おかえりモネ第4週ネタバレ,あらすじ「みーちゃんとカキ」

このぺーじは、NHKの朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「おかえりモネ」の第4週のネタバレ,あらすじを会話形式、吹き出し方式でお伝えしています。

おかえりモネ第3週のあらすじで、モネ(清原果耶)は幼馴染たちと一緒にすごし、その中で勉強していた海風という言葉の意味を実際に理解しました。

 

おかえりモネ第4週のあらすじは、龍巳(藤竜也)の牡蠣の養殖をしているところで、未知(蒔田彩珠)がしている研究しているところから始まります。おかえりモネ第4週のタイトルは「みーちゃんとカキ」です。

おかえりモネ ネタバレ,あらすじ4週

ここからは、おかえりモネ第4週のネタバレ,あらすじを吹き出しでお伝えしていきます。1話ごとに区切っていますので、好きなところからご覧ください。

16話(6月7日)「種牡蠣」

幼馴染たちが海から帰って、三生(前田航基)だけが残ってモネの家に泊まることになります。しかし、そのことに耕治(内野聖陽)が怒ります。

耕治
金髪ピアス男に、居座られてたまるか。働け

そういって、三生はモネの家に住ませるかわりに龍巳(藤竜也)の仕事を手伝わされます。

 

龍巳がやってる牡蠣の養殖は、獲ることよりも育てることを重点に置いているので、手間暇がかかります。それは、農業をするのと同じです。

龍巳の後を継ごうと思っている未知は、その作業場の一角にスペースをもらって牡蠣の地場採苗、牡蠣を赤ちゃんから育てる自由研究をしていました。

未知
自分のところで種牡蠣が作れれば、牡蠣が消えてなくなるってことはないでしょ。

未知が真剣に話す姿に、モネは圧倒されました。

未知
ごめん。お昼、後で食べるって言っといて。
モネ
み~ちゃん頑張って。

そして、未知は水槽に牡蠣の赤ちゃんが増えていることに気づきます。

未知
おじいちゃん、ちょっと来て。
龍己
いるな。

牡蠣の養殖は、それをホタテの貝殻をつなげた原盤にくっつけて育てて、種牡蠣にします。問題は、その原盤を海に入れるタイミングです。

未知
パソコンの気象データによると来週。やっぱ来週がいいかな。

でも、ずっと漁師としてやってきてる龍巳の判断は異なりました。

龍己
今日だ。

未知は、どちらの判断が正しいのかわからずに悩んでいました。

龍己
それは、自分で決めろ。
未知
わかった。今日、今日やる。原盤入れる。
龍己
よっしゃ、三生手伝え。軽トラまわしてくる。

17話(6月8日)「木に詳しい龍巳」

亜哉子
ねえ、このお弁当箱めんこいね。
モネ
はじめてお給料もらったから。

そして、耕治が作った笛を見せます。

亜哉子
なにこれ。

モネは笛ふきます。

亜哉子
ひどい音ね。
モネ
お父さんが作ったの。

三生は、海を見ながら自分の不安をモネに話します。モネは、三生に本音で話します。

モネ
ただ、島から離れたかっただけだから。

そこに、耕治(内野聖陽)がやってきてモネと居候している三生のためにバーベキューをしてくれることになります。

薪として積まれている木を見て、モネは次々と木の種類を言い当てていきます。

モネ
これがスギ、これがクヌギ。そしてこれが・・・

モネが山で生活していくうえで身に着けてきたものです。

龍己
あたり。このクヌギっていうのは、薪としては高級品だよ。

しかし、モネと同様に龍巳も木に詳しかった。

モネ
なんで、お祖父ちゃんも木に詳しいの?
龍己
昔からの船乗りは、みな気にくわしがったんだ。あの頃は、船も漁具も櫓も、釣り竿もみんな木でできでだ。だから、いい山主を探してずっと仲良くしでたんだ。

山主と言えば、サヤカ(夏木マリ)です。

龍己
明日、雨かもしれねえな。

モネは、龍巳と未知、サヤカと一緒に山に入ったときのことを思いだしていました。そして、サヤカが森の葉を流したことを思いだします。

サヤカ
大丈夫。あれは、あなただちのところにいぐんだ。

耕治がバーベキューします。

耕治
そりゃ、食え。
三生
うめえ。

そういって、三生は泣きます。

耕治
そうか。泣くほどうめえか。

翌朝、龍巳は未知に言います。

龍己
み~ちゃん、原盤早めに引き上げた方がいいよ。天気は下り坂だ。

そして、耕治は三生にちゃんと親と話すように言いました。その後、雨が降り出しました。

龍己
み~ちゃん。引き上げるぞ。
未知
待ってよ。自分で決めろって言ったのおじいちゃんじゃない。私が決める

18話(6月9日)「高校生の自由研究」

龍己
勝手にしろ。
亜哉子
勝手にしろって言ったって、未知一人で原盤上げられないんだから。

亜哉子(鈴木京香)は耕治(内野聖陽)に電話しますが、新次(浅野忠信)といたのですぐに電話を切ります。

新次
あれもう吹いてねえのか?もったいないよ
耕治
もったいないのは、そっちだよ。才能の塊なのに。

 

その日、龍巳は大雨の中で、未知の研究所の原盤を一人でとろうとして、よろけて足を捻挫しました。

亜哉子
お祖父ちゃんが仕事できなくなったら誰が漁業するの。

亜哉子(鈴木京香)は、そういって未知を注意します。

龍己
そないに言わなくても、わしが失敗しただけじゃ。たかが、高校生の自由研究です。
未知
地場採業は、今はどこもやってる。実現させなきゃいけないと思ってる。高校生の自由研究とかってバカにしないでよ。本気で一緒にやってよ。

