おちょやん第52話(動画有)あらすじ「シズの怒り」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」の第52話の動画・あらすじ・感想をまとめています。あらすじは、吹き出しでわかりやすくなっています。

まずは、おススメ動画からです。以前は、違法アップロードされているYouTubeやパンドラをご紹介していたので、すぐ消える。ウイルスが入るなどあったので、今はコチラを紹介しています。

おちょやん第52話無料動画はコチラ

おちょやん第52話あらすじ

おちょやん第51話のあらすじで、千代(杉咲花)は、みつえ(東野絢香)の頼みを聞いて、シズ(篠原涼子)と菊(いしのようこ)を説得することを約束します。

おちょやん52話のあらすじは、それに巻き込まれた一平(成田凌)と会話するところからはじまります。おちょやん第52話のタイトルは「シズの怒り」です。

一平
どないすんねな。あないな約束して。
千代
だんない。元々、菊さんとご遼さんの仲が悪かったのは、ライバル店やったからや。今は、福富は芝居茶屋をしてへんのさかい問題あれへん。きっとわかってくれるわ。

そう言って、岡安に千代が帰ってくると、宗助(名倉潤)がシズに怒られていました。

シズ
なんだすって?旦さんは、福富に教えをこうてまで新しい商いはじめよう言うんか。
宗助
別に芝居茶屋をたたもう言うてるんじゃない。ほんのちょっと、店先で商いするのに知恵借りただけや。わしかて、岡安を思って・・・
シズ
私の目の黒いうちに、今度もし福富のものとこそこそ会ってたら離縁だす。わかりましたか。
宗助
はい。

その様子を見て、千代はとてもシズに言い出せなくなってしまいます。

千代
どないしよ。
一平
ほやさけ言うたやろが。親かて人間や。なんぼ可愛い娘のためでも、譲れんこともある。
千代
ほんまは、うちようわかれへんねん。親心いうの。お母ちゃんは、優しいけど早く亡くなったし、お父ちゃんあないやろ。
一平
俺かて、わかれへん。わかれへんから、この台本を成功させたい。
千代
これや。あんた本書きやろ。ご遼さんがみつえと福助のこと許してくれる筋書き、あんた書いて。
一平
そないな暇あれへん言うたやろ。
千代
なんとか頼むわ。4年前、ここから逃げ出す時、うちを助けてくれた。今度はウチが助ける番や。みつえは、大事な友達や。
一平
アカンもんは、アカン。
千代
このドケチ。もう、お前には頼まん。

そして、千代はみつえに福助を好きになったきっかけを聞きました。そこに、一平がやってきました。福助をシズが見直してくれるようにシナリオを描いてくれたのです。

それを岡安の他のお茶子たちにも、千代が説明して協力してもらいます。

みつえ
だんないか。福助。こない大けがして。

そう言って、みつえは福助を岡安に運びこみます。

シズ
どないしはったねんな。
みつえ
うちがチンピラにからまれてるところ、この福助が助けてくれたんや。

お茶子たちもまな板演技で、福助のことをほめます。しかし、かめ(楠見薫)がセリフを忘れてしまいます。それでも、千代がなんとかサポートしてなんとか言います。

シズ
おおきに。福助さん。見直しました。富士子、傷の手当したげて。かめなんでそない汗かいてるのや。

すると、かめは台本で汗をふこうとしてバレてしまいます。

シズ
なんだす。これは。
福助
すみませんでした。

福助は逃げて帰りました。そして、シズはみつえを怒りました。

シズ
あきまへん。今すぐ別れなはれ。幸せになれるわけあらしまへん。
みつえ
うちは、福助がトランペット吹きになるの手助けするって決めたんや。
シズ
日向屋の縁談、受けなはれ。
みつえ
お母ちゃん、私が菊さんの娘になるのを嫌がってるだけやろ。岡安継ぐのもアカン。福助と結婚するのもアカン。これ以上、うちの夢取り上げんとって。

そういって、みつえはいなくなりました。おちょやん第52話のあらすじはここまで。おちょやん第53話のあらすじにつづく。

おちょやん第52話の感想

おちょやん第52話のあらすじでは、千代がみつえのためにシズに許しをもらおうと行動を起こしました。しかし、それはうまくいきませんでした。

一平のシナリオは、かなりうまくできてたんですけどね・・・。かめがまずかったですね。あれだけ、まな板演技だと見抜かれてしまいますよね。

 

それは、かめだけでなく他のお茶子の面々も演技がまあひどかった。それでも、シズが気づいてなかっただけにチャンスだったんですけどね。

でも、かめを責めるのはちょっとコクな気がします。そもそも、みつえの問題やから小細工せずに正面からの方がシズには向いていると思います。

 

小細工したことで、シズが怒った状態からスタートです。なので、みつえが旦さんに最初話もっていくなりして味方をつけてからシズに話すんがベストかなって思いました。

千代は、そのあたりの親の気持ちをわかってへんのかなって思いました。もちろん、芝居うって福助がええ奴やってなるのも大事かもしれん。

 

けど、それはみつえがシズに一度打ち明けた後にするべきやないかなって思います。私なら旦さんを味方につけたうえで、みつえが正面からシズと話す。

これがファーストステップだと思います。それがないと、今回のような喧嘩になってしまいますよね。今後どうするんやろ。

 

みつえは、シズは自分の夢を奪うとまで言ってしまったので、大きな亀裂入ってしまいました。なんとかうまくまとまって欲しいけど・・・。

実は、千代が間に入らん方がうまくいくのかなって思ったりします。おちょやん第52話の感想はここまで。おちょやん第53話の感想につづく。

あなたにおススメのページ

おちょやん第53話「あんたは相応しない」
おちょやん第11週のネタバレ,あらすじはコチラ
千代のモデル浪花千栄子の人生とは?
千之助(ほっしゃん)のモデルはコチラ
おちょやんの公式ガイドはコチラ
おちょやん ネタバレ,あらすじ総まとめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です