ちむどんどん第60話あらすじ「恋心」感想

このページは、NHK朝ドラ「ちむどんどん」第60話のあらすじ,感想をまとめています。また、あらすじは吹き出し、会話形式でわかりやすさをプラスしてお伝えしています。

ちむどんどん第59話のあらすじで、和彦(宮沢氷魚)とのぶ子(黒島結菜)は仲直りしますが、和彦と愛(飯豊まりえ)がキスをしようとしていたことに嫉妬します。

 

ちむどんどん第60話のあらすじは、キスをしようしているところからはじまります。ちむどんどん第60話のタイトルは「恋心」です。

ちむどんどん第60話あらすじ

和彦(宮沢氷魚)と愛(飯豊まりえ)がキスしようとしたところ、のぶ子がじっとみてしまいます。それに、愛(飯豊まりえ)も気づきます。

大野愛
おやすみなさい。

そういって、愛は帰っていきます。和彦は、愛を追いかけていきます。のぶ子は元気なく、あまゆに帰ってきます。

金城順次
昼に、フォンターナのオーナーから何度か電話がかかってきたよ。
のぶ子
オーナーからですか。

沖縄では、歌子(上白石萌歌)が優子(仲間由紀恵)に聞きます。

歌子
お母ちゃんとお父ちゃん、どこで出会ったの?
良子
結婚前のこと、何も聞いたことないね。
優子
良子は?晴海に聞かれたらなんて答える?なんでお父さんとお母さんが結婚することになったのって?
良子
先生になるために、勉強して出会って・・・お父さんと一緒に沖縄の未来を話し合って、お互いに立派な先生に一緒になりたいって思ったから。
歌子
素敵だね。

賢秀(竜星涼)はフォンターナで、8本のワインを飲んでオーナーの部屋で、すっかり酔いつぶれていました。

のぶ子
ボケカス。なにをしている。

しかもそこで、房子(原田美枝子)が大切にしていた秘蔵のワインを飲みます。

大城房子
やってられない。おいしい酒でも飲まなければ、やってられない。私に付き合いなさい。

そういわれて、のぶ子は初めて房子と一緒にお酒を飲みます。

のぶ子
これ、バニラの香りがして、まろやか。
大城房子
もう一杯。

その頃、和彦は三郎(片岡鶴太郎)と飲みます。

和彦
愛には、なんの問題もない。僕には、もったいないぐらい。ただ、このまま結婚してはいけないような気がして。
三郎
何度も迷うことがある。そのたびに、えいやって決めなきゃいけない。

のぶ子は房子と話している途中で、自分が和彦に恋していることに気づきます。

のぶ子
もう一杯いいですか。
大城房子
愛がおそれているのは、愛の破滅よりも愛の変化である。ニーチェの言葉。
のぶ子
やんばるの頃に戻りたいさ。
大城房子
つまり、あなたは生まれてはじめて、恋をしてるってことね。答えは、あなたにしかわからない。あなたのお父さんとお母さんも惹かれあって、だからあなたが生まれた。
のぶ子
お母ちゃん、会いたい。お父ちゃん、会いたい。もう一杯いいですか?
大城房子
しょうがないね。まず、あなたがどうしたいのかわからないと。
のぶ子
恋人がいるのに・・・好きとか言えないじゃないですか。

そういって眠ってしまいます。ちむどんどん第60話のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第61話のネタバレ,あらすじにつづく



ちむどんどん第60話感想

ちむどんどん第60話のあらすじでは、のぶ子が房子と一緒にお酒を飲んだことで、和彦のことが好きであることを気づくというストーリーでした。

最初のシーンで、のぶ子がじっと見ていることで、愛は帰っていきました。あのシーンは、のぶ子がじっと見るのをやめないといけないと思いました。

 

回れ右して、来た道を帰るのが正解かな。愛は、和彦がのぶ子のことを気にしてることに、もう気づいていると思います。

なので、和彦がキスできなかったことは、余計に疑われるでしょうね。なので、あのシーンは和彦とのぶ子にとってマイナスしかない印象です。

 

そして、のぶ子自身が和彦のことを好きなの気づくの遅すぎです。房子は、おそらくずっと前から気づていたんじゃないかなって思います。

だから、新聞社に届け物をお願いしているし。しかし、賢秀はどうしようもないです。支払いは、どうするのかな?のぶ子の給料になってしまいそうです。

 

