おちょやん第112話(動画有)あらすじ「迷う千代」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」第112話の動画・あらすじ・感想をまるっとまとめています。最初は動画からです。

動画は、基本的にはYouTubeやPandoraが無料なのでそちらを紹介していました。しかし、ウイルスが入った方がいたので現在はその心配がないこちらを紹介しています。

おちょやん第112話見逃し配信はコチラ

おちょやん第112話あらすじ

おちょやん第111話のあらすじで、千代(杉咲花)は熊田(西川忠志)にもう一度、新喜劇の舞台に立たないかと誘われました。

おちょやん第112話のあらすじは、熊田が一平に千代のことを話すところから始まります。おちょやん112話のタイトルは「迷う千代」です。

一平
そないな申し出、千代が受けへん。
熊田
もし千代ちゃんがやってくれる言うたら、どないや。
一平
万に一つもありまへんわ。もし、そないなったら喜劇や。

「お父さんはお人よし」が始まりますが、千代は心ここにあらずの状態です。

 

一平が新喜劇のメンバーに、千代が1回だけ特別公演としてやるという話があると伝えました。

漆原
やりたいなあ。千代ちゃんとの芝居。

それを聞いていた、シズ(篠原涼子)と宗助(名倉潤)が話します。

宗助
それにしても、熊田さんも思い切ったことしますな。
シズ
あの人も、わてらと同じだす。ずっと、千代のことみてきてるのやさかい、このまま引退するいうことができしまへんのや。
宗助
そやな。

そして、千代が家に帰ると春子はすでに家にいました。

千代
ただいま。どないしたん?吉田さんのとこ行けへんかったん?
春子
ボチボチ、お母ちゃん帰ってくるころや思て、くず湯作っててん。
千代
なんや、突然。
春子
私を生んでくれたお母ちゃんな、私が熱出した時に薬飲みたない言うたら、これ作ってくれてん。これ飲んだら元気でるねん。
千代
さくらさん。戦争でしんどい時もみんなのことを励ましてた、ええ看護婦やって栗子さん言うてたな。
春子
さあ、飲んで。
千代
固まってて、飲まれへん。けど、おおきにな春子。うちのこと心配してくれたんやな。
春子
そら、そやろ。お母ちゃんやさかい。

翌日、千代は春子を連れて岡福に行きました。

みつえ
おかえり。
千代
ただいま。

千代は涙を流し抱き合います。そして、シズや旦さんもやってきます。

千代
ご遼さん、旦さん。突然、いてへんようになって申し訳ありませんでした。
宗助
ええねん、ええねん。また、こないして戻ってきてくれたら。
シズ
ええことありしまへん。千代、そりゃあんたがどれだけ辛いおもいしたか十分わかってます。そやけど、もうええ大人ですで。わてらは、ずっとアンタのこと心配してましたんやで。
千代
どないしても、道頓堀に足踏み入れる勇気なくて。堪忍しておくれやす。
シズ
ホンマにもう。

そういいながら、シズは泣いてしまいます。

みつえ
千代、今日は泊まってゆっくりしていってな。
千代
おおきに。

そして、それは新喜劇のメンバーにも伝わることになります。知らないのは、一平(成田凌)だけの状況でした。

みつえと千代が話をしているときに、春子は一福とシズ、旦さんで話をします。一福は、千代のおかげでトランペットを吹けるようになったといいます。

シズ
春子ちゃんは、将来なんになりたいんだす?やりたいことあれへんのか?
春子
どうせ、無理やし。
宗助
そない、決めつけることあれへんやん。
春子
看護婦さんになりたい。
宗助
ええやんか。なにがアカンねんな。
春子
私、頭悪いさかい、絶対に無理やねん。
シズ
はなから諦めてたら、なれるもんもなられへんで。

そのころ、新喜劇のメンバーは一平に内緒で千代のところに行きます。しかし、寛治(前田旺志朗)がその話を一平にします。

寛治
やっぱり、黙ったままではいてられません。今、岡福に千代さんが来てます。みんな千代さんに会いに行ってます。
一平
そうか。お前もはよ行ってやり。千代、喜ぶやろ。

そして、寛治もかけつけました。

寛治
おかえりなさい。千代さん。
千代
ただいま。堪忍な、寛治。突然いてへんようになって。
寛治
ほんまやわ。千代さんいてへんようになって、あの家に一人やで。さみしくて仕方ない。
須賀廼家天晴
いまだに、嫁の来てがあれへんよってな。
寛治
あっぱれさん、それは言わんといて~
千代
寛治、娘の春子だす。よろしゅう頼みます。
寛治
千代さんは、うちにとってのお母ちゃんみたないもんや。春ちゃんは妹やな。
春子
新しい、おじいちゃんやおばあちゃんやお兄ちゃんまで。お父さんはお人よしみたいや。
千代
ほんまやな。

その日は、盛り上がります。

千代
春子、うちらは2人やあれへん。みんなうちらの家族や。

おちょやん第112話のあらすじはここまで。おちょやん第113話のあらすじにつづく。

おちょやん第112話感想

おちょやん第112話のあらすじは、千代が新喜劇の舞台に立つか迷っている中、岡福を訪れるというストーリーでした。

しかし、岡福に訪れて新喜劇のメンバーが来るのは予想外でしたね。ただ、一平だけはきいへんかった。それが救いでした。

 

もし、あそこに一平が来てたらこおりつきますよね。でも、寛治がしっかりと一平にも会いに行ってくるというのも伝えていたので安心です。

先に、つながりそうな予感がしますよね。千代の気持ちは、徐々にほぐれていって、もう一回道頓堀の舞台に立とう。そんな気持ちになってきました。

 

あとは、もう一押しというところです。案外、もう出演することを決めているのかもしれませんけどね。でも、やっぱり岡福の人たち、新喜劇のメンバーはやさしいわ。

とってもあったかい。千代のことだけやなく、春子のことも暖かく迎え入れてくれました。春子も看護婦目指してほしいですね。

 

あんなに小さいんだから、諦めるには早すぎます。そのあたりも最後に絡んできそうですよね。おちょやん第112話の感想はここまで。おちょやん第113話の感想につづく。

次の朝ドラは、清原果耶さんがヒロインの「おかえりモネ」です。東北大震災の後から人の役に立ちたいという気持ちをもって気象予報士になる物語です。

あなたにおススメのページ

おちょやん第113話あらすじ「春子の夢」感想
おちょやん最終週のネタバレ,あらすじはコチラ
千代のモデル浪花千栄子の人生はコチラ
おちょやんの公式ガイド2はコチラ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です