おかえりモネ第97話(動画有)あらすじ「コミュニティFM」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」第97話の動画・あらすじ・感想をまとめています。最初に動画からです。

朝ドラの動画は、YouTubeやPandoraを紹介していましたがすぐ消える。ウイルスが入ったとの報告があったので、現在は安全安心なコチラをご案内しています。

おかえりモネ第97話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第97あらすじ

おかえりモネ第96話のあらすじで、モネ(清原果耶)は東京の会社で挨拶をして明日美(恒松祐里)とも話をしました。

おかえりモネ第97話のあらすじは、その続きからはじまります。おかえりモネ第97話のタイトルは「コミュニティFM」です。

菜津
あのこれ恥ずかしいんだけど。

菜津(マイコ)はそういって、モネと菅波先生の絵をプレゼントします。

モネ
うれしい。ありがとうございます。飾ります。
菜津
あとね、これなんだけど。宇田川さんが昔書いた絵なんだけど、良かったら新しい職場に。
モネ
宇田川さんがいったんですか。ありがとうございます。お世話になりました。そこにいてくれるだけでいいって言ってくれる菜津さんに出会えてよかったです。本当にありがとうございました。
菜津
行ってらっしゃい。
モネ
行ってきます。

そして、モネは実家に帰りました。しかし、誰もいませんでした。

モネ
ただいま。お母さん、おじいちゃん。
亜哉子
ごめんごめん。今日、牡蠣棚の処分のことでおじいちゃんもめちゃって。
モネ
大丈夫なの?
亜哉子
大丈夫、大丈夫。いつものことだから。今から行かないといけないの。冷蔵庫に昼のさんまの煮つけ入っているから。

モネは、仏壇に手を合わせてさっそく動き出します。気仙沼にある海のまち市民プラザに向かいました。

悠人
モネ。案内するね。ここが市民の憩いの場ってことで。

モネは、そういって市民プラザを案内されます。

モネ
悠人くんは、ここが職場なの?
悠人
半分は、市役所にいるんだけどね。

そこに、観光課の課長・遠藤(山寺宏一)がやってきました。

遠藤
観光課兼はまらいん課の遠藤です。朝のテレビ見てましたよ。ずっと気になったんだけどコサメちゃんって、気仙沼の鮫ですよね。ヨシキリザメ?なんで、戻ってきちゃったの?
モネ
それは、今から説明します。
遠藤
あなたの町の気象予報士。悪くないんだけどね~。
モネ
観光課は、気象情報がすぐに役に立つと思うんです。けあらし観光ツアーというのを考えてみたんですけど、この風景は遠くから見にきてもいいぐらい価値あるものだと思います。
悠人
毎日じゃないもんね。
モネ
それを予測するのが気象予報士です。
遠藤
予測が外れるってこともありますよね。であれば、自治体がやることじゃないかもしれませんね。
モネ
もう少し考えてみます。
遠藤
だいぶ変わったでしょ。町。頑張ってますよ。人も町もみんな。あなたのように新しいことにチャレンジしている人もいっぱいいて。

そんな話をしているところに、気象情報の音声が流れました。

モネ
すみません。これって、どこで流れてるんですか。
遠藤
ああ、どうぞ。
悠人
はまらいん気仙沼ってコミュニティFM。課長が立上げたんですよね。課長、今でもここでパーソナリティやってるんですよね。
遠藤
細々とでも残したいから、これ見て。普段は録音した番組や再放送したの流してるの。
モネ
さっきの天気予報
遠藤
ああ、これ。AIアナウンサー。シマノミドリさんって名前つけているんだけど、気象台が流す情報を勝手に取得して、放送してくれるの。
モネ
あの私にやらせてもらえませんか?天気予報。ここから私にやらせてください。この町に特化した気象情報をお伝えできます。

そして、モネはボランティアでコミュニティFMのパーソナリティをすることになりました。翌日、小山(佃典彦)に機械の説明を受けます。

小山
あん時、頑張って作ったからここはなくしたくないんです。天気予報、助かりますよ。
モネ
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

そして、モネはしっかり気象情報を調べて本番に望みます。

モネ
こんにちは。初めまして。本日からお天気を担当します気象予報士の永浦百音です。亀島出身で、最近帰ってきました。緊張してちょっと堅苦しいですが天気予報を中心に市民の皆様に役立つ情報をお伝えします。

おかえりモネ第97話のあらすじはここまで。おかえりモネ第98話のあらすじにつづく

おかえりモネ第97話感想

おかえりモネ第97話のあらすじは、モネが島に帰ってきて活動をスタートさせるというストーリーでした。

いきなりコミュニティFMのパーソナリティをするってすごいでしすよね。確かに、AIの天気予報より人がやる方がいいとは思いますが、ボランティアってのはね。

 

せめて時給分ぐらいもらえないものなのかな。無料ではじめて、やがて人気になればなんとかなるから大丈夫なのかな。

でも、もし人気になったとしても後からお金を値上げするってのはなかなか難しいとは思います。というか、そもそもあなたの町の気象予報士ってラジオFMみたいなことなのかな。

 

モネがどんなことをイメージしているのかがいまいち、ピンときませんが今後、どんな活動をするのか楽しみですね。

ただ、島に帰ってきたことで気になるのは未知との関係かな。ここが一番心配なところです。亮とのこともあるしね。

 

今後、そのあたりのことがどんな展開をしていくのか。いよいよ「おかえりモネ」も最終章に突入です。おかえりモネ第97話の感想はここまで。おかえりモネ第98話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第98話あらすじ「キレイごと」感想
おかえりモネ第20週「気象予報士に何ができる?」
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第97話見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です