ちむどんどん第62話あらすじ「うち、諦めます」感想

このページは、NHK朝ドラ「ちむどんどん」第62話のあらすじ,感想をまとめています。あらすじは、吹き出し(会話形式)でわかりやすさをプラスしてお伝えしています。

ちむどんどん第61話のあらすじで、フォンターナのスタッフが3人いっきに退職届を置いてこなくなりました。

 

ちむどんどん第62話のあらすじは、フォンターナで3人が退職するところからはじまります。ちむどんどん第62話のタイトルは「うち、諦めます」です。

ちむどんどん第62話あらすじ

のぶ子(黒島結菜)が勤務するフォンターナでは、3人のスタッフがいっきに退職してしまいます。そのため、厨房がまわらない事態になることが必至です。

通常であれば、フォンターナは営業することも難しい状態です。

二ツ橋光二
臨時休業にするしか・・・
大城房子
店は休みません。私が厨房に入ります。
のぶ子
まさかや

フォンターナは、ランチも夕食も予約で満席でしたが・・・厨房では・・・

のぶ子
味見お願いします。
大城房子
薄い。
のぶ子
すぐ直します。

房子(原田美枝子)は、次々と指示を飛ばし、自ら料理を作り厨房を回します。

大城房子
1番様のお食事のペースは?
のぶ子
前菜まもなく終わります。
大城房子
手が止まってる。

その日が終わりました。

二ツ橋光二
オーナー、明日は?
大城房子
助っ人頼んでおいたから大丈夫。

その晩、のぶ子が一人で仕込みをしていると、愛(飯豊まりえ)がフォンターナにやってきました。

大野愛
のぶ子さんに話があってきたんです。
のぶ子
私も、愛さんに話があった。どうぞ。座って。
大野愛
のぶ子さんの話ってなに?
のぶ子
うち、和彦くんのことが好き。でもさ。諦める。うちは、たぶん生まれて初めて男の人を好きになって仕事も手につけられないようになった。だけど、今日でいじ忙しかった。好きだけど、きれいさっぱり諦める。
大野愛
すごいね。のぶ子ちゃんは。
のぶ子
店のトラブルがあったからだね。
大野愛
なにがあったの?
のぶ子
今日、3人がいきなり辞めて、これ全部やらなければならないさ。
大野愛
手伝う。

二人は、一緒に料理の仕込みをしながら話をします。

大野愛
一つ聞いていい。のぶ子ちゃんの幸せって、恋愛より仕事?
のぶ子
わからないけど、料理をしている時はちむどんどんしてる。

そして、愛はファッションの企画をすすめることにしました。

田良島甚内
大野にしかない、大野らしい企画にしてこい。

その頃、沖縄のやんばるでは良子(川口春奈)が児童との関係に悩んでいました。

良子
まこと。先生の話を聞いて。逃げないで。

しかし、まことは良子の手を振りほどき去っていきます。ちむどんどん第62話のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第63話のネタバレ,あらすじにつづく。



ちむどんどん第62話の感想

ちむどんどん第62話のあらすじでは、フォンターナは3人のスタッフが辞め大忙し。しかし、オーナーの房子が指示を飛ばし、店を回しました。

そして、和彦のことで愛がのぶ子を訪ねてやってきました。のぶ子は、和彦のことが好きだったけど、きっぱり諦めると愛に伝えました。

 

う~ん。3人分の穴を1人で埋める房子って、どれだけすごいんだ?あれだけできるなら、いつも厨房に立ってもいいと思うんだけど、あくまで1日限定なんですね。

房子1人で3人の穴を埋められるなら、スタッフが3人もいらないじゃんって思ってしまいました。私も昔、飲食店で働いたことありますが・・・上手に回せる人がいると本当にスムーズになります。

 

店長がいる日といない日では、まわり方がまったく異なりました。なので、房子は料理ができるだけでなく、全体が上手に見える人なんですね。

のぶ子と愛のシーンは、やっぱりのぶ子だなって思いました。いつも言いますが、良くも悪くも素直です。愛に和彦のことが好きって言ってしまいます。

 

普通は、あそこは濁すところです。それでも、きっぱりと諦めるっていうことができるから、愛にすごいって言われたんだと思います。

恋愛ってそんな簡単なもんじゃないって思ってしまいましたが・・・。今後、どうなるんですかね。のぶ子が諦めても、和彦は・・・ってところはあります。

 

