ちむどんどん第11週ネタバレ,あらすじ「ポークと卵と男と女」

このページは、NHK朝ドラちむどんどん」の第11週のネタバレ,あらすじをわかりやすさをプラスして会話方式(吹き出し)でお伝えします。

ちむどんどん第10週のあらすじで、のぶ子(黒島結菜)は房子(原田美枝子)にだされた新メニューの課題を思いつき、ストーブ前に抜擢されることが決まりました。

 

ちむどんどん第11週は、のぶ子が二ツ橋(高嶋政伸)から熱血指導を受けるところからスタートします。ちむどんどん第11週のタイトルは「ポークと卵と男と女」です。

ちむどんどんネタバレ,あらすじ11週

ここからは、ちむどんどん第11週のあらすじ,ネタバレを1話ごとに吹き出し、会話形式でお伝えしていきます。

51話(6月20日)「ストーブ前」

のぶ子(黒島結菜)は、フォンターナに勤務してから6年が経過していました。今や、花形ポジションのストーブ前も度々、任されるようになりました。

そんなある日、二ツ橋が勤務前に怪我をしてしまいます。両足を骨折して、1ヶ月入院することになってしまいます。

大城房子
とにかく、今日1日乗り切る。明日からは、シェフ代行をたてます。とにかく、私は病院に行く。

二ツ橋のいない、フォンターナの厨房は大混乱に陥ってしまいます。

 

房子(原田美枝子)は代役をたてるため、入院中の二ツ橋に相談に行きます。

大城房子
今のメンバーであなたの代役をたてようと思うのだけど、誰がいい?
二ツ橋光二
敷いてあげるとすれば・・・

2人の意見は一致しました。のぶ子が二ツ橋の代役をつとめて、シェフ代行に抜擢されたのです。

のぶ子
はあ?まさかや。

52話(6月21日)「シェフ代行」

のぶ子(黒島結菜)は房子(原田美枝子)からシェフ代行に指名されました。しかし、そのことで、他のスタッフに衝撃が走ります。

矢作知洋
結局、親戚か~。身内だもんな。コネにはかなわないや。

他のメンバーに不満が募り、不穏な空気が流れていきます。

 

一方、沖縄のやんばる地域では子育てが一段落した良子(川口春奈)が再び石川(山田裕貴)に言います。

石川博夫
良子、帰ろう。いつものことですみません。
良子
いつものことじゃない。

石川は、時間がかかることを説明します。

良子
待ってくれって、いつまで待てばいいの。3年、5年?うちがどれだけ泣いたと思っている?

そういって、良子は離婚届を出します。

石川博夫
こんなものださないでくれ。
良子
私が働くことをご両親に認めさせて。私は、それまで帰らない。
石川博夫
わかった。そこまで言うなら、俺も腹をくくる。必ず説得して迎えにくる。

 

その頃、和彦(宮沢氷魚)や愛(飯豊まりえ)が働く新聞社でも同様に男女の役割から大きなトラブルが起きていました。

和彦が書いた記事に上がどなりこんできたのです。

田良島(山中崇)がとりもってくれて、編集局長と会ったのがフォンターナだったのです。

大野愛
明日、編集局長に一緒にお詫びにいこう。ジャーナリストであるまえに、悔しいけどサラリーマン。
和彦
俺は、サラリーマンである前に、一人の人間だ。

そこに、賢秀(竜星涼)がやってきました。

53話(6月22日)「賢秀のアドバイス」

のぶ子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)にシェフ代行を任命されます。しかし、他の従業員がついてきません。それを知った、賢秀(竜星涼)が言います。

賢秀
のぶ子のレストランの悩みは簡単。謝ったら負けやぞ。何があっても、謝らない。お礼は言わない。のぶ子は、舐められないように、強気でいけ。

そのアドバイスをそのまま実行した、のぶ子。その結果、先輩の厨房スタッフである矢作(井之脇海)らは強く反発します。

そのため、シェフ代行に任命されても仕事がうまくまわりません。

大城房子
このままだと、シェフ代行失格。休み明けが最後のチャンス。それまでに、答えを考えてきなさい。

のぶ子は、どうすれば他の厨房の人たちが助けてくれるのか。人間関係に悩みます。

 

