頼みます。頑固なところはあるけど、根は素直でいい子なんで。

耕治は、頭を下げてお願います。

菅波
はい、もうそれは・・・
耕治
ああ、とっくに。いや、俺がどうこういうあれじゃないけど・・・。
菅波
いや、まだ蕎麦屋にしか・・・お父さんからどのように映っているかわかりませんが、永浦さんにもしなにかあれば、僕にできることはするつもりです。
耕治
頼みます。
菅波
はい。

翌日、仕事に行って鮫島(菅原小春)のことを朝岡と打ち合わせします。

モネ
先日は、父がながいこと下でお邪魔して。私、朝岡さんと父が話してるの聞いてしまったんです。声かけようと思ったんですが。
朝岡
そうですか。聞かれて困る話じゃないですから。8年前のことは、いつか話そうと思ったことですし。
モネ
朝岡さんがサヤカさんと初めて会ったのは、その時ですか?
朝岡
ええ。石根町の土砂災害を見に訪れた時に登米ではじめて。私がよほどひどい顔をしていたんでしょうね。登米の美しい森をみせてくれて。自然はおそろしいだけじゃないって。
モネ
サヤカさんらしい。
朝岡
前に、永浦さんに言いましたよね。自然は普段はやさしい。けど、時々こわい。それを子どもたちに伝えてほしって。私が忘れてました。災害はくりかえされる。いつか、きっと命が危うくなる。そんなことばかり伝えれば、人は疲れて動けなくなる。大事にしてきたことは、大事なんです。それを失うような忠告では、誰も行動しない。思い出したんですよ。お父さんの話を聞いて。
モネ
父の?
朝岡
私がスポーツ気象に力を入れようとおもったのは、情報の活用が大きな成功をうむとみんなに知ってもらいたかったから。気象情報は、未来をよくするためにある。
モネ
そうですよね。それをみんなに知ってもらいたいです。
朝岡
じゃあ、一緒にやりましょう。永浦さんにもみんなに伝えれる場所があるんですよ。

家に帰ったモネは、耕治に登米でもらった木の笛から葉っぱがはえていました。それをじっと見ていました。

翌日、モネが出社すると、高村と朝岡が口論のようになっていました。そこにモネが入って行って言います。

モネ
お話中すみません。
高村
なに?
モネ
中継キャスターやらせてください。前向きで誰かの役に立つ情報を届けたいと思います。よろしくお願いいたします。
朝岡
よかった。よかった。

そのころ、亀島の永浦家では耕治はテレビをつけていました。

亜哉子
おじいちゃんから聞いた。なんか、モネ良さそうな人いるんでしょ。お父さん大騒ぎするかと思ったら、いがいとすんなり受け入れたんだって。もう写真ぐらいとってきてよ。
耕治
そんな余裕なかった。けど、最後は娘をよろしく頼むって言ってきたけどな。
亜哉子
大丈夫?早とちりなんじゃない?
耕治
えっ?ちょっと待てよ。もしあの二人なんでもなかったら、あの態度まずかったな。
亜哉子
やっぱり、もう一人偵察に行かせよう。

そして、未知(蒔田彩珠)がモネの住む汐見湯を訪れました。

未知
お邪魔します。すごく迷った。
モネ
元気だった?
未知
元気だったよ~。

おかえりモネ第70話のあらすじはここまで。おかえりモネ第71話のあらすじにつづく

おかえりモネ第70話感想

おかえりモネ第70話のあらすじでは、モネが中継キャスターの仕事を受けることになりました。それも、朝岡が前向きになったことがきっかけでした。

今週は、全般を通して地元から離れられないというのがテーマになっていました。私もどっちかってと菅波や朝岡のように、危険なところから離れるべきだと思います。

 

しかし、一方で離れられない人がいるのも確かなことです。田舎の年齢層がうえの人は特にそうなんだと思います。

家を代々建てて、それを受け継いでいるから離れられない。そんな気持ちもあると思います。でも、危険から逃れることの方が重要じゃないかなって思うタイプです。

 

朝岡が話してたように、自然はおそろしいだけじゃない。でも、今の報道を見てたら、とにかく危機をあおる報道が目立ちます。

それは、新型コロナウイルスだけでなく気象情報なども同じだと思います。観測史上最大のとか、命を守る行動をってことばっかりです。

 

命を守る行動ってなにって聞かれたらよくわからない。危機を呼びかけるのはいいですが、どんな行動をすれば命を守れるのか。

そういったことをセットで伝えないとただのオオカミ少年になると思います。そんなことを今週のおかえりモネを見ていて思いました。

 

モネは、中継キャスターになることを決めましたが大丈夫かな?両親が言っていたように、テレビに出てってタイプじゃないと思います。

なので、ちょっと心配ですね。おかえりモネ第70話の感想はここまで。おかえりモネ第71話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第71話「クソ度胸」感想
おかえりモネ第15週「百音とモネ」
おかえりモネ第70話見逃し配信はコチラ
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です