おかえりモネ第2週ネタバレ,あらすじ「いのちを守る仕事です」

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の第2週のネタバレ,あらすじを吹き出し、会話形式でお伝えしています。

おかえりモネ第1週のあらすじで、モネ(清原果耶)は朝岡(西島秀俊)に出会ってここに自分が求める何かがあるのではないかと感じます。

 

おかえりモネ第2週のあらすじは、モネが森林組合の本採用試験を受けたところから始まります。おかえりモネ第2週のタイトルは「いのちを守る仕事です」です。

おかえりモネ ネタバレ,あらすじ2週

ここから、おかえりモネ第2週のネタバレとあらすじになります。1話ごとにしていますので、気になるところからご覧ください。

6話(5月24日)「父の葛藤」

モネは5月に森林組合の本採用試験に晴れて合格しました。

翔洋
全問正解です。あとは、実地で覚えていけば問題ないでしょ。
サヤカ
面白くないね。知識覚えてるだけで。

サヤカにそういわれ、木工所で出た端材をつかったグッズの企画制作を任されモネは張り切ります。

モネ
頑張ります。

そこに、突然に父・耕治(内野聖陽)がモネを訪ねてやってきました。

耕治
困ります。

耕治は、モネを実家に連れて帰ろうと考えていました。

耕治
すみません。突然。
サヤカ
どうしたんですか?
耕治
娘は連れて帰ります。

そして、モネが住むサヤカ(夏木マリ)の家で2人で話をします。

モネ
なんで、お父さんはお祖父ちゃんの牡蠣漁を継がなかったの?

耕治は、初めてモネに漁師を継がなかった葛藤を打ち明けました。

耕治
お父さんは、バブルの最後の頃でね。目に見えて上がっていった。でも、水産業は目に見えて下降しているのがわかった。死ぬからね。漁師は。普通に仕事してて命を落とすこと他にないじゃない。友達の親父さんが死ぬの普通にあってな。経済とかの方が向いてると思った。
モネ
海が嫌いとか、そういうのじゃなくて。
耕治
そんなわけないだろ。モネ、一度聞きたかったんだけど、音楽のことはどう思ってる?ずっと真剣にやってきてただろ。

しかし、モネは真剣に答えずはぐらかします。

モネ
音楽は、今でも好きだよ。お父さんと同じくらいにね。お父さんだって、音楽は好きだけど趣味でしょ。仕事は、銀行員でしょ?
耕治
わかってんだけどな。
モネ
そうだ。お米とがなきゃ。

そういってモネはその場からいなくなります。

サヤカ
あんまり、突き詰めなさるな。

耕治は、モネに肝心なことはなにも聞けなかったのです。

7話(5月25日)「イキイキ働く姿」

モネ
お父さん。おはよう。サヤカさん、先に行ってますね。
耕治
今日、日曜日だろ。
モネ
今日、林間学校の人たちがくるの。
サヤカ
ちょっと、職場見学でもしにいきますか?

日曜日、林間学校の生徒を集め林業の体験学習が行われました。講師をつとめる森林組合課長・佐々木翔洋(浜野謙太)の補助をモネはつとめます。

そこで、モネが働く表情を見て耕治は複雑な思いを抱いていました。モネが家を出るといったときは、その手を離したらいけないと思っていたがモネのイキイキした姿を見るとそれが揺らぐのです。

翔洋
間伐した木も無駄にはならず、食器や小物の材料として利用できます。

モネは、12人の小学生たちに説明します。

モネ
これは、何でもできる材料です。

そういって、組手什を作ってみせます。

モネ
家具のパーツのように、アイデア次第で自由になんでも作れます。簡単に誰でも作れるので、避難所で整理棚をつくったり仮設図書館の本棚にもなってたりするんです。

その様子をサヤカと2人で見てた耕治は、いいます。

耕治
この島を離れたいって言っていた百音の顔を見たら、その手を離したらいけないのかと思っていました。でも、違っていましたね。すみません。一緒に作っていいですか。
サヤカ
はい。

見学に来ていた耕治も、見よう見まねで笛を作りました。そして、それをモネに渡しました。

耕治
さてと、亀島に帰るな。時々、それ吹いてな。お父さんのこと思い出してくれい。電話したら出てくれよ。メールでもいいから。じゃ、サヤカさんの言うことしっかり聞いてな。

すると、モネは申し訳なくなって想いを吐き出しました。

モネ
お父さん、あのね、お父さんが俺がこっちだって自分で道を決めたように、私もこっちだって自分で道を決めたい。そういうものを見つけたい。だから、ごめんなさい。
耕治
おばあちゃんの初盆には、帰ってこいよ。

その様子をサヤカは見ていました。

8話(5月26日)「みんなの役に立っている」

モネ
おはようございます。昨日は、よく眠れましたか?