その頃、良子(川口春奈)が復職へ向けて動きだしますが・・・周囲の協力が得られず、障害が多くありました。

賢吉
今すぐ博夫くんのところへ帰れ。結婚は、家と家のもの。お前ひとりのわがままで、親戚中に大変な迷惑がかかる。女は家庭を守り、男を支えるのが仕事。諦めれ。お前が悪い。
優子
良子は悪くありません。良子は、一生結婚考えて決めてるだけです。それが、悪いはずがありません。

54話(6月23日)「相談相手」

のぶ子(黒島結菜)は、フォンターナのオーナー房子(原田美枝子)に任されますが、厨房を上手にまわすことができずにいました。

強気に命令することで、周囲との温度差は広がるばかりです。そして、遅刻してしまいます。

のぶ子
おはようございます。寝坊してしまいました。

しかし、それは夢でした。

 

のぶ子は、厨房をなんとか取り仕切るために入院中の二ツ橋(高嶋政伸)のところに相談に行きます。

二ツ橋光二
誰だって、最初からうまくいかないものです。
のぶ子
私は、女性だし・・・
二ツ橋光二
のぶ子さんをシェフ代行を務めるのをすすめたのは私です。あなたのいいところを忘れずに仕事してください。
のぶ子
はい。

二ツ橋は、のぶ子にアドバイスしますが問題は解決しませんでした。

 

八方塞がりの状態で困り果てた、のぶ子は優子(仲間由紀恵)に電話で聞きしました。

のぶ子
お母ちゃんに今更、聞くのはなんだけど・・・うちのいいところはどこ?
優子
元気なところ。足が速い。なんでも美味しく食べるところ。ありがとうとごめんなさいを大きな声で言えるところがのぶ子の一番いいところよ。お父ちゃんといつも言ってた。
のぶ子
やっと、答えが見つかった。お母ちゃん、ありがとう。

その電話で、のぶ子は自分らしさを母親から教えてもらいました。

55話(6月24日)「復職」

のぶ子は、出社してすぐにスタッフに謝罪します。

のぶ子
みなさん、聞いてください。ごめんなさい。これまで、シェフ代行でみなさんに迷惑かけてばかりで、本当に申し訳ございませんでした。

二ツ橋さんと同じにと余分な力が入っていました。素直に、みなさんの知恵や力を借りれるようにするべきでした。お客様の笑顔のために、できることを精一杯やります。よろしくお願いいたします。

大城房子
言葉だけでなく、行動をしなさい。

のぶ子(黒島結菜)は、優子(仲間由紀恵)から受けたアドバイスで、新たな気持ちをもってシェフ代行をつとめました。

のぶ子の対応の変化を見ても、オーナーの房子(原田美枝子)は矢作たちの反発心の強さを心配しながら見ていました。すると、フォンターナはうまくまわり始めました。

 

一方、東洋新聞社の方で和彦(宮沢氷魚)がトラブルに巻き込まれていましたが、それは田良島(山中崇)から相談を受けていた房子の提案で解決しました。

 

沖縄やんばる地方では、良子(川口春奈)が困難に直面しながらも、教職への道を目指していました。問題があれば、1つ1つ丁寧にクリアしていきます。

良子は、優子に支えられながら無事、教員への復職を果たしたのです。

ちむどんどん第11週のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第12週のネタバレ,あらすじにつづく



あなたにおススメのページ

ちむどんどん第12週ネタバレ,あらすじ
ちむどんどん公式ブックはコチラ
ちむどんどん相手役ネタバレ/結婚相手は?
次の朝ドラ「舞いあがれ」キャストまとめ
鎌倉殿の13人のネタバレ,あらすじまとめ
ちむどんどんネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。