とと姉ちゃん(135話)感想「まさかの異動!」あらすじ

うみ

こんにちは。このページでは、朝ドラ「とと姉ちゃん」の感想あらすじをお伝えしてんね。その中の第135話(9月7日放送)の放送分のあらすじ・感想になります。タイトルは「まさかの異動!」やんね。さっそく、1話ごとのあらすじ・感想を下記にアップしてんねんな。

とと姉ちゃん135話のあらすじ!

とと姉ちゃん134話のあらすじで、星野(坂口健太郎)と常子(高畑充希)が初キッスをします。いよいよ二人の関係がさらに発展しそうなところです。とと姉ちゃん135話のあらすじは、その続きからスタートしてんね。

星野の家では朝ごはんを青葉と大樹が食べててんね。大樹が足のやけどを気にして何か言いたそうなんですが、星野はもう会社に行かなければいけないといって大樹の話を聞いてあげる時間がなかってんな。

あなたの暮しでは、洗濯機の商品試験をするように水田(伊藤淳史)と話しをしてんな。美子(杉咲花)がキッチン森田屋に行くと、大東京新聞の国実が宗吉(ピエール瀧)に怒られてて帰れと言われてんな。

常子や花山(唐沢寿明)の足を引っ張るようなことばかり聞いてきたというねん。宗吉は、出る杭はうたれるというから気を付けるように美子に言ってん。南は、美子に結婚を待たせてごめんなと言って抱き合うねんね。

一方、星野の会社では2年前に出してた異動願いが受理され2週間後に実家のある名古屋行かなくてはいけなくなるんやんな。子供のことを考えたら残業の少ない方がいい。そう希望しててんね。星野が家に戻ると、常子が来ててんな。

青葉と大樹は常子のお土産でシュークリームを食べてんな。常子があなたの暮しの発行部数が増えることを喜んで星野に話てんやんな。

翌日、星野は、あなたの暮しを手にとって悩んでてんな。常子が女の人の役に立つ雑誌をつくりたい。それが私の夢だと語っていた常子の様子を思い浮かべてんな。

星野は、家に戻って家政婦さんと一緒に洗濯物をたたむねんね。そこで、大樹が長ズボンをはいていっていることに不思議に思う星野。いつも、星野が半ズボンを用意しているからやんね。夜、青葉が寝た後に大樹に確認してんな。

なんで、学校に長ズボンをはいていっているのか。大樹は、隣の席の女の子が火傷の跡見て気持ち悪いって言ったんだ。1回だけでないという大樹。だから、見えないように長ズボンを履いていたという大樹。

星野は、ごめんな、気づいてやれなくてと大樹に謝ってんな。常子は、おめかしして森田屋に行くと君子(木村多江)と美子に話をしてんな。星野と食事をする約束をしているというねんね。

そのことを聞いて、君子も美子も嬉しそうにしてんな。常子が森田屋で一緒にご飯を食べると、宗吉が青葉と大樹も残さず食べます。常子がデザートを食べ終わったら裏の公園で遊びませんかと星野を誘ってんな。

せやけど、星野は常子にお話があってお呼びしたというねん。とと姉ちゃん135話のあらすじはここまで。とと姉ちゃん136話のあらすじにつづく。








とと姉ちゃん135話の感想!

とと姉ちゃん135話のあらすじをまとめると、星野が会社から異動を命じられた回でしたね。また、大樹が火傷のことでクラスの子に悪口を言われているということを知ってん回やってんね。

なんか、とと姉ちゃんの134話のあらすじで初キッスをして・・・せっかくうまくいきかけてんけど・・・なんかな。異動ってどうなんやろ?自分が願い出ているので、今更取り下げれないんやろか。

常子と結婚して、東京で住むって選択肢は星野にとってはあれへんのやろか。どうなんやろ。私なら、なんとか常子と一緒に暮らしていきたいって思うんやけどね。

子供たちが常子になついているだけにね。なので、どうしても常子のことが好きなら結婚したいってなるんやけどね。ただ、一つ気になるところが火傷のことで悪口を言われている大樹のことやねんね。

このぐらいの子供だと、こういった傷がいやなんよね。いじめの原因になったりするんやんな。うちも5歳の子供がいてんけど、なんか5歳ぐらいでもいじめられたり、意地悪されたりですごく保育園に行くのが嫌だった時期があってんな。

せやから、星野の気持ちはすごくわかるねんな。まだ、うちの子は5歳ぐらいなんでこんなことがあって嫌だったりとかってのを言ってくれるからいいんですけどね。大きくなるにつれなかなか言い出せなくなってくるんですよね。

親に心配かけたくないって気持ちが出てきてんやんな。大樹なんかもそんな感じでしたよね。なかなか言いたくないし、言い出せないみたいな。普段は何もかわらずに生活してるようにみえるけど、心の中では傷を負っているみたいな。

こういうの見ると本当に泣いてしまうんやんね。自分の子供がいじめられてることを考えてしまって泣いちゃうやんな。だから、星野がどうするのかってのはここがポイントになりそうな気がしますね。

今日の最後に常子に話があるって言った星野はどこかマジな顔をしていたので、いやな予感をするんですけどね。どんな形で星野は常子に話をもっていくのか。そこが気になりますよね。

常子に相談するという形で話をするのか。それとも、星野がもう決めてからこうします的な話かたをするのか。その辺りの話をするシーンというのが気になりますね。

せやけど、常子はどんな形になったとしても引き留めたりしないと思うんですよね。性格的に星野の決断を尊重するというか、自分の気持ちを我慢してしまうというか。どうなんやろね。

この二人の関係がどのようになるのか。明日がとっても気になりますよね。とと姉ちゃん135話の感想はここまで。とと姉ちゃん136話の感想につづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん(136話)感想「涙溢れる別れの握手!」あらすじ

とと姉ちゃん(134話)感想「初キッス!」あらすじ

とと姉ちゃん 24週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

常子と星野武蔵の今後のネタバレはコチラ

とと姉ちゃん ネタバレ・最終回も結婚なし?詳しくはコチラ!!

べっぴんさん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 23週のネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)