おかえりモネ第3週ネタバレ,あらすじ「故郷(ふるさと)の海へ」

このページは、NHKの朝ドラ「おかえりモネ」の第3週のネタバレ,あらすじを吹き出し会話方式でお伝えしています。

おかえりモネ第2週のあらすじで、モネ(清原果耶)は気象予報士の仕事に興味・関心を抱き始めていました。

 

おかえりモネ第3週のあらすじは、モネが気象予報士の勉強を始めるために本を買ったところから始まります。おかえりモネ第3週のタイトルは「故郷(ふるさと)の海へ」です。

おかえりモネ ネタバレ,あらすじ3週

ここからは、おかえりモネ第3週のネタバレ,あらすじを見ていきます。1話ごとにしていますので、気になるところをご覧ください。

11話(5月31日)「ただいま」

モネは、仕事の帰りに林業にかんする本と気象予報士の本を買いました。

モネ
図書館で借りればよかったかな。

そう言いながら家に帰って勉強をスタートさせます。しかし、「海風」という言葉一つでも難しい。

モネ
う~。

モネは、頭をかきむしりながら勉強をします。それと同時に、木と空の写真を自分でとり部屋に貼っていきました。

夏になり、空には入道雲がもくもくと現れています。外を見上げるモネにサヤカ(夏木マリ)は聞きます。

サヤカ
初任給か。よかったね。
モネ
それで、家賃とか食費とかいくら払えばいいですか。
サヤカ
3万だな。
モネ
安すぎないですか。
サヤカ
けじめとしてお盆休み、実家に帰りなさい。初盆なんでしょ。

モネは帰る予定はありませんでしたが、そういわれると帰りたくなります。

 

8月13日の早朝、大量のお土産を買って亀島に向かいました。荷物の中には、気象予報士試験の本もありました。途中、船を降りたら妹と父に会いました。

未知
おねえちゃん、おかえり。
耕治
おかえり。
モネ
ただいま。
耕治
今日は早く帰ってくっから。

2人とはそういって別れます。

モネ
ああ~。海だ。

浮かない気分で帰ってきたモネでしたが、久しぶりに見た海にほっとします。

 

亜哉子
おかえり。
龍己
おかえり。

モネを家族みんなは、笑顔で迎え入れてくれました。そして、居間にある仏壇に手を合わせました。

モネ
ただいま。おばあちゃん。

12話(6月1日)「初盆」

今年のお盆は、おばあちゃんの雅代(竹下景子)の初盆でした。お土産をもって帰りました。

亜哉子
こんなにたくさん。登米って食べ物おいしいね。こんなにたくさんは、民宿やってる時いらいね。
モネ
今日、お客さんが多いとおばあちゃん喜ぶね。

そして、龍巳(藤竜也)に呼ばれてモネが行くと作っていたものの木が折れます。

モネ
おじいちゃん、ちょっと待ってて。

モネは、そういってもって帰ってきた木をだします。

龍己
ちょこっと貸せ。

そういって木をのこぎりで切ります。龍巳は、おばあちゃんのための祭壇を作りあげて遺影やお供えを置きます。

 

夕方、未知(蒔田彩珠)が帰ってくると、そこに幼馴染たちが続々とやってきました。野村明日美(恒松祐里)、及川亮(永瀬廉)、早坂悠人(髙田彪我)たちです。

寺の住職によって、お経が読まれ焼香をあげます。その後みなで精進料理を食べます。耕治(内野聖陽)は、本土と島に橋ができたことを喜びます。

耕治
モネが生まれた時は、橋がなくてな。嵐の中、船を出すしかかなった。そん時に助けてくれたのが亮の父・新次だ。

モネはこの話を何度も島の人から聞かされていました。そのたびに、モネはいいます。

モネ
また、その話だ。島のみなさんには、めちゃくちゃ感謝ています。ありがとうございます。

そして、話題は同級生の話になります。明日美と亮が付き合っていたことを知って、モネは驚きました。

モネ
てっきり、小学3年生のときから付き合ってると思ってた。
悠人
モネは、時々天然だな。
明日美
高2、おととしの夏。一瞬だけど。
悠人
俺は、彼女ができました。

そういって、その日は幼馴染同士で盛り上げりました。その日の夜、空の写真をとっていると、もう一人の幼馴染である三生(前田航基)が遅れてやってきました。

13話(6月2日)「懐かしい話」

モネがこっそりと三生を部屋の中に入れます。そして、幼馴染全員にラインで三生が来ていることを打ち明けます。

悠人
三生?
三生
よっ
明日美
よっ、じゃねえよ。なにそのかっこう。

三生は、寺の後を継ぐために仏教の学校に行っていましたが・・・

三生
俺は、坊さんにはなんねえ

そういって、バンド活動を仙台でしていました。そのため、金髪にピアスをしていました。

三生
仙台の学校行ってわかったんだよ。俺には、自由がねえって。
悠人
でもさ、三生の学校って、お寺の跡取りばっかりでしょ?
三生
みんながみんな、そうじゃねえよ。
明日美
嫌なら、辞めればってわけにはいかないか。で、そのかっこうは?
三生
音楽やってる。
悠人
で、楽器は?
三生
ギター。
悠人
ベタだな?
モネ
それなら、大学いきながらでも出来るじゃん。
モネ、正論いうと逃げ場なくなるから。
三生
モネは楽器を吹いてないの?
モネ
吹いてないよ。なんで?
三生
だって、あるから。

