おちょやん第113話(動画有)あらすじ「春子の夢」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」の第113話の動画・あらすじ・感想を総まとめして伝えています。最初は、動画からです。

動画は、YouTubeやPandoraを主に紹介していましたが、ウイルスが入った方がいたので現在は、コチラの安全安心なものをご案内しています。

おちょやん第113話見逃し配信はコチラ

おちょやん第113話あらすじ

おちょやん第112話のあらすじで、千代(杉咲花)と春子(毎田暖乃)は岡福に行き、歓迎されました。そして、岡福に新喜劇のメンバーもやってきました。

おちょやん第113話は、その続きからはじまります。おちょやん113話のタイトルは「春子の夢」です。

 

新喜劇のメンバーと別れた後、寛治(前田旺志朗)だけ最後に残ります。

千代
鶴亀の芝居やるか、やらへんか。誰も聞かへんかったなあ。
寛治
みんなこうして会えただけで、十分うれしいんです。桂春団治は、素晴らしい芝居です。一平さんは、身を削る思いで書きはった。子どものため、灯子さんのため、新喜劇のため。そして、千代さんのために。僕はいつか、喜劇人として一平さんを超えます。千代さんには、聞いてもらいたかった。

そして、部屋で春子と話します。

千代
旦さんに勉強教えてもらったらしいな。よかったな。
春子
せやけど、やっぱり算数苦手や。
千代
あんた、看護婦さんになりたかったんやな。なんで、無理やと思うの?
春子
算数や理科がなんぼ頑張っても、いっこもできひえん。無理なもんは、無理や。やってアカンのやったら、ハナからやらへん方がマシや。

千代は、そんな春子を心配してみつめます。そして、春子が寝た後に千代は桂春団治の脚本を読みます。

宗助
今日、帰ってしまうのか?もっとゆっくりしていったらええのに。
千代
おおきに、旦さん。せやけど、明日は「お父さんはお人よし」の読み合わせもあるし、春子の学校もあるし。
シズ
また、いつでも来ますのやで。
宗助
助が必要なときは、いつでも言いますのやで。それは、甘えるのとは違うんやで。
千代
さっそくお願いがありますのやけど、夕方まで春子お願いしてもよろしいか。
シズ
かめへんけど、ちょっこと野暮用だす。

そういって、千代は熊田(西川忠志)に電話をかけました。そして、千代がどこかに行きかけた時に、みつえ(東野絢香)が声をかけます。

みつえ
千代、おはようお帰り。
千代
おおきに。行ってきます。

千代が向かった先は、一平(成田凌)のところでした。2人は、一平の家に行きます。一平と灯子(小西はる)が千代に頭を下げます。

千代
顔、上げておくれやす。うん。よし。だんない。大丈夫や。ちょっと、怖かったんだす。あんたらに会ってしもたら、あの時みたいにお芝居できへんようになりそうで。やっとのことでラジオドラマに出て、昔のことはみんな忘れよと自分に言い聞かせた。せやけど、うちは道頓堀が大好きだす。道頓堀で芝居したい。今回の鶴亀新喜劇のお誘い、引き受けさせてもらいます。うちな、テルヲの血を引いた姪を養子に迎えましたんや。うちの喜劇を娘に見せたいんだす。
一平
たとえ一日でも、やるからには手は抜けんで。
千代
望むところだす。

そして、千代は泣いている一平と灯子の子供を見て言います。

千代
うちも負けてられへん。強いお母ちゃんにならなければ。

おちょやん第113話のあらすじはここまで。おちょやん第114話のあらすじにつづく

 

次の朝ドラは、清原果耶さんがヒロインの「おかえりモネ」です。東北大震災の後から人の役に立ちたいという気持ちをもって気象予報士になる物語です。

おちょやん第113話感想

おちょやん第113話のあらすじは、千代が一平と灯子に会いに行くというストーリーでしたね。すごく緊迫した雰囲気が印象的でした。

鶴亀新喜劇の舞台に立つためには、どうしても一平は避けては通れない。だから、千代は春子をお願いして・・・あえて灯子がいる家に行ったのだと思います。

 

おちょやんの放送が終わった後に、あさイチでいとうあさこさんも言っていましたが、千代がいなくなってから何年もたってるような気がしていました。

でも、実際には2、3年というところなんですよね。一平の子供が赤ちゃんのように泣いていましたから。千代は怖かったんですね。

 

また、芝居できへんようになるのが。前みたいになるのが。それをほぐしてくれたのがラジオドラマで、新喜劇の舞台に立てば完全復活ですね。

あとは、春子が前向きに夢のために頑張ってくれたらって、千代は感じているんだと思います。そのために、千代は新喜劇の舞台に上がりたい。

 

そんな気持ちが大きいんじゃないかと思います。自分のことよりも、人のため。千代らしいですよね。上がって、下がっての泣き笑いのエピソードもあと2回、楽しみたいと思います。

次の朝ドラは、清原果耶さんがヒロインの「おかえりモネ」です。東北大震災の後から人の役に立ちたいという気持ちをもって気象予報士になる物語です。

あなたにおススメのページ

おちょやん第114話あらすじ「魔法の薬」
おかえりモネあらすじキャスト総まとめ
千代のモデル浪花千栄子の人生はコチラ
おちょやんの公式ガイド2はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です