おちょやん第65話(動画有)あらすじ「ウチがいてる」感想

このページは、NHKの朝ドラ「おちょやん」の第65話の動画・感想・あらすじをまとめてお伝えしています。まずは、動画からです。

動画は、YouTubeだと違法アップロードになるのですぐに消えてしまいます。またウイルスの危険性もあるので、安全なものを紹介しています。

おちょやん第65話無料動画はコチラ

おちょやん第65話あらすじ

おちょやん第64話のあらすじで、一平(成田凌)は襲名公演に天海天海の名を幕引きしようとします。それに千代(杉咲花)が物申します。

おちょやん第65話のあらすじは、千代が一平を説得するところからはじまります。おちょやん第65話のタイトルは「ウチがいてる」です。

 

幼い一平は、お化粧をしてお母ちゃんみたいになりたかったといいます。初代・天海天海(茂山宗彦)とハナ(宮田圭子)は大笑いします。

初代・天海
なんや、その顔は。こんなことしたら、お母ちゃんがしかるやないか。
千代
天海さんは、役者を辞めへんかった。なんでかわかるか。白粉をしている一平を見て、無性に本が書きたくなったんて。あんたへの想いを本にせなアカン。芝居にしてん。アンタや。アンタがお父ちゃんに、もういっぺんほんまもんの喜劇を作りたい思わせたんや。あんたが天海天海を継ぐの喜んでるのお父ちゃんちゃうかな。
一平
なんやねん。なんやねん、さっきから。もう遅いねん。お父ちゃんもお母ちゃんも、もう二度と会えへんねん。
千代
生きるって、しんどいなあ。けどな、あんたは一人やあれへん。ウチがいてる。

いろいろありましたが、一平が二代目・天海天海を襲名する時がやってきました。大山(中村鴈治郎)が見つめるなか、一平の挨拶からはじまります。

一平
本日は、誠にありがとうございます。この度、天海一平は天海天海を襲名することにあいなりました。この襲名をするにあたり、私は大きなものを失いました。それ以上の大切なものに気づくことができました。先代である父の想い。

そこから、口上がスタートします。観客も受けていました。やがて、挨拶に戻ります。

一平
父を私は、ずっと憎んでいました。悔やんでも悔やみきれません。ほんまのことを言うと、襲名披露宴の千秋楽が終わったら役者を辞めるつもりでいました。ですが、先代も同じだと知りました。父も、迷い苦しみながら舞台に立ち続けていたことを知りました。そんな父の名を汚さないよう、ぬかるみにはまらないよう、しっかりと抱きしめ守り抜くことを皆さんにお約束します。

大きな拍手が起こります。

一平
それと、もう一つ。私がこの決意をかためられたのは、そこにおる竹井千代のおかげです。千代、こっちにこい。

他の劇団員がわたわたする中で、千之助(ほっしゃん)がそれを制します。

須賀廼家千之助
ええから、座っとけ言うとんねんな。ええから座れ。お客さんの前や。はよせえ。
一平
私は、彼女に心を救われました。私事で申し訳ありませんが、今日この場をお借りして、私たちの結婚をご報告申し上げます。今日より、二人で力合わせて、天海天海の名を後世に伝えていけたらと思います。私たち2人も家庭劇一同も、まだまだ未熟でございます。とも精進して、喜劇道にまい進してまいります。

万来の拍手を受け、一平の挨拶が終わります。

ハナ
声が上ずってるがな。まだまだやな。2代目。

そして、初代・天海天海から声が聞こえます。

初代・天海
超えられるものなら、超えてみ。

おめでとう。千代ちゃん。一平君。おちょやん第65話のあらすじはここまで。おちょやん第66話のあらすじにつづく。

おちょやん第65話感想

おちょやん第65話のあらすじは、一平が役者を続ける決意をし舞台上で千代と結婚することを報告しました。

千代は、結婚するってことを舞台で言うってわかってたのかな。すごく落ち着いていましたね。とっても、幸せそうな顔をしていました。

 

見ながら思っていたのは、千之助も知ってたのかなって感じました。せやから、座れ。座れと他の劇団員たちに言ってたのかななんて思いました。

一平や千代も、千之助に反対してたらできないようなことなので、先に話を通してたのかもしれません。でも、最高の結婚報告ですね。

 

千代は、これまで家庭運がまるっきりなかったので、一平にはきちんとしてほしいな。女遊びをやめて、しっかり仕事に励んでほしいなって。

千代は、ちょっと複雑な立場になりますね。いち女優ではなくて、座長の嫁って立場になるので全体を見渡せる力が必要になってきます。

 

千代は、そのあたりはぴか一なので大丈夫だとは思いますが、一平の女癖がやや心配ですね。芸の肥やしって言われてた時代ですから。

でも、千代も一平も同じ境遇で過ごし、家庭運がなかったもの同士だから反面教師にして、うまくやっていけるかもしれません。

 

この2人見てたら、千代が一平を尻に敷くって感じの関係性じゃないような気がしますね。主導権は、一平が握りそう。でも、大事なところは千代がまとめていくって形になるのかな。

美男美女ですので、幸せな家庭を作って欲しいな。家庭劇もやけど。おちょやん第65話の感想はここまで。おちょやん第66話の感想につづく

あなたにおススメのページ

おちょやん第66話「あいつの首は、ワシが獲る」
おちょやん第14週のネタバレ,あらすじはコチラ
おちょやんの公式ガイド2はコチラ
千代のモデル浪花千栄子の人生とは?
おちょやん鶴亀家庭劇モデルのホント!ウソ?
千之助(ほっしゃん)のモデルはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です