ちむどんどん第61話あらすじ「智のプロポーズ」

このページは、NHK朝ドラ「ちむどんどん」第61話のネタバレ,あらすじを吹き出し(会話形式)でわかりやすさをプラスしてお伝えしています。

ちむどんどん第60話のあらすじで、のぶ子(黒島結菜)は和彦(宮沢氷魚)へ恋していることに、初めて気づきました。

 

ちむどんどん第61話のあらすじは、のぶ子が房子(原田美枝子)と話している続きからはじまります。ちむどんどん第61話のタイトルは「智のプロポーズ」です。

ちむどんどん第61話あらすじ

のぶ子(黒島結菜)は、房子(原田美枝子)と初めて一緒にお酒を飲んだ時の会話で、自分が和彦(宮沢氷魚)が好きなことに気づきます。のぶ子にとっては、それは初めての気持ちでした。

のぶ子は、その日から和彦に対する想いを募らせます。それが、フォンターナでの仕事に影響がでるようになっていました。

 

そんなある日、4人で会う機会がありました。のぶ子は、和彦を好き。智は、のぶ子が好き。愛(飯豊まりえ)は和彦が好き。和彦は、のぶ子のことが気になっているという状況です。

4人で会ったことで、仕事にまで支障が出ていたので、二ツ橋(高嶋政伸)からアドバイスをもらいます。そのことで、のぶ子の感情が落ち着くようになりました。

そして、仕事に支障がでてはいけないと、気持ちを切り替えていきました。

 

一方、和彦は愛(飯豊まりえ)との結婚を着々と進めていました。そして、ずっと、のぶ子に対して片想いをしていた智(前田公輝)はついに告白を決意します。

砂川智
のぶ子、お前のおかげで独立開業もできた。仕事が落ち着いてきたら俺と結婚してくれ。

このプロポーズによって、のぶ子、和彦、愛、智の恋愛関係にさらに大きな影響がではじめました。

 

その頃、フォンターナでは大変な出来事が起きていました。それは、スタッフが3人同時に退職を申し出たのです。

ちむどんどん第61話のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第62話のネタバレ,あらすじにつづく。



あなたにおススメのページ

ちむどんどん第62話のネタバレ,あらすじ
ちむどんどん第14週のネタバレ,あらすじ
ちむどんどんの相手役ネタバレ/結婚相手は誰?
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
ちむどんどんネタバレ,あらすじ第12週



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。