おちょやん第101話(動画有)あらすじ「花車当郎が千代を」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」第101話の動画・あらすじ・感想を全部まとめてお伝えしています。最初は動画です。

動画は、以前はYouTubeやPandoraを案内していましたが、ウイルスが入ったと報告ことがあったので、安全安心なこちらを紹介しています。

おちょやん第101話見逃し配信はコチラ

おちょやん第101話あらすじ

おちょやん第100話のあらすじで、寛治(前田旺志朗)が家に帰ると、千代(杉咲花)はいなくなり道頓堀から姿を消しました。

おちょやん第101話のあらすじは、千代が道頓堀から姿を消して1年が経過したあとから始まります。おちょやん第101話のタイトルは「花車当郎が千代を」です。

 

昭和26年2月、千代が道頓堀からいなくなって、1年の月日が流れました。シズ(篠原涼子)は満月を見上げていました。そのころ、千代もまたガラス玉をかざして月を見ていました。

熊田
どや、来月の芝居
一平
客足は、悪いままですわ。

千代と一平の噂が広まってしまったため、客足が遠のいたのです。そして、一平が帰った後に寛治(前田旺志朗)が熊田(西川忠志)に聞きます。

寛治
熊田さん、あれから千代さんのことなにかわかりましたか?
熊田
どっかで、芝居やっていたらわかりそうなんやけどな。

一平は、灯子(小西はる)と赤ちゃんと暮らしていました。

 

そのころ、NHK大阪の一室でラジオドラマの企画が立ち上がっていました。脚本家・長澤(生瀬勝久)は箕輪悦子の出演を確認していました。

そこに、花車当郎(塚地武雅)がやってきます。

花車当郎
遅くなってしもて、ほんますんません。先生、本読ませてもらいました。まあ、やりがいありますな。
長澤
よかった。当郎君にそない言うてもろて、ほっとしました。箕輪悦子との掛け合い、今から楽しみや。
花車当郎
箕輪悦子?僕は反対ですわ。相手役は、別の人がええってお願いしてましたんやけどな。どういうことですか?
長澤
誰ですか?別の人って?
花車当郎
喜劇女優の竹井千代さんです。

長澤も千代のことを噂では、知っていました。NHKの職員は、千代の行方不明になっているから箕輪悦子でと言っても、当郎は言います。

花車当郎
探してんか。行方不明いうたかて、まだ引退したいうわけやないんやろ。探してください。確かに、箕輪悦子はええ役者やと思います。知名度かて上や。けど、それがアカンのだす。箕輪悦子は、なんちゅうか女優すぎますのや。先生が書きはった「お父さんはお人よし」は、もっと普通の人や。僕も含めて、身近などこにでもいてる人がやるべきなんや。竹井千代いう人には、そういう親しみがあるんだす。僕は、彼女のことがずっと気になってるんだすわ。僕は、竹井千代とやりたいんですわ。
長澤
君の考えはようわかった。せやけど、私も妥協するつもりはない。戦争で失われた家族の団らんを取り戻したい。一人でも多くに聞いてもらいたい。そのためには、ちょっとでも知名度がある女優を使うのは当然やろ。

話は、まとまらず話し合いは終わります。そして、NHKの職員は千代ではなく箕輪悦子でいこうとします。千代の居場所がわかったけど、見つからなかったことにするという。

それから、3日後です。

花車当郎
どないですか?竹井千代の居場所見つかりましたか?

NHKは、見つからなかったと言い箕輪悦子でいこうと説得します。すると、長澤が口を開きました。

長澤
彼女のことをよう知らんまま、反対するのもと不公平や思って竹井千代のこと聞いてきた。長年連れ添った天海天海と若い劇団員の間に子供ができて、離縁したいうのはホンマの話や。彼女を知る人は、みなこない言うてた。そないなことで死ぬのやったら、彼女はもう10回は死んでるって。どないな人生やったんや。私も竹井千代に会ってみたなった。そういうことやから、もうちょっとだけ彼女を探してみてくれなんやろか。

そのころ、千代はなぜか栗子(宮澤エマ)と小さな子供と暮らしていました。

千代
ほな、栗子さん行ってきます。

おちょやん第101話のあらすじはここまで。おちょやん第102話のあらすじにつづく。

おちょやん第102話感想

おちょやん第102話のあらすじでは、千代が道頓堀からいなくなって1年が経過したところでした。千代は、なぜか栗子と子供と暮らしていました。

おちょやん102話のあらすじでは、花車当郎が千代と一緒に仕事をやりたいとNHKにいうというところが多かったです。

 

当郎からすると、あの防空壕での掛け合いがよほど楽しかったんでしょうね。だから、どうしても相手役に千代がいいと。

でも、その千代は行方不明の状況です。なので、NHKが脚本家の長澤が押す箕輪悦子ですすめていくのも納得できます。

 

ただ、千代が京都にいてるって知っているのに、会いに行かずに箕輪悦子で押し切ろうとしたのはアカンなあって思いました。

長澤が道頓堀で、千代のことを調べてくれなかったらそのままになってしまっていました。でも、長澤を千代に興味を持っていました。

 

確かに、千代の波瀾万丈の人生は人を引き付けるなにかがあるとは思います。なので、長澤も会ってみたいとなりました。

でも、どうなんかな。千代は栗子と生活しているし、謎の子供もいてる。役者をもう一度やるなら、チャンスは他にもあったと思うんですけど・・・。

 

やってないんですよね。栗子と千代がなぜ一緒に暮らしているのか。あの子供は、何者なのか。気になりますね。おちょやん第101話の感想はここまで。おちょやん第102話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おちょやん第102話「竹井千代ではありません」
おちょやん第21週のネタバレ,あらすじはコチラ
おちょやんの公式ガイド2はコチラ
千代のモデル浪花千栄子の人生はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です