そういって、モネの幼馴染のメンバーは、全員中学時代、吹奏楽をしていた話になります。

亮がトランペット、三生がトロンボーン、明日美はフルート、悠人はユーフォニアム、モネはアルトサックス、未知はクラリネットです。

 

みんなが懐かしい話をしているところに、耕治がやってきました。

耕治
あっプレートが落ちたみたい。みんな元気?三生?なんだその恰好?お父さん知ってるんじゃないか?なんとなく、知ってる感じしたぞ。気持ちはわかる。俺も他にやりたいことあったし、今の三生とまったく同じだった。漁師嫌いじゃないだ。嫌いじゃないんだけど、あそこまでやれるかな。親の仕事やるなら、超えなきゃいかねえ。

しかし、耕治は家業を継ぐことに悩んでいる三生に理解を示しました。

三生
俺には、自由にはないんです。今時、職業選択の自由がないなんて、ありえないんですよ。もう言います。
耕治
いえ。家業を継がないパイオニアとして、俺はお前を全面的に後押しする。

そして、やがて話はモネたちがみんな一緒にやってた音楽のビデオを見せます。そこには、幼馴染全員が映っていました。そして、幼馴染全員モネの家に泊まることになります。

亮(永瀬廉)が泊まることを親に連絡するため、亜哉子(鈴木京香)は電話をしました。

亜哉子
もしもし、すみません。亮くん一晩、うちでお預かりしていいでしょうか。
新次
社会人になった男ですよ。自分で、好きにさせればいい。いやいや、亜哉子さん相変わらず丁寧で。
亜哉子
新次さん、元気ですか?
新次
元気ですよ。

耕治と亜哉子、そして新次がお互いが何かを抱えている様子で電話を切りました。

14話(6月3日)「東日本大震災直前」

モネと明日美は、男子や未知がみんなが寝た後に話をします。襖の向こうには、男子っちがいあるのでそれを意識しながら話します。

明日美
でも、やばい。亮ちん。久しぶりに会ったら、やっぱりかっけえ。色気だだもれだよ。

明日美は、亮に対する想いを再燃させていました。

モネ
じゃあ、また告白するの?
明日美
いやいや。大学出たらこっち帰ってこないかもしれないし。登米の仕事は、どう?

モネは、それに対して気象予報士の存在をぼかして話します。

モネ
最近、ちょっとおもしろそうなもの見つけた。

そう少しだけ話しました。

明日美
モネは、なんで音楽辞めちゃったの?

モネは、明日美の質問に寝たふりをして答えませんでした。モネは、幼い時から耕治の影響で音楽を楽しんでいました。

耕治
天才じゃないがか?

耕治が目を見張るほどの才能を発揮します。そして、中学3年の時に音楽コースのある仙台の高校を受験します。

2011年3月11日、仙台の高校の合格発表を見に行った帰り、モネは耕治にジャズクラブに連れていってもらいます。

モネ
お父さんいつ来てたの?
耕治
学生の時だよ。

そして、帰ろうとしたその時です。プロの演奏が始まります。モネは釘付けになってしまいます。

モネ
見ていっていい?

モネがどんどん演奏にのめりこんでいきました。

15話(6月4日)「海風」

その時、大きな地震がきたのです。東日本大震災です。3月11日、午後10時。モネは車で地震の様子を聞いていました。そのころには、もう島に渡れる船がありませんでした。

耕治
あそこから見えるみたいだ。行こう。

耕治とモネが島を見ると島が地震で燃えていました。数日後、モネと耕治は島に戻ってきました。島には、救助ヘリが飛んでいました。モネは慌てて学校に行きます。

 

未知や幼馴染たちは給食室にいました。みなが呆然としています。

未知
お姉ちゃん。
モネ
みーちゃん、良かった。良かったみーちゃん。お父さんと島に戻った。無事だから。良かった。大変だったね。寒かったでしょ。
未知
ごめんね。
モネ
おばあちゃんは?

何も言えない未知を見て、亮が言います。

おばあちゃん、体育館いるよ。

未知は、恐怖で涙が止まりませんでした。モネは、いなかった自分を悔やみ未知を抱きしめます。モネは、このときに島にいなかったことを未だに思い悩んでいました。

東日本大震災のことを思い出して寝られなくなったモネ。縁側で波の音を聞いていると、亮がみんなを誘います。

起きてるの?じゃあ、浜いかない?

朝日が昇り始めたその時、モネ、亮、明日美、悠人、三生、未知が浜に集まりました。

明日美
海、ほんとキレイ。

そして、三生が亀つくったり、明日美たちはお城をつくったりしました。

海風、回ってきたな。

モネは心の中で、どっかで聞いた言葉だと・・・なんだっけと思っていました。

この分だと雲は多いけど、一日降らないかな。
モネ
うわ。海風?

本で読んで、なんのことかわからなかったものが、これだと気づいたのです。

モネ
でも、なんで亮は雨が降らないと分かるの?
漁師は、風向きと天気は必須だから。龍巳さんもそうでしょ?

モネは、海と山と空を見渡しました。すると、海から風がまっすぐに吹いてきました。おかえりモネ第3週のネタバレ,あらすじはここまで。おかえりモネ第4週のネタバレ,あらすじにつづく

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第4週ネタバレ,あらすじ
おかえりモネあらすじ,キャスト総まとめ
おかえりモネ見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です