おちょやん第109話(動画有)あらすじ「千代の元に家出」感想

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「おちょやん」の第109話の動画・あらすじ・感想をまとめています。まずは、動画から。

動画は、YouTubeやPandoraだと違法アップロードなのですぐに消えてしまう。ウイルスが入ったという報告もあったので、安心安全なこちらを紹介しています。

おちょやん第109話見逃し配信はコチラ

おちょやん第109話あらすじ

おちょやん第108話のあらすじで、千代は長澤(生瀬勝久)の意気込みを聞きました。そして、脚本を待ちます。

おちょやん第109話のあらすじは、静子役の祥子が千代の家にやってきたところから始まります。おちょやん109話のタイトルは「千代の家に家出」です。

 

祥子は、千代に話を聞いてもらいます。祥子は、役者やめるように母親から言われているという。父親が医者なので、ちゃんと大学にも行くように言われている。

そして、成績が少し下がった。だから、祥子は役者を辞めるように両親に言われていたのです。祥子は、ここに居させてほしいと千代にお願いします。

栗子
今晩は、泊まっていき。明日まで、ように考えたらええがな。
千代
よろしいのか。
栗子
いつも、ラジオドラマ楽しませてもらっているお礼や。

そのころ、NHK大阪放送局では、祥子の両親が「お父さんはお人よし」を辞めさせてもらう話をしていました。

しかし、職員の一人が今辞めるのはもったいない。せめて、「お父さんはお人よし」が終わってからでもいいんじゃないかと頭を下げます。

 

その日の夜、千代は月を眺めていました。そこに、祥子がやってきました。

千代
あんた、寝心地悪くて寝られへんかったんやろ。よそ行って初めて、自分とこの居心地の良さがわかりますのや。家出なんかしても、なんもええことあれへんで。ドラマの中と同じように、あんたと家族になれたらええんやけど、叶わぬ夢や。アンタには、帰る場所がある。待ってる人がいる。どない逆立ちしても、そないな人にはかなわへん。明日は、家に帰り。ほんで、ちゃんと話しい。うちにできるのは、こないして一緒に月を見るぐらいだす。明日もきっと晴れや。

数日後、NHK大阪放送局で読み合わせをする日です。祥子は、遅れてやってきます。両親と話をして、「お父さんはお人よし」が終わるまで続けることができるようになったのです。

花車当郎
いやあ、ほんまによかったなあ~。って、何が?

そういって笑いあいます。そして、みんなで静子がやってきてくれたことを喜びあいます。

花車当郎
よっしゃ、さっそく読み合わせしよか。そや、台本あれへんかったんや。

そこに、長澤(生瀬勝久)からの台本が届きます。しかし、台本のページが20ページしかありません。

花車当郎
なんや、僕の20ページしかあれへんで。

120ページ必要やのに、放送まで4日しかない状況で20ページしかできてなかったのです。

花車当郎
こりゃ、またスリル満点やな。

そして、とうとう放送当日を迎えます。春子(毎田暖乃)を千代が送り出した後に、栗子(宮澤エマ)がいつものように花かごをプレゼントします。

栗子
今日も気張ってや。いつまで渡せるかわかれへんけどな、なんやったら今のうち10年分まとめて渡しておこか?
千代
それ、ありがたみ薄れるわ。
栗子
ほんまやな。千代、あんたに言うときたいことがあんねん。
千代
なんだす?あらたまって
栗子
春子のことやけどな、春子は正真正銘わてとテルヲさんの血を引いた子や。そやさかい、守ってやってや。
千代
なんだす?なんで、そないなこと。
栗子
ただ、言うときたかったんや。春子のために、あんたのためにも。
千代
ほんまにアホやな。なんもわかってへんわ。血がつながっていようといまいと、春ちゃんはもう、うちの大切な家族だす。一生、うちが守る。栗子さんもそうやで。
栗子
おおきに。

栗子は、そういって涙をぬぐいます。おちょやん第109話のあらすじはここまで。おちょやん第110話のあらすじにつづく。

おちょやん第109話感想

おちょやん第109話のあらすじで、静子役の祥子が役者を辞めずにすみました。また、千代は栗子に春子のことをお願いされました。

おちょやん第109話は、最後がとても印象的でした。これまで、栗子とはいろいろありました。家を追い出されたところからはじまりました。

 

しかし、千代が本当に困っているところを栗子が助けてくれ、ずっと千代に花かごを贈ってくれていたのは栗子でした。

だから、栗子のことも大切な家族やっていうってところがちょっと感動的でした。思わず、泣きそうになってしまいました。

 

でも、逆にいうともう栗子は自分の死を感じているのかなという気持ちになりました。栗子は自分の死期が近いことを感じて、春子を改めてお願いしてる。

そう感じてしまいました。春子については、千代は本当の親子みたいに大切にしてる。だから、大丈夫だと思うんです。

 

栗子が生きてようが、亡くなろうがずっと大切にする存在なんだと思います。でも、栗子の死が近づいているというのが寂しいですね。

また、台本が当日に届くとかってのは相当厳しいです。演じるというより、ただ読むだけになってしまいそうで。

 

栗子の体と台本の両方が心配ですね。おちょやん第109話の感想はここまで。おちょやん第110話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おちょやん第110話あらすじ「栗子の死」感想
おちょやん最終週のネタバレ,あらすじはコチラ
千代のモデル浪花千栄子の人生はコチラ
花車当郎のモデルはコチラ
おちょやんの公式ガイド2はコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です