ちむどんどん第66話あらすじ「事情を抱えた家族」感想

このページは、NHK朝ドラ「ちむどんどん」第66話のあらすじ,感想をまとめていました。あらすじは、吹き出し(会話形式)でわかりやすさをプラスしてお伝えしています。

ちむどんどん第65話のあらすじで、愛(飯豊まりえ)の企画のため、のぶ子(黒島結菜)たちは4人で協力していました。そして、4人で海にいきました。

 

ちむどんどん第66話のあらすじは、4人が濃密な時間をすごすところからはじまります。ちむどんどん第66話のタイトルは「事情を抱えた家族」です。

ちむどんどん第66話あらすじ

愛(飯豊まりえ)の企画を手伝うことで、暢子(黒島結菜)、和彦(宮沢氷魚)、智(前田公輝)たち4人は濃密な時間をすごしました。

のぶ子は実家に、近況を伝える手紙を送りました。

のぶ子
お母ちゃん、ねえね、歌子元気ですか。うちは、益々、忙しく働いています。まだまだ勉強の日々ですがお客様に美味しいと言われることが、でいじ嬉しいです。

智もお客様が増えて順調です。和彦君と愛さんの新居がきまりもうすぐ結婚します。和彦くんは、結婚を機に鶴見から離れます。お盆には、休みをとって帰ります。

いつものように、あまゆで4人で食事します。

砂川智
結婚祝いは、何がいい?
大野愛
今日、お父さんからの電話なんだったの?ごめん、お父さんがせかして。
和彦
引越しの日取りを早く決めてくれって。
大野愛
ごめんね。せっかちで
和彦
ううん。僕がのんびりしているから

沖縄県人会で、沖縄角力大会が行われようとしていました。

和彦
結局、一度も参加できなかったな。智が2年連続優勝してるんだよね?
のぶ子
うん。この日、私、お休みだから見に行ける。
和彦
じゃあ、僕も参加してみようかな。鶴見最後の思い出に。
のぶ子
相撲大会に?真剣?勝てるわけないさ。
和彦
勝ち負けの問題じゃないさ。参加することに意味がある。

フォンターナで、のぶ子がはりきって仕事をしている時に、一組の家族がやってきました。その家族は、房子(原田美枝子)との昔からの知り合いです。

大城房子
お待たせしました。ポルチーニのリゾットでございます。

丁重に接客するオーナー。

のぶ子
年に1度のお客様?
二ツ橋光二
西郷さまは、毎年娘さんの誕生日に年に1度来店してくれる特別なお客様なのです。5年前に奥様が亡くなり、2人で来られます。
のぶ子
思い出の場所、思い出の味。

その西郷親子は、事情を抱えて来店してきていました。西郷さんは、子どもに再婚の話をしました。そのことで、子どもは怒って出ていきます。誕生日ケーキは残ったままでした。

砂川智
父親が再婚?
のぶ子
お相手は、お母さんが入院していた時にお世話になった看護婦さん。すごくよくしてくれたって。
大野愛
わかるな。娘さんの気持ち。父親をとられる寂しさ。思春期ならなおさら、親の恋愛とかみたくないかも。
和彦
恋愛は、理性だけではどうにもならないから。人を好きって気持ちは誰にも止められないし、無理やり止めれば、心の傷になる。
砂川智
結婚と恋愛は違うと思う。一番は生活基盤。次に育った環境や親、兄弟のことをよくわかっているとか。

そんな話をしていても、愛は浮かない顔をしていました。愛の記事が社内で評判がいまいちだったからです。

大野愛
実は、社内での評判がよくなくて。女性の視点に偏りすぎてるって。
のぶ子
そんなこと絶対ない。頑張って。

愛が帰って、和彦とのぶ子が2人になったところで、賢秀(竜星涼)が女性を助けようと、殴られてあまゆに入ってきます。

賢秀
のぶ子、みてたよな。先に手だしたのは、こいつらさ。
のぶ子
にいにダメ。元ボクサーなのに。

ボクサーであると聞いて、その男たちは逃げていきます。そして、賢秀は助けた女性に一目惚れします。ちむどんどん第66話のネタバレ,あらすじはここまで。ちむどんどん第67話のネタバレ,あらすじにつづく



ちむどんどん第66話感想

ちむどんどん第66話のあらすじでは、愛と和彦の結婚は着々と進みます。そして、フォンターナに年1度訪れるお客様がやってきました。

しかし、父親が再婚することで娘が怒って帰るというストーリーでした。最後に、賢秀も再び登場しました。

 

