おかえりモネ第78話(動画有)あらすじ「亮が抱えるもの」感想

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」第78話の動画・あらすじ・感想を総まとめでお伝えしています。

朝ドラの動画は、ずっとYouTubeやPandoraなどを紹介していましたがすぐ消える。ウイルスが入った報告を受けたことから、現在は安全なコチラだけをご案内しています。

おかえりモネ第78話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第78あらすじ

おかえりモネ第77話のあらすじで、亮ちん(永瀬廉)が汐見湯に戻ってきました。三生(前田航基)たちもやってきて、幼馴染トークに花が咲きます。

おかえりモネ第78話のあらすじは、そのつづきからはじまります。おかえりモネ第78話のタイトルは「亮が抱えるもの」です。

明日美
なんで地元で頑張ってるのがえらいみたいになるの?
三生
まあ、そうだよな。わかる。
明日美
そういう空気があるから、亮ちんこんなにしんどくなってるんじゃん。
未知
決めつけないで。確かにつらいことあると思う。だけど、そこだけ見てしんどくなるって勝手に決めつけないでほしい。亮ちん、船乗っているときいい顔してるし、市場で魚おろすときかっこいい。すごい年上の大人と話すとき対等に話しているし、しんどいだけで漁師やってない。ただ、
悠人
亮ちんと僕たちは違うもんな。
明日美
ごめん。
三生
ごめんな。俺がかっこつけて話したから変な空気になってるな。
モネ
こういう話、ずっと聞きたかった気がする。

そのころ、菅波先生は莉子(今田美桜)と内田(清水尋也)と話をしていました。

神野莉子
ありがとうございました。資料もってきてもらって、相談までさせてもらって。お休みの日だったんですよね。
菅波
いや、今日は予定がなくなってしまったので。
神野莉子
もしかして、永浦さん?大丈夫ですよ。私、鮫島さんからうっすら聞いてますので。

菅波が帰ろうとすると、そこに野坂(森田望智)がやってきました。

野坂
コーヒーいれたので、飲んでいってください。
神野莉子
永浦さんとはいつから。最初からかわいいなって思ってた感じですか?
内田
登米にいたころからですか?
菅波
登米にいたころは、全然ですが。
野坂
いいと思う。永浦さんと先生、なんか二人とも素朴で。
神野莉子
永浦さん、ここ一番のときにすっぽかすなんて、ぽいっちゃぽいけどダメだな。詰めが甘い。
菅波
今日は仕方ないです。永浦さんの地元の友人に何かあったみたいで。
野坂
気仙沼の?
菅波
はい。

シーンは、モネたちに代わります。

三生
でも、震災の話はしてなかったよな。
悠人
僕、最近会った人に地元が気仙沼って言ってない。気使われるし。
明日美
家族でも?家族だから、うちなんか全然あの時のことは話さない。
三生
うちもそうかも。いまのこの空気でもぎりだよな。亮ちん起きてたら話せない。
ごめん、起きてる。
明日美
どっから、聞いてた?
ん~今?なに、重い話?
三生
重い話。おれがまだ3年は卒業できないって話。

場面が再び菅波先生のほうにかわります。

神野莉子
永浦さんって気仙沼でおうちが漁師ってことは、やっぱり被災しているんですよね。
菅波
ええ、ご家族は無事だったって聞いています。
内田
気象予報士目指すってのも、なんとなくそれが理由かなって思ってたけど。
野坂
なかなか聞けないよね。本人から言わないかぎり。私も元々神戸だから、うち被害なかったけど子どもなりにショックだったし、防災とか災害減らしたいってのは震災があったからだと思う。
神野莉子
そういうの聞くと、なんていうんですかね。ずっと幸せだった私とかどうなのって思ってしまいます。ひたすらハッピーな生活してきた私が人に何か伝える資格とかあるのかなって。
内田
生きてきて何もなかった人なんていないでしょ。何かしらの痛みはあるでしょ。自覚しているかしてないか別にして。
野坂
そうだね。毎日笑っている人も、なんかしら痛みはあるよね。何も言わないだけかもね、みんな。
菅波
言えないですよね。相手の方が辛いんじゃないかって思って。

シーンは、またモネたちに戻ります。

重い話か。話しても地獄。話さなくても地獄。俺が話したら、みんな話せるようになるのかな。でもさ、もうできないじゃん。昔、UFO呼んだ時みたいに、みんなで丸くなって手をつないで叫ぶみたいなの。もう大人だし。心を一つにとか無理だし。結局、誰もなんも言えないし祈ってもUFOは来ない。一生、ずっとこのまま。でも、それはしょうがない。
三生
UFOは来たよ。だって、俺みたもん。だから泣いたんだよ。みんなで祈れば、叶うんだよ。俺だって、ちゃんと坊さんになるんだよ。でも、あの人たちのためになんかできるなら、それやりたいって思うだろ。俺見たし。あの時、寺に何人も運ばれてくるの。ごめんな。亮、ごめん。俺、怖いって思ってた。でも、今はお前もさみんなバラバラのところにいたって、これからだってUFO呼べるんだよ。信じてるよ。手なんかつながなかったっていい。心を一つにしなくたっていい。俺らはUFO呼べるんだよ。泣くな。
泣いてるのお前だろ。言ってること無茶苦茶だろ。
三生
俺ら、もう普通に笑おうよ。
やっぱ、食えばよかったな。オムライス。腹減った。

おかえりモネ第78話のあらすじはここまで。おかえりモネ第79話のあらすじにつづく

おかえりモネ第78話感想

おかえりモネ第78話のあらすじは、震災のことがテーマに話あいました。なんか、ちょっと感動してしまいました。

三生の魂の叫びみたいなのを感じました。三生は、震災の時にどんどん人が運ばれている様子を見て怖いって思ったんですね。

 

だから、寺を継ぐことを迷った。迷ったというより怖かったんですね。でも、そういうことって今までずっと言えなかった。

私は、震災を体験したことがないので、そういった気持ちのすべてはわかりません。でも、一番多感な時期に震災があったモネたち。

 

だから、それぞれが言いたいことも言えず、笑いたくても笑えないようになっていったのかなって思います。

大人たちもそうですよね。大人たちが笑うことができなかった。だから、子どもたちも笑えなくなったってのが正しいのかな。

 

でも、内田が言っていたように「生きていてなんもない人なんていない」これはそうだと思います。なんにもなく人生をすごしてきた人なんていない。

でも、そういうことをたっぷり考えるのが、モネたちぐらいの年代なのかもしれませんね。この震災の話はどうやって終えるのかな。

 

今後の亮ちんとモネ。そして、三生の人生がとても気になりますね。おかえりモネ第78話の感想はここまで。おかえりモネ第79話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第79話「正しいけど冷たい」
おかえりモネ第16週「若きものたち」
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第78話見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です