おかえりモネ第93話(動画有)あらすじ「24年前」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第93話の動画・あらすじ・感想をまとめてお伝えいたします。

朝ドラの動画は、YouTubeやPandoraを案内していましたがウイルスが入ったとの報告があったので、現在は安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第93話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第93あらすじ

おかえりモネ第92話のあらすじで、モネ(清原果耶)は実家の突風の被害を心配して実家に帰りました。そして、戸惑う中1歩踏み出しました。

おかえりモネ第93話のあらすじでは、モネが家の中に入ったところからはじまります。おかえりモネ第93話のタイトルは「24年前」です。

耕治
今、何時だ?12時まわってる?モネの誕生日だ。ちょうど24年前、あんときあんだけ苦労して海を渡って生まれた子が橋を渡って帰ってきたよ。これすごいよ。
モネ
すごくないよ。すごくないよお父さん。私は、ただ帰ってきただけで何もしてないです。私もやります。何をすればいいですか。
亜哉子
ごめんね。ちゃんと連絡しなくて。逆に心配させてしまって。
モネ
こっちこそごめんね。

その日、三生(前田航基)は寺を継ぐと宣言をしました。

三生
なに?みんなまだ疑ってるの?本気なんです。

そういって髪の毛をはさみで切ろうとします。すると、耕治(内野聖陽)がバリカンを持ってきて頭を丸める断髪式をします。

三生
耕治さん、俺は耕治さんと違う道を行きます。親の仕事を継ぎます。
耕治
うん。そうか。よく決心したな。

そして、幼馴染たちがバリカンを少しずつ入れていきます。最後に、三生の父親がバリカンを入れてキレイな丸坊主になり、みんなが拍手します。

翌日、龍巳(藤竜也)とモネが話します。

モネ
今、海、行ってた。昨日の突風の検証したくて。
龍己
やっぱり、竜巻か?
モネ
海の上は、風の通ったあとが残らないから判断が難しいけど、壊れた牡蠣棚の位置と手前の木にも帯状の被害がのこってたから、たぶん。
龍己
なかなかのプロだな
モネ
それより牡蠣棚、だいぶ壊れてた。
龍己
たいしたことねえ。
モネ
でも祖父ちゃん。
龍己
俺は、まあそれなりに歳とったから弱ってるよ。でも、モネちゃんたいしたことねえんだよ。こいなことは。あんときに比べたら、本当にたいしたことねえ。
モネ
強いね。
龍己
強いんじゃねえ。しぶといんだな。

そして、モネは未知(蒔田彩珠)と話をします。

未知
なに、話って?なんか変だね、お姉ちゃん。帰ってきたときから。
モネ
自覚はしてる。み~ちゃん、こっちに戻ってきていいかな。
未知
どうしたの?
モネ
み~ちゃん、私、こっちに戻ってきてもいいかな。

おかえりモネ第93話のあらすじはここまで。おかえりモネ第94話のあらすじにつづく

おかえりモネ第93話感想

おかえりモネ第93話のあらすじでは、モネが実家に帰って手伝うってストーリーでしたね。また、ずっとストーリーにあった三生が寺を継ぐことを決めました。

なんか、三生が寺を継ぐって決めたのはちょっと感慨深いものがありました。ずっと、ずっとそのことを悩んでいました。

 

100年以上つづく寺を継ぐのが怖い。もっというと、震災の時にどんどん運ばれてくる死者を見て怖くなった。

それを自分の意思で、親の寺を継ぐって決めた。それは、すごい覚悟だなって思いました。今回の朝ドラのメインテーマは東日本大震災。

 

その中で、モネや三生、そして亮が悩んでいくストーリーです。そっから、どうやって立ち直っていくのか。それが脚本の方が伝えたいんだと思います。

なので、未知とモネの関係もうまくいけばいいなあって思います。そして、ずっと吹くことがなくなったトランペットをモネにもう一回吹いてほしいなって。

 

あと、亮の家がどうなるのかっていうのも気になるところです。あと1ヶ月ほどになりましたがもう少し「おかえりモネ」を楽しみたいと思います。

おちょやんより起伏が少なく、いまいちかなって思っていましたが最近面白くなってきました。菅波先生とモネがちゃんとくっついてほしい。

 

けど、この2人の関係は心配です。おかえりモネ第93話の感想はここまで。おかえりモネ第94話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第19週「島へ」
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第93話見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です