まあ、賢秀のおかげで、のぶ子は初めて房子とお酒を飲むことができました。そして、自分の気持ちを確認することもできました。

悪い面だけではないのですが、いつになったら彼は真面目に働くのかな。そんなことを思ってしまいます。

 

そして、房子は厳しいように見えて本当はすごく優しい人です。のぶ子は、超絶失礼ですけど・・・あの上品な対応です。

のぶ子にも少しは見習ってほしいなって思います。ちむどんどん第60話の感想はここまで。ちむどんどん第61話の感想につづく。

ちむどんどん第60話みんなの感想

ここからは、ちむどんどん第60話のYahoo!みんなの感想(https://tv.yahoo.co.jp/review/717608)を引用して感想をみていきます。

愛と和彦が抱き合う瞬間を目撃してしまう暢子。そして、暢子に気づき愛ではなく暢子を見つめる和彦。そして「おやすみなさい」とその場を去ってしまう愛

愛は最後の望みをかけて「私を見て」の抱擁のはずが暢子に目がいってしまう和彦。恋愛に鈍感だった暢子にとってもショックで立ちすくんでしまう

ハッキリしない和彦にイライラしてしまうが短時間でそれぞれの心境がわかりやすく描かれていた。あの後、愛は号泣したに違いない

どうも暢子が酔ったようには見えず、黒島結菜さんがワザとらしく酔った演技をしてるようにしか見えませんでした。

ところで、豆腐屋の容態はその後 どうなったのでしょうか? まさかのスルーでした。ドラマの中でさえ誰にも気遣われないのですから、視聴者が誰も心配しないのは当然でしょうね。

暢子とニーニーとオーナー。親戚とは言えオーナー室で高いワインを飲みあさるニーニー。そして暢子は房子が大事にしている古酒を勧められるまま飲んで、最終的にオーナー室は居酒屋状態

これで暢子は兄と自身の酒代分もオーナーに恩返しする必要が出てきた。暢子はずっとフォンターナで働き兄の分まで恩返し。房子は(二ツ橋は)暢子を後継者に考えているようにも思える。

賢秀の借金、今回は恐らく房子の恩情で暢子の支払いはチャラにされるのだろうけど、賢秀の行くところ必ず金銭トラブルに見舞われるのだから家族も見放していいのでは?暢子も賢秀の負債を全て代わっていたら一生借金に追い回されることになる。

和彦くんが落ち込んで?後悔?してるのはフィアンセの愛ちゃんを傷つけたってことより、ハグしてキスしようとしてるとこを暢子に見られてあんな悲しそうな眼をされたことが、原因なんでしょうね。

もう、覆水盆に返らず、よね。暢子が諦めますって言っても、和彦くんはもう止まらないと思うわよ。

ちむどんどん第60話のみんなの感想では、愛と和彦がキスしようとしたシーン。のぶ子が房子とお酒を飲むシーン。賢秀の支払いのお金にかんする感想が多くありました。

賢秀の支払いについては、おそらく、のぶ子になるのかなって思います。もしくは、お金のところを描かないパターンもありえるかなってイメージです。

 

賢秀は、基本的にあちこちでお金の問題を起こしていますが結局、返済していません。(その部分を描いていない)なので、今回も描かないパターンかなと思います。

もしくは、房子がのぶ子に免じて許すみたいな可能性もありますね。また、のぶ子と房子が飲むシーンは確かに、お酒飲んでいるって感じがしなかったって感想が多数ありました。

 

これは、私も思いました。酔っているってイメージを持てなかったです。いつもと同じ感じでした。途中から見ると酔っているってわからなかったと思います。

もう少し、明らかに酔っていることがわかる演出があったほうが良かったのかなって気がしました。

 

愛と和彦がキスしようとしたシーンについては、取り上げているコメントの最後のが的を得てると感じます。

和彦は、のぶ子に見られたところがショックだったのだと思います。最終的には、のぶ子と和彦がくっつくのは間違いない。

 

その過程がどのようになっていくのか。ここを楽めたらなって思います。ちむどんどん第60話みんなの感想はここまで。ちむどんどん第61話みんなの感想につづく

 

あなたにおススメのページ

ちむどんどん第61話のネタバレ,あらすじ
ちむどんどんの相手役ネタバレ/結婚相手は誰?
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
ちむどんどん公式ブックはコチラ
ちむどんどんネタバレ,あらすじ第12週



 

2件のコメント

ネットで売りだすと 病院で売れなくなり 将来的に 売れなくなりますよ 津田さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。