66話については、恋愛色がほぼない状態でしたね。愛と和彦の結婚は進んでいる状況ですが、和彦の気になる言葉もありました。

理性だけで止められないってのは、自分のことを言ってるのかなって思ってしまいました。この辺りは、智が結婚観をもってるのに対し、和彦は感情のままにという印象です。

 

恋愛については、もう一波乱ありそうですね。また、このタイミングで、西郷さん親子の話を入れてきたのはどんな意図があるのかなってのも気になりました。

再婚の話でいうと、のぶ子の周りでは優子(仲間由紀恵)ぐらいしか可能性がないので、その前段階ってところの伏線なのかな。

 

あの親子がうまくいって、優子もうまくいく。そんなストーリーになるのかなって予測しています。そして、最後の賢秀・・・懲りないですよね。

Yahoo!みんなの感想では、賢秀が出演すると必ず、もう出なくてもいいってコメントが必ずでます。今回もそんな感想がでてきそうです。

 

賢秀は、養豚場の彼女にしておけばいいのにって思ってしまいますね。ちむどんどん第66話の感想はここまで。ちむどんどん第67話の感想につづく

ちむどんどん第66話みんなの感想

ここからは、ちむどんどん第66話のYahoo!みんなの感想(https://tv.yahoo.co.jp/review/717608)を引用して感想をみていきます。

すったもんだがありました。てっきり愛は和彦と別れるとばかり思ってましたが、えっ!結局は何事も無かった如くなのかぁ…。

まだ少し燻ってる感は残ってますが、和彦と愛が一緒になる流れになるってことは、このグズグズした煮えきらない感じはこのあともずっと引っ張る事になるのでしょうか?それは勘弁して欲しい。

あの特別なお客様の父娘(娘役は直虎のチビ直虎!大きくなったなぁ…)は優子お母ちゃんの再婚を理解するためのフックなんだろなぁ…。あれもこれもとネタは沢山あるけど、虻蜂取らずで今一つ中途半端にも感じるなぁ。

どーやら海でのチューはサヨナラのチューではなかったようだな。つきあいは続いていて引越日まで決まったようだ。それなのにあいかわらずの未練タラタラのカス彦だな。

今朝も気持ち悪かった。ケンシュウはいらない。

兄要らない。兄の展開が全く要らない。待ってましたのような感じになっているが兄は要らない。

フォンターナの客の再婚話を優子の再婚話に繋げようって筋書きですかね?

西郷夫人のエピソードを入れたのは、暢子の母にも再婚話が出ることの布石?まあ、比嘉家の子供達はもう成人してるから、母親の再婚なんて関係なさそうだけど。

それでドタバタして、そのどさくさで暢子が和彦を略奪愛?なんか、そういう嫌な予感しかない・・・。

ちむどんどん第66話のみんなの感想では、フォンターナに来た常連客の西郷さんの再婚話は、優子への伏線という感想や和彦が気持ち悪いという感想。

そして、いつも通り賢秀のシーンはいらないって感想が多かったです。賢秀については、またフラれるのが目にみえているので、箸休め的な存在かなと思います。

 

その箸休めがいらないって言われている感じです。家族に迷惑ばかりかけていますので、仕方ないとは思いますが。

和彦と愛については、もっと途中経過を描いてほしいって感想がありました。確かに、なんか何にもなかったように進んでいっています。

 

愛がキスして、のぶ子がそれを見てしまうって後のところで特になんもなかったんで、どうなったのかなって思っている人は多いと思います。

また、抜粋には取り上げていませんが、いなくなったコック3人はどうなったのかっていう感想も見受けられました。

 

コック3人は戻ってくることなくっていう形なので、描かれてないのかなって思います。確かに、もう少し店のドタバタのところを描いても良いのかなって感じました。

そして、フォンターナに西郷親子が来たことについては、自分の感想にも書きましたが優子の再婚話の伏線なのかなと思います。

 

なので、Yahoo!みんなの感想の取り上げた方たちと同じ気持ちですね。今後、優子の再婚へどのように流れていくのか楽しみですね。

その時に、のぶ子がどんな反応をするのかも気になるところです。ちむどんどん第66話みんなの感想はここまで。ちむどんどん第67話みんなの感想につづく

 

あなたにおススメのページ

ちむどんどん第67話のネタバレ,あらすじ
ちむどんどん第14週のネタバレ,あらすじ
ちむどんどんの相手役ネタバレ/結婚相手は誰?
舞いあがれ!ネタバレ,あらすじキャストまとめ
ちむどんどん公式ブックはコチラ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。