おかえりモネ第80話(動画有)あらすじ「菅波の動揺」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第80話の動画・あらすじ・感想を総まとめしています。最初に動画からです。

朝ドラ動画は、YouTubeやPandoraなどを案内していました。しかし、すぐ消える。ウイルスが入った報告を受けたので、現在は安全なここを紹介しています。

おかえりモネ第80話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第80あらすじ

おかえりモネ第79話のあらすじは、モネ(清原果耶)が亮(永瀬廉)の気持ちにこたえれないことを伝えました。それを聞いた、未知(蒔田彩珠)はモネに「正しいけど冷たい」と言いました。

おかえりモネ第80話のあらすじは、その続きからはじまります。おかえりモネ第80話のタイトルは「菅波の動揺」です。

龍己
殻つけ30個、むき身2キロ。これ発送明日になるんですけど。
サヤカ
大丈夫です。すみませんね。急に。知り合いが店オープンするのに、目玉が欲しいって。なにかいい食材ないかっていうから。
龍己
いいの送っておきますから。それでは。
サヤカ
龍巳さん。元気?う~ん、なんか疲れてるみたい。声が。
龍己
いや、実を言いますと今日はちょっと疲れてる。若いものたちが色々と苦しんでいて。若いっていっても50ぐらいのものもいるけど、なんだか何もしてやれねえと思ってさ。
サヤカ
私たちがやれることは、後押しするだけですよ。そうしたら、子どもたちも生きるのが楽しくなるでしょ。

そのころ、亜哉子(鈴木京香)と耕治(内野聖陽)が新次(浅野忠信)の家から帰っていました。

耕治
一人で大丈夫か?
新次
うるせえよ。亜哉子さん、すみません。ありがとうございました。
亜哉子
また来ますね。
新次
耕治、亮が帰ってきたらどうすっかちゃんと話す。

そして、東京から三生や悠人、亮、未知が地元に帰っていきます。その日から、モネは仕事をはりきってやります。

神野莉子
永浦さん、おはよう。
モネ
おはようございます。
神野莉子
私生活順調だと、仕事もやる気でるよね。

そういって、みんながモネと菅波先生のことを知っています。

 

そして、モネがコインランドリーにいると菅波先生がやってきました。

菅波
こっちにいましたか。
モネ
昨日は、本当にすみませんでした。
菅波
みなさん大丈夫でしたか。
モネ
はい。
菅波
なら良かった。
モネ
先生、今日は・・・洗濯ではないようですね。
菅波
あなたに会いにきました。座ってもいいですか。
モネ
はい。
菅波
妹さんに会って、幼馴染の彼に会って。嫉妬とかそうレベルじゃなくて。前に話してくれましたよね。あなたが妹さんに言われたこと。お姉ちゃん津波みてないもんねって。すみません。思い出させて。あなたがずっと抱えてきたこと、僕が正確に受け止められるとは思っていない。
モネ
あっ。
菅波
すみません。思い出させて。あなたがずっと抱えてきたこと、僕が正確に理解して受け止められるとは思っていない。ただ登米に行ってあなたに会って、自分が少しかわったと思っています。今なら、少しは受け止められる。いや、受け止めたい。だから、何かあれば多少は頼りにしてください。
モネ
はい。
菅波
以上です。このあと、当直なんです。
モネ
えっ、あっこれ食べてください。
菅波
いただきます。あの、僕は大学病院離れようかと思っています。登米の診療所に専念しようかと。あなたに相談しようかと思っていたんですが。

モネは、菅波先生の手を握ります。

モネ
違う。違う。先生がどこで仕事しててもそれはいいです。どこに行っても応援します。でも・・・
菅波
どうしたの?
モネ
私も言われたんです。正しいけど、冷たいって。彼は、なんでもいいから今だけでいいから助けてくれって。あたしにすがったんだと思います。でも、答えることができなくて、なのに私は先生が目の前からいなくなっちゃうの嫌だって思っています。すみません。

菅波は、そういうモネを抱きしめます。

菅波
あなたの痛みは、僕にはわかりません。でもわかりたいと思っています。

おかえりモネ第80話のあらすじはここまで。おかえりモネ第81話のあらすじにつづく

おかえりモネ第80話感想

おかえりモネ第80話のあらすじは、モネと菅波先生の関係が深まるというストーリーでした。なんか、とってもお似合いだなっておもいました。

お互い物事をはっきり言うタイプじゃない。それでいて、相手のことを気遣うやさしさを持ち合わせているので、ゆっくりだけど仲良くなってきました。

 

でも、菅波先生が大学病院からいなくなるってことは遠距離になるってことですよね。だから、モネは寂しくなったんだなって思いました。

亮ちんのことを引き合いに出すのはどうかとは思いましたが、ストレートに寂しいって言わないところがモネらしいですよね。

 

菅波先生は、モネに相談しようと思っていたけど・・・モネが亮ちんの問題で揺れていた時に、菅波一人で決めちゃったんですね。

菅波の中では、登米の診療所に専念するってことが心の中で決まっていたのかなって思います。だから、モネに相談する前に決めた。

 

でも、モネからするといきなりいなくなるのは寂しい。だから、そうとう辛そうでした。2人なら遠距離恋愛でも大丈夫だと思います。

なんとなくですが、そんな気がします。2人の関係を応援したいです。おかえりモネ第80話の感想はここまで。おかえりモネ第81話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第81話あらすじ「視聴率低下」感想
おかえりモネ第17週「わたしたちに出来ること」
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第80話見逃し配信はコチラ



3件のコメント

超高齢の私が思うに、今の若い人はもっとストレートに、恋が進行するのかと思いました。
もちろん朝ドラですから、期間も決まっているし、起承転結、ストーリーは
全部を初めに曝け出しては、視聴率にも関係してきます。
脚本家の筋運びのお上手なのに感心して毎朝楽しみに見せて頂いています。

超高齢の私が思うに、二人の恋愛は、奥床しいですね
ストーリーは脚本家の創作、フィクションですものね。全国の人が見ているんですから、気象予報士ではありませんが、視聴率も一段と上昇していると思います。もう終わりに近づきますが、一話一話、に魅せられて毎回楽しみに拝見
しています。q
ストーリーが正味何分なのでしょう。もう終わるのかと、短く感じてしまいます。二人の恋がハッピーエンドで終わりますように。

超高齢の私が思うにモネと菅波先生の恋愛は、ういういしいと言うか
奥床しいですね。
気象予報士とお医者さんが赤い糸で結ばれ、朝のドラマにふさわしい
ストーリーだと毎回楽しみにしています。
どうぞ二人の恋がはっぴーえんどで終わりますように祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です