おちょやん第48話(動画有)あらすじ「やったろやないけ」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」の第48話の動画・あらすじ・感想をまとめてお伝えしています。まずは、動画からです。

おちょやんの動画をみるならコチラからごらんください。YouTubeのように削除されることなく、過去動画も安全に見ることができます。

おちょやん第48話無料動画はコチラ

おちょやん第48話あらすじ

おちょやん第47話のあらすじで、千之助(ほっしゃん)が台本通りにしかできない役者は5流だといったことで、高峰ルリ子(明日海リオ)が劇団を出ていきます。

おちょやん第48話のあらすじは、その続きから始まります。おちょやん第48話のタイトルは「やったろやないけ。」です。

一平
なんで、お前ついてきてんねん。高峰さんに嫌われてるねんやろ。
千代
だんない。だんない。もめたりせえへん。ずっと笑ろとく。
一平
なんやそれ。

高峰は、働いていました。

高峰ルリ子
役者だけでは食べていけないから、空いた時間をここで働かさせてもらってるの。笑いたければ、笑えばいいわ。どこにいっても、うまくいかないから、鶴亀からも見放されて今回が最後通告だったの。これで、役者は廃業ね。
千代
そないなことあきまへん。うちら、高峰さんに戻ってきてほしくて来たんだす。千之助さんが5流の役者や言うたのは本気じゃないと思います。また、役者できるようになったんですから、一緒に頑張りましょ。
高峰ルリ子
どうせ、いずれ噂を耳にするから教えてあげる。

高峰は、主役の座を奪おうとした若い女性を絞め殺そうとしたという。そのことが後で劇団にバレることで、迷惑をかけるかもという気持ちもあって、引こうとしていたのです。

その話を千之助以外のメンバーで話をします。

一平
俺らかて、なに一つ文句を言われへんのだす。鶴亀撮影所を追い出されてきたものもおれば、いっぺん劇団をつぶしたもんもおる。あの千之助さんかて、昔、万太郎に捨てられた身や。ハナからみんな、半端もんの寄せ集め。せやからこそ、新しいものが作れるんちゃうか。そう信じてる。

そこに、菊(いしのようこ)が言います。高峰ルリ子は、いつも菊のところに上方の言葉があってるか聞きに来てたという。

千代は、再び高峰ルリ子のところに行きます。

高峰ルリ子
しつこいな。私がどんな女優か言うたやろ。
千代
主役を奪おうとした、若い女優を殺そうとしたとんでもない女優さんや。昔、なにがあったかなんて関係あれへん。今、うちの目の前にいてるのは、完璧の尊敬できる女優さんだす。お願いします。鶴亀家庭劇には、高峰さんが必要なんだす。戻ってきておくれやす。
高峰ルリ子
前の新派の主催は、私の元婚約者なの。すごい才能があって、私を育ててくれた人。あの頃は、毎日が幸せだった。ある時、映画の撮影に来た女優に主役だけでなく、彼まで取られたの。だから、私、その女優の顔を思いっきりひっぱたいてやったわ。そしたら、いつの間にか首を絞めたことになって。
千代
なんで、ほんまのこと言わないんだす。
高峰ルリ子
何度も言ったけど、その口のうまい女にみんなコロッと騙されて。気がついたら、私が追い出されてた。周りになんて言われても、彼にだけは信じてほしかった。あの名画出身の女、あなたにほんと、良く似てるのよね。
千代
そりゃあ、うちのこと嫌いになって仕方ないだすな。

そう言って千代は、笑います。

高峰ルリ子
人の不幸がそんなに面白いの。
千代
うちがいつも、お世話になっているご遼さんに言われたんだす。人を笑わせたかったら、まずは自分が笑えって。高峰さんにも笑ってほしい。そやさかい、うちも笑っておます。私は、絶対に鷹峰さんを裏切ったりせえしません。こないなことで役者辞めたらアカン。あかんのだす。

高峰ルリ子は、泣いてしまいます。そして翌日、高峰ルリ子も参加します。

一平
今日も、千さんは好き勝手やるみたいやけど、気にせんとやるしかない。
千代
ここは、ぐっとこらえて、芝居を成功させることだけ考えましょ。

そこに、千之助がやってきました。

一平
千さん、今日もよろしくお願いします。
須賀廼家千之助
心配せんかてええわ。わしがきっちり、笑わせたる。あと、アンタらはなんもせんといてくれよ。喜劇に笑いのとれん役者はいらん。用なしや。くその役にもたたん。いや、くその方が役にたつ。子どもらは笑うからな。そしたら、アンタらはくそ以下か。
千代
そりゃあ、違います。この人等は、用なしちゃいます。千之助さん、あんた間違ってます。
須賀廼家千之助
悔しかったら、わしより笑いとってみいや。
千代
よろしいおます。やったろやないけ。もし、うちらの方がお客さんに認められたら、自分勝手な芝居せえへんと約束しておくなはれ。
須賀廼家千之助
かまへんで。ほたら、わしが勝ったらどないしよかな。この家庭劇の座長でもやらせてもらおかな。
千代
は?
須賀廼家千之助
嫌やったら、この勝負はなしや。一平どないや。
一平
かまへんで。
千代
あんた正気か?
一平
お前が勝負ふっかけたせいやろが。勝つ気あれへんのか。
千代
そら、あるわ。あるけど・・・
一平
負けたら承知せえへんよってな。

おちょやん第48話のあらすじはここまで。おちょやん第49話のあらすじにつづく。

おちょやん第48感想

おちょやん第48話のあらすじは、千代がなんとか高峰ルリ子を劇団に戻しますが、千代が千之助と客を喜ばせる勝負することになりました。

千代は、無茶しますよね。現状で、千代が千之助よりも客を喜ばせることはできないと思うんやけど、怒りだけで約束してしまいました。

 

しかも、千之助が勝ったら座長が変わるって一平を巻き込んだ勝負になって大丈夫かって思います。それまで、やったろやないけって、強気だった千代も急に意気消沈していました。

なんの作戦もなく、千之助に勝負挑むってのが無謀すぎる。千代はどうするんやろ。きっと、勝てんのやろなって思ってしまいます。

 

しかし、一平がそれに乗るとは思いませんでした。一平も実は、座長をそんなにやりたくないのかもって思いました。

脚本は書きたいけど、座長は千之助の方がいいって、案外思ってるのかな。それか、千代が勝つことにかけて、千之助が言うことを聞いてくれるのを期待しているのかな。

 

この勝負は、鶴亀家庭劇を大きく左右することになるので、今後が要注目です。おちょやん第48話の感想はここまで。おちょやん第49話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おちょやん第49話「役と向き合う時間」感想
おちょやん第11週のネタバレ,あらすじはコチラ
千之助(ほっしゃん)のモデルはコチラ
おちょやんの公式ガイドはコチラ
おちょやん ネタバレ,あらすじ総まとめ!
おちょやんモデル・浪花千栄子はどんな人?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です