おちょやん第54話(動画有)あらすじ「無償の愛」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」第54話の動画・あらすじ・感想をまとめています。まずは、動画からです。

動画は、以前はパンドラやYouTubeなどの違法アップロードを紹介していましたが、すぐ消える。ウイルスが入るなどの問題が起きたので、コチラを紹介しています。

おちょやん第54話無料動画はコチラ

おちょやん第54話あらすじ

おちょやん第53話のあらすじで、みつえ(東野絢香)と福助(井上拓哉)が認められることない状況のままです。

おちょやん第54話のあらすじは、鶴亀家庭劇の芝居の説明から始まります。おちょやん第54話のタイトルは「無償の愛」です。

 

今回の鶴亀家庭劇の「マットン婆さん」の稽古からはじまります。

千代
あの調子やと、明日もなにしでかすかわかれへんな。
一平
どうせ、無茶苦茶にしてまた一人だけ笑いとるねんやろな。
千代
なあ、無償の愛言うてたけど、なんでそれがやりたかったん。そない言えば、あんたのお父ちゃんのことはよう聞くけど、お母ちゃんのことは聞かへんな。どない人やったん?
一平
なんで、お前に言わなアカンねん。

千代が岡安に帰ると、みつえが出ていこうとしていました。

みつえ
もう、こないするしかあれへん。
千代
考え直し。ウチが必ずご遼さん説得してみせるさかい。
みつえ
無理やって。見たやろ。昨日の菊さんとのやり取り。

そして、みつえはいなくなっていました。福助と駆け落ちしたのです。千代は、シズ(篠原涼子)と話をします。

シズ
みつえが3つのお祝いの時に、初めてあつらえた着物だす。大喜びで走り回って、水たまりでこけてしもてな。あっちゅう間に、泥だらけになってな。あの子、すぐに新しいの買っていうてな。ほんまに、わがままな子やったわ。ほんで、どないしたと思う?
千代
そりゃあ、ご遼さんはきついお灸すえはったんちゃいますか?
シズ
新しい着物、あつらえてしもた。わても旦さんも甘やかしたらアカンってわかってたんやけどな。わかってたんやけど、あの時の嬉しそうなみつえの顔、一生忘れられへん。今でも、わての宝物や。

千代は、みつえのことで悩んでいました。

一平
役者やろ。今は、芝居のことだけ考え。

そして、マットン婆さんの幕が上がりました。千之助(ほっしゃん)は、台本にない芝居をはじめます。しかし、最後にはしっかり一平の伝えたかった「無償の愛」を演じあげました。

一平
俺は何してたんや。自分の本、変えられたことが悔しくて迷走してた。形はかわったけど、千さんはハナからあれを目指してたんや。悔しいけど、この芝居おもろいわ。

それを聞いた千代は、飛び出していきました。おちょやん第54話のあらすじはここまで。おちょやん第55話のあらすじにつづく。

おちょやん第54話感想

おちょやん第54話のあらすじでは、鶴亀家庭劇の「マットン婆さん」の舞台が幕開けました。また、みつえが駆け落ちしていなくなったというストーリーでした。

一平は、かなり座長らしくなってきましたね。最初は、頼りなかったけど徐々にしっかりしてきました。自分のことを冷静に分析できています。

 

普通だったら、台本をまるっきり変えたことで千之助のことを嫌いになっておわりなんですけど、しっかりと千之助の意図をくみとることができました。

それを聞いて、座長らしくなってきたなあっておもいました。一方の千代は、舞台に立ってたけども、みつえのことで頭がいっぱいの感じでした。

 

芝居は、普通にこなしていましたけど、みつえとシズの関係をなんとかしたいってのがずっと頭のどこかにあったんだと思います。

もちろん、役者としてしっかりと演技はしていました。千代は、一平の描きたかった「無償の愛」の芝居を体感して何を思ったのかな?

 

どこかに走っていきました。みつえのところに行ったのかな?それともシズのところ?いずれにしても、千代はみつえの結婚問題をなんとかしたい。

そんな思いが溢れていました。みつえとシズの関係は、どうなってしまうのか。おちょやん第54話の感想はここまで。おちょやん第55話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おちょやん第55話「めでたし、めでたし」感想
千代のモデル浪花千栄子の人生とは?
千之助(ほっしゃん)のモデルはコチラ
おちょやんの公式ガイドはコチラ
おちょやん ネタバレ,あらすじ総まとめ!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です