ちむどんどん第7週ネタバレ,あらすじ「ソーミンチャンプルVSペペロンチーノ」

このページは、NHK朝ドラ(連続テレビ小説)「ちむどんどん」の第7週のネタバレ,あらすじをわかりやすさをプラスするため会話方式(吹き出し)でお伝えします。

ちむどんどん第6週のあらすじで、暢子(黒島結菜)は東京の「アッラ・フォンターナ」で働きはじめました。

 

ちむどんどん第7週は、からスタートします。ちむどんどん第7週のタイトルは「ソーミンチャンプルVSペペロンチーノ」です。

ちむどんどんネタバレ,あらすじ7週

ここからは、ちむどんどん第7週のあらすじ,ネタバレを1話ごとに吹き出し、会話形式でお伝えしていきます。

31話(5月23日)「連続勤務」

のぶ子(黒島結菜)は、東京の銀座「アッラ・フォンターナ」のレストランで働く新しい生活がはじまりました。

「アッラ・フォンターナ」で働きはじめた、のぶ子は大城房子(原田美枝子)に言われます。

大城房子
本気でやりたいなら、10日連続できてください。そうすることで、はじめて一人前になれる。
のぶ子
はい。

大城房子は、のぶ子に働きづづけることを命じました。

 

房子は、意図があって命じましたが・・・その理由を知ることなくのぶ子は、毎日休むことなく働き続けます。優しいシェフの二ツ橋(高島政伸)が心配します。

二ツ橋光二
いくらなんでも新人に10連勤は・・・?
のぶ子
大丈夫です。うちは、何があっても辞めません。

のぶ子は、二ツ橋に気をつかわれながらも全力で仕事に取り組みました。朝8時~夜11時まで、のぶ子の仕事は続きます。毎日、忙しすぎて目の回るような日々です。

そして、長かった10連勤が終了します。

二ツ橋光二
10連勤おつかれさま。あとは、やっておくから明日はゆっくり休んで。
大城房子
掃除は、新人の仕事。トイレの仕事。
のぶ子
わかりました。

のぶ子が掃除に行ったところ、二ツ橋が聞きます。

二ツ橋光二
なんでですか?まるで比嘉さんを辞めさせたいように見えます。
大城房子
因縁があってね。

そういって、賢三(大森南朋)から受け継いだ包丁を見ます。

 

その頃、やんばるの実家で良子(川口春奈)は石川(山田裕貴)に想いを寄せ続けていました。それとは裏腹に、金吾(渡辺大知)も愛を伝えてくるのでした。

一方、鶴見に砂川智(前田公輝)がやってきました。

砂川智
のぶ子。
のぶ子
悟、なんで?
砂川智
食品卸の会社に住み込みで働けることになって。
のぶ子
まかさや。

32話(5月24日)「不満」

のぶ子は、長かった連続勤務を終えました。そして、のぶ子の地元である沖縄県やんばる地方から鶴見にやってきた砂川智(前田公輝)と再会します。

砂川智
のぶ子。
のぶ子
なんで、こっちにいるの?
砂川智
仕事でこっちきたさ。

のぶ子は、職場でオーナーに対する不満をため込んでいました。

 

その頃、沖縄では良子(川口春奈)が煮え切らない石川(山田裕貴)の態度に金吾(渡辺大知)のことを打ち明けます。

良子
私、結婚しようと思っているんです。
石川博夫
おめでとう。君が決めた決断なんだろ。
良子
今日で最後、これでいいんですか。沖縄の子どもたちの未来。私たちの未来も。
石川博夫
君の未来を祝福し、新しい門出をお祝いする。

良子の想いは儚く散ったのです。

 

イタリア料理店では、オーナーがペペロンチーノの味のチェックをしていました。

大城房子
ダメ。バランスが悪い。
のぶ子
待ってください。うちも食べましたけど、美味しいと思いました。絶対にこれでも大丈夫です。
大城房子
大丈夫?あと10年、1日も欠かさずに料理をやってからいいなさい。
のぶ子
オーナーは、自分で料理しないくせに偉そうです。みんなそう思っています。
大城房子
少なくとも、あなたよりはうまくできると思うけど。
のぶ子
ペペロンチーノをどっちが美味しく作れるか。うちが勝ったら、まかないを作らせてください。
大城房子
あなたが勝ったら、まかない当番に入れてあげる。ただし、負けたらあなたはクビ。

33話(5月25日)「歌子の気持ち」

のぶ子(黒島結菜)は、クビをかけオーナー大城房子(原田美枝子)とペペロンチーノの対決をすることになります。

そのため、のぶ子は毎日ペペロンチーノをつくって研究をします。

のぶ子
わかった。ペペロンチーノは、すごく奥が深いというもの。

一方、沖縄では良子(川口春奈)は石川(山田裕貴)をあきらめて、金吾(渡辺大知)の求婚を受け入れることを決めます。

そして、歌子(上白石萌歌)は良子の様子を心配して石川(山田裕貴)に会いにいきます。

歌子
ねえねが結婚しても幸せですか。幸せでないなら、ねえねを止めてください。

そして、両家の顔合わせが行われます。

34話(5月26日)「良子の結婚」

比嘉家のある沖縄やんばる地方では、金吾(渡辺大知)と良子(川口春奈)の顔合わせが行われていました。そこに、石川(山田裕貴)がやってきました。

石川博夫
良子さんが好きなんです。結婚したいんです。
良子
ぼけかす。なんで今更?遅すぎるよ。金吾さん、ごめんなさい。私は、石川博夫さんと結婚します。

 

一方、のぶ子はクビをかけオーナー大城房子(原田美枝子)とペペロンチーノの対決にのぞみました。先に料理するのぶ子は研究の成果を発揮します。

35話(5月27日)「ペペロンチーノ対決」

のぶ子(黒島結菜)は負けたらクビの「ペペロンチーノ」対決に挑みました。背水の陣で作った、のぶ子のペペロンチーノは二ツ橋(高島政伸)らシェフに認められます。

二ツ橋光二
うん。よく出来てると思います。
大城房子
悪くない。沖縄の島にんにくを使ってるのね。

房子(原田美枝子)もペペロンチーノを作ります。それは、のぶ子のとは比べ物にならないぐらい美味しいものでした。

二ツ橋光二
お見事としか、いいようがありません。
のぶ子
私も早くこんなの作れるようになりたい。おかわりいいですか。

のぶ子は、クビになりかけますが房子からの条件をのむ形でクビを免れました。そして、まかない当番にのぶ子も入れてもらうことになりました。

 

実家の沖縄県やんばる地方では良子(川口春奈)は石川(山田裕貴)と結婚することになります。のぶ子も東京からかけつけます。

のぶ子
ねえね、でいじキレイ。
歌子
幸せになってね。

一方、賢秀(竜星涼)は再び実家をでて関東を旅している途中で、豚と運命的な出会いをすることになります。

東京に戻った、のぶ子は初めて雪をみました。

ちむどんどん第7週のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第8週のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

ちむどんどん第8週ネタバレ,あらすじ
ちむどんどん公式ブックはコチラ
ちむどんどん相手役ネタバレ/結婚相手は?
ちむどんどんネタバレ,キャスト総まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。