おかえりモネ第105話(動画有)あらすじ「7回忌」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の第105話の動画・あらすじ・感想を総まとめでお伝えしています。

朝ドラの動画は、YouTubeやPandoraをご案内していましたがすぐ消える。ウイルスが入ったとの報告があったので現在は安心安全なコチラを紹介しています。

おかえりモネ第105話見逃し配信はコチラ

おかえりモネ第105あらすじ

おかえりモネ第104話のあらすじで、モネ(清原果耶)は亜哉子(鈴木京香)が震災の時にどんな思いだったのか打ち明けられました。

おかえりモネ第105話のあらすじは、亜哉子が永浦家のみんなにその話をするところからはじまります。おかえりモネ第105話のタイトルは「7回忌」です。

亜哉子
あの日、あの夜、モネや未知のことを考えて学校を離れようとしました。すぐに我に返って、慌てて生徒たちの元に帰りました。あの10分間、私、自分の子どもたちのことしか考えてなかった。生徒たちは、私が思うのと同じように親御さんたちのかけがえのない子どもたちなのに。
亜哉子
それから、子どもたちを親御さんの元に帰すために頑張ったけど、10分間が頭から離れなくて教師は続けられないと思いました。でもそれも、辞めるための口実だったのかもしれない。それから1年は続けたから。でも、あのころ学校は本当に大変で。自分が辛くなっただけなのかもしれない。逃げたのかもしれない。だからね、おじいちゃん。私が教師を辞めたのは、おばあちゃんのせいじゃありまえん。
龍己
辛いことを言わせたな。
亜哉子
話せたら少しほっとしました。なので、今まで通り牡蠣のお手伝いさせてください。
龍己
はい。とりあえず、残った棚だけでやってみよう。金、なんとかなるだろ。

それから、雅代(竹下景子)の7回忌が行われました。三生(前田航基)が立派にお経を読んでくれました。

亜哉子
もう6年。
龍己
はやいもんだな。
未知
優しかったよね。いっつも。
亜哉子
ほんと、大好きだった。私ね、お父さんとの結婚真剣に考えたのおばあちゃんと会ってからなのよ。いいなあ、ここの家族になりたいなあって思って。結婚してしばらく仙台に住んだけど、なんとなく島のことが頭離れなくて。
モネ
お母さん言ってたよね。私とみ~ちゃんに好きなことしなさいって言ってた時。
亜哉子
ほんと、思い出すのは笑ってる顔ばっかり。
龍己
思い出すのが笑ってばっかりって、ファンタスティックじゃないか。会いたくなっちまったな。

翌日、モネがコミュニティFMで仕事をしようとしているとあかりがやってきました。

モネ
もしかして興味ある?気象予報士?

しかし、あかりは全然興味ないといいます。そして、やりたいことがみつからないとモネに打ち明けます。ただ高校は行こうと思ってるけど、勉強がというあかりに・・・

モネ
あっ、日曜日、時間ありますか?

そういって、モネは日曜日にあかりを亜哉子のところに連れていき勉強を一緒にします。その後、耕治(内野聖陽)は何かをはじめます。

耕治
今は、民宿や里親は難しいかもしれないけど、島の子どもたち集めて塾でもやってみたらどうだ。子どもの笑う顔は、やっぱりいいもんだ。

そういって、耕治は机を運んで組み立てます。おかえりモネ第105話のあらすじはここまで。おかえりモネ第106話のあらすじにつづく。

おかえりモネ第105話感想

おかえりモネ第105話のあらすじでは、亜哉子がなんで教師を辞めたのか。今後、どんな道に進んでいくのかが決まったストーリーでした。

やっぱり震災の時の先生って大変だなって思いました。たくさんの生徒の命を預かっていて、その子たちを無事に家に帰さなければいけない。

 

そうやって思うと、すごく大変な職業だなって思いました。亜哉子のように10分ぐらい自分の子どものことを考えても仕方ない。

だって、人間ですからね。自分の一番近くにいる人のことを心配するのは普通のことだと思います。でも、それに責任感を感じていたんですよねきっと。

 

もちろん、亜哉子が話していたように苦しいところから逃げたという側面もあるかもしれない。でも、それが悪いわけじゃないですよね。

誰でも苦しい時はあります。なので今後、子どもと携わることができればいいんじゃないかなって思いました。

 

そういったところは、耕治や龍巳はやさしいなって。亜哉子がやりたいってことを感じて民宿やるように話していた龍巳。

子どもと携わる仕事をしたいと考えて、島の子どもたちに塾でもしたらいいという耕治。どっちも亜哉子のことを考えてのことです。

 

あと、永浦家で気になるのは牡蠣をどうするのかっていうのと、未知だけになりましたね。未知は、いったいどんな道に進むのかな。

今、自分で進む道に迷ってる。だから、お姉ちゃんとしてモネがそっと進む方向をしめしてあげられればいいのかなって思ったりします。

 

モネが言うと嚙みつかれる可能性があるので、亜哉子あたりがアドバイスするのが本当は一番いいんでしょうけど。

あと、モネの菅波先生の結婚も気になるところです。おかえりモネ第105話の感想はここまで。おかえりモネ第106話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第106話「亮の船」感想
おかえりモネ第22週「風の気仙沼」
おかえりモネ公式ブック最新はコチラ
おかえりモネ第105話見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です