愛は、のぶ子の気持ちを確かめるよりも、和彦の首根っこをつかまえておく方が大事なのかなって思いました。ちむどんどん第62話の感想はここまで。ちむどんどん第63話の感想につづく

ちむどんどん第62話みんなの感想

ここからは、ちむどんどん第62話のYahoo!みんなの感想(https://tv.yahoo.co.jp/review/717608)を引用して感想をみていきます。

暢子にとっては、まだ愛に気持ちがバレてない状況だったのにわざわざ和彦への思いを話すのは
ちょっと理解できないけどま、それが暢子ってことなんだよね。

良子を気に入らないのはよーく分かるけどあの時代で先生をガン無視できる子はあまりいなかったかも…。

調理中にうっとり見とれてたり、閉店後に外部の人間が訪ねてきたり、調理場に入ってきて、仕込みを手伝ったりすることはないと思う。(たぶん)それにしても、愛のほうが暢子よりも手際がよいように見えた。

オーナーかっこいい。ようやくフォンターナがまともなレストランに見えた。よかった。ああいうキビキビした厨房が見たかった。しかし、皆さん指摘している通り、愛ちゃんのほうが皮むきの手際がよいという。

暢子、喋りながら皮むいたらどう?オーナーに見惚れる演出も一回でいい。厨房シーンあまり仕事してなかったよね。今のところ、暢子が手際よく見えないのは、この先自分の店を持ったとき、オーナー並みに上手になったと見せるため。多分。

暢子は案外、誰とも結婚しないかもね。和彦と結婚すると見せかけて、結婚はしないパターンじゃないかな。だって、このドラマは後出しジャンケンみたいなパターンが多かったから。

矢作が既婚だったり、歌子が好きと見せかけて、花城が経理の女性と結婚発表したり。それにしても、大城オーナーがあの厨房の中で一番、一流の料理人って感じがしたよ。

ちばりよ 良子ねーねー。教師が生徒と同じ目線の高さとか、学校コンプライアンスで生徒と平等に、なんて言い出したのは平成ごろじゃないの?

学校の先生て、黙って言うこと聞けバシッ、がふつうだったんじゃないの?良子ねーねー、ちばりよー、悩むこたーない。それにしてもはーちゃん、川口春奈はこういう生真面目で不器用な役にぴったりだわ。

ちむどんどん第62話のみんなの感想では、良子が先生として思い悩むところに対する感想が多かったです。他には、オーナーの厨房さばき。

あとは、のぶ子と愛のシーンの感想が多かったです。良子については、かなり批判が多い感想が目立ちました。先生に向いてないとか・・・。

 

ただ、この時代はこんな先生が多かったと思います。私も、あんな先生のイメージが強いです。今と違って、先生に力ありましたから。

今は、すぐに教育委員会とかに行く親が多いので、先生は難しい職業だと思います。理想だけでやれないですから。

 

私は、前の感想にも書きましたが、やる気がないからって理由で、小学生の時に学校にくるなって先生に3日間強制的に休むように言われたことがあります。

なので、良子が特別厳しいとは思わないです。ただ、まことの話を聞いてあげる耳はもってあげてほしいかなって思いました。

 

オーナーの厨房は、本当に見事でした。原田美枝子さんのお芝居がすごい。料理もしっかりやってきているんだと思います。

どうしても、のぶ子と比較してしまいますよね。なので、批判的なコメントが目立っていました。

 

愛とのぶ子も、愛の方が上手ってコメントが多数ありました。「暢子が手際よく見えないのは、この先自分の店を持ったとき、オーナー並みに上手になったと見せるため。」であってほしいですね。

恋愛については、のぶ子は誰とも結婚しないパターンってのも、みんなの感想を読んでありって思いました。愛と和彦がうまくいって、のぶ子は料理に邁進でもいいのかなって。

 

それなら、いい意味で期待を裏切ってくれることになりそうです。ただ、のぶ子がそうであっても、和彦がのぶ子をどう思っているのかってのが、ネックになりそうです。

ちむどんどん第62話みんなの感想はここまで。ちむどんどん第63話みんなの感想につづく

 

あなたにおススメのページ

ちむどんどん第63話ネタバレ,あらすじ
ちむどんどんの相手役ネタバレ/結婚相手は誰?
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
ちむどんどん公式ブックはコチラ
ちむどんどんネタバレ,あらすじ第12週



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。