未知は、自分なりに家業のことを考えていたのにバカにされたので、怒りました。

耕治
悪かった。未知がやってるのは自由研究じゃないってことはわかってる。でも、この3年やっと立て直そうとしてる。でも、まだぎりぎりなんだよ。流されたもん全部戻そうと思ったらお父さんの給料で取り戻すこともできない。今、未知の夢まで見れる余裕はない。
未知
さすが銀行員だね。お金で論理だてて、反対する。亮ちんの家もあんなに大変だったのに。お金が正義だもんね。
亜哉子
いい加減にしないさい。

未知が激怒したことで、家族の空気が凍りつきます。そこで、モネは耕治からもらった笛を「ピー」っと吹き、その場はなんとか落ち着きます。

未知
ごめんなさい。

しかし、ギクシャクした状況は、ぬぐえません。その夜、モネは泣きそうになりながら月の写真をとりました。

19話(6月10日)「父の背中」

亜哉子
昨日は、ありがとうね。未知はちょっと柔らかさが足りないというか私に似たのかね~。一人でこの道背負ってたつんだみたいな・・・意地になってるみたいで。
モネ
頑張ってんだよ。
亜哉子
そうね。

耕治が新聞を取りに行くと三生が再びやってきました。

亜哉子
子どもが大きくなるとバーベキューみたいなのしなくなるよね。また、ああいう子どもの顔みたいよね。
未知
じゃあ、また学校の先生に戻れば?
亜哉子
学校は、一度辞めたら戻るの難しいの。
モネ
喧嘩でもしたの?
亜哉子
おばあちゃんの介護で忙しくなってね。

そして、耕治が三生に言います。

耕治
自分の親父の仕事見るのも悪くねえぞ。

8月16日、お盆の最終日、永浦家では盆船奉納を行うために浜にでました。盆船が焼かれる間、三生の父・秀水(千葉哲也)が般若心経を唱えます。

三生は、耕治に言われて秀水がお経を唱えているところを覗いて、仙台に帰っていきました。モネは、三生をおいかけます。

耕治
帰るのか?
三生
はい。寺継ぐかどうかは、わかりませんがとりあえず大学戻ります。
耕治
重いよな。親父が人生かけてる十字架背負うのは。でも、選ぶのはお前だ。頑張れ。

その様子をモネは影から見ていました。

 

そのころ、新次は酔っぱらって警察沙汰になっているところを亮が連れて帰っていました。

20話(6月11日)「全部つながってる」

ひきあげた牡蠣を見た未知は、モネに言います。

未知
じいちゃん喜ぶと思ったんだけどな。

その後、永浦家で行われた漁協の集まりで養殖の漁師たちが集まります。しかし、その漁師たちは、種牡蠣つくりを否定します。頭にきたモネは、その漁師たちにいいます。

モネ
種牡蠣買うのに300万円もかかっていますよね。可能性は、ゼロじゃない。みーちゃんは、本気で出来ると信じて頑張っています。そういう、みーちゃんを私はすごいと思います。

未知は、モネのその言葉に背中をおされます。

未知
私は、地場採苗を諦めたわけじゃない。絶対成功させるんだから。

それを聞いて、龍巳は嬉しそうに言います。

龍己
俺が死ぬまでに実現させてくれたらな。

龍巳は、冗談ぽくいいましたが内心は、喜んでいました。

 

その日の夜、モネは登米に帰る支度をしていました。未知がその際に、荷物の中に気象予報士の本があることに気づきます。

未知
なになに、お姉ちゃん気象予報士とか目指すの?
モネ
ちがう。えっと、たまたま。山の仕事にも役立つかなって。

未知は天気に興味をもつ姉を不思議がります。

モネ
天気が未来がわかるから。登米で、10分後の天気をピタッとあてた人に出会ったの。先のことがわかれば、人助けができるかもしれない。

モネはつぶやきました。それを聞いて、未知はハッっとします。

未知
わたしのせい?
モネ
えっ?

二人の頭の中には、東北大震災が浮かびあがっていました。その時に、モネは未知に言われていました。

未知
姉ちゃん、あの時の津波見てないから。

未知は、その時の自分のせいだと思っていたのです。

 

モネは登米に帰る前に、龍巳にどうしても聞いてみたくなったことがあったので聞きます。

モネ
サヤカさんのところってここから遠いよね。お祖父ちゃん、どうして登米に木を植えていたの?
龍己
山がで育った葉が川を流れ、海に流れ牡蠣の栄養になるんじゃ。うちの牡蠣の生まれはどこじゃい。
モネ
石巻

モネは、仕組みを知りサヤカが葉っぱを流していたことを思いだします。一見関係のないことが、つながっている。モネはそれがうれしくなりました。

モネ
おじいちゃん、もしね、もし私が天気のごと勉強したら、おじいちゃんの仕事や未知の研究の役にたったりするのかな?誰かの役に立てるかな?
龍己
漁業は、ギャンブル。一発勝負するときは、あんたに相談する。

モネは、ずっとつかめそうでつかめなかった何かを実家に帰って実感したのです。

 

そして、登米に行くお土産に牡蠣をもってかえります。

亜哉子
まだまだ、私も頑張るからモネも頑張って。行ってらっしゃい。
モネ
うん。行ってきます。

登米に行く途中にモネは実感します。

モネ
海も、山も、空も、全部つながってる。

おかえりモネ第4週のネタバレ,あらすじはここまで。おかえりモネ第5週のネタバレ,あらすじにつづく。

あなたにおススメのページ

おかえりモネ第5週ネタバレ,あらすじ
おかえりモネあらすじ,キャスト総まとめ
おかえりモネ見逃し配信はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です