耕治が帰った翌日、林間学校の実習2日目は植樹体験です。みんなで山に登ります。その途中、所々で、翔洋(浜野謙太)が説明します。

そして、間伐をする様子を実際に木を切るところを子どもたちに見せます。参加者の一人、圭介は大きく育てる木以外は切られることを知り悲しみます。

しかし、そんな圭介にモネが説明をします。

モネ
昨日、勉強したでしょ。あの木もすごく大切にされるよ。切られた木もいろんなものになって、役に立ってるのよ。

圭介は、それを聞いてただ切られるだけじゃないと安心します。そして、子供たちは樹木を植えます。しかし、山を下りる途中に雲行きが怪しくなってきました。

翔洋
今日、雨の予定じゃなかったですけど山の天気は変わりやすいから。

モネは、圭介がなにかやらかしそうと思って注意してみていました。案の定、圭介は作った竹とんぼを飛ばし追いかけて集団から離れてしまいます。

モネは圭介を連れ戻しに向かいます。すると、圭介は斜面から足を滑らせ落ちてしまいます。そして、雷がなり大雨が降りだしてしまいます。

モネ
うそ。

モネが焦ります。

9話(5月27日)「風の音」

モネ
大丈夫?

圭介が斜面から落ちた時に、足をくじいてしまいました。そのため、モネと圭介は身動きがとれなくなってしまいます。モネは、翔洋に電話します。

翔洋
永浦さんとにかく木の側を離れて。あと、2人はくっついてなくて離れて。

モネは言われた通り、離れて2人で我慢します。

 

そして、モネは朝岡(西島秀俊)のことをとっさに思いだし、名刺を取り出し電話をかけます。

モネ
山の中で、雷と大雨にあっています。この雷は、いつまで続きますか?避難の方法があったら、教えてください。

朝岡は、東京の職場からパソコンを使ってモネと圭介がいる地点を割り出し、支持をだします。

朝岡
風向きが変わり、雨足が弱くなった瞬間、避難小屋に移動するんだ。よく風の音を聞いて。木の間を通るのです。大丈夫。永浦さんならわかります。
モネ
やってみます。音が変わりました。
朝岡
おそらく、今から天候が変わります。今です。落ち着いて。

そして、モネは圭介をおんぶしてなんとか避難小屋にたどり着きます。すると、事情を知った菅波(坂口健太郎)から連絡が入ります。

菅波
10歳以下の子供は、水に濡れると体温が下がりやすく、冷えた状態で深部体温が35度以下になると呼吸が弱くなって、心停止することもあります。非常に危険ですので、体を温めてください。

モネは濡れてるものを脱がせて圭介の体温をなんとか上げるように、ストーブで温めます。

モネ
圭介くん起きて。
菅波
意識を回復させてください。
モネ
圭介くん。

10話(5月28日)「命を守る仕事」

モネの懸命な声かけで圭介は、目を覚まします。体温を温めたおかげでした。

モネ
意識を回復しました。でも、震えています。
菅波
意識が回復したなら大丈夫です。

やがて、雨があがりモネと圭介は無事救出されました。

サヤカ
無事でよかった。
モネ
でも、危なかった。
サヤカ
本当だね。

モネは、圭介の父親から「お世話になりました。あなたのおかげで助かった。」とお礼を言われます。しかし、菅波から厳しく言われます。

菅波
真に受けちゃダメですよ。あなたのおかげで助かりましたというのとは、真逆です。知り合いの気象予報士と知り合いの医者の知識と判断に助けられただけです。森林組合のガイドで働くなら、あなたが半人前かどうかは関係ない。ちゃんと、プロになってください。それで、何か見つけたいってここでいうのは失礼です。

モネは、そういわれ一言も言い返すことはできませんでした。その日の夜、朝岡から電話がかかってきました。その日の天気とその様子を正確に判断するためでした。

朝岡
自然相手ですから、絶対はない。でも、少しでも確からしい情報が得られれば人間は動けます。気象は、面白いですよ。全部、空と水でつながっていて。永浦さんは、海で育って山のことも知ろうとしている。だったら、空も知るべきです。よかったら勉強してみてください。
モネ
はい。

モネは、いつの間にか気象予報士の仕事に興味を持つようになっていました。本屋で、気象予報士試験の本を手に取ると、難関で合格率5%とあります。

そして、「命を守る仕事」と書かれていたことに心が明るくなります。おかえりモネ第2週のネタバレ,あらすじはここまで。おかえりモネ第3週のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第3週ネタバレ,あらすじ
おかえりモネ見逃し配信はコチラ
おかえりモネあらすじ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です