向井理(小橋鉄郎/こはしてつろう役)

向井理・小橋鉄郎・こはしてつろう

2016年の4月4日にスタートするNHK連続テレビ小説、第94作目「とと姉ちゃん」。昭和初期を舞台にして、ヒロインを若手実力派女優の高畑充希が演じることですでに話題になってんねんな。

 

このページは、その朝ドラ「とと姉ちゃん」の中で、小橋鉄郎こはしてつろう)を演じはる向井理(むかいおさむ)さんについて紹介すんねな。また、それと併せて向井理さんが演じはる小橋鉄郎の「とと姉ちゃん」での見どころもお伝えしていくねんな。

 

まずは、そんな小橋鉄郎を演じる向井理さんについてお伝えしていくやんな。向井理さんは、2016年に34歳を迎えてんねな。最近は、これまでのアイドル的なイケメン男子のイメージを脱却し、味のある人生経験豊富な男を演じる機会が増えてきてんね。

 

身長182cmでサッカーが得意なスポーツマンやんね。明治大学を卒業しており、遺伝子工学を専攻してんな。

 

明治大学在学中、「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」という研究をしててんな。

 

2004年には、第29回 国際動物遺伝学会議「ベストポスターアワード」を研究チームのメンバーで受賞しててんね。

 

一方で、アルバイトで勤めていたカフェバーでも500以上のレパートリーをもつプロ級のバーテンダーであったという話もしててんね。演技でも研究熱心で、洞察力に裏打ちされた豊かな演技力が評価されていてんね。

 




 

とと姉ちゃんの小橋鉄郎の見どころとは?

とと姉ちゃんは、戦後の日本で希望や夢を持ち続けて、強く生き抜いていく人々を描いてかはるんやんな。NHKの朝ドラが素晴らしいのは、日本の歴史を細やかに描くだけではなく、主役クラスの豪華なキャストが揃うところも魅力的だ。向井理さんもその一人やんね。

 

向井理さんが「とと姉ちゃん」で演じる小橋鉄郎は、ヒロインの叔父にあたり、幼いころ両親を亡くして兄・小橋竹蔵(西島秀俊)と二人だけで生きてきた苦労人やねんな。

 

自分の運命を呪うかのように極めていい加減な性質があり、定職に就かずに一発逆転の儲けごと探し求めて全国を渡り歩いている男やねん。

 

ヒロインの小橋常子(高畑充希)からすれば、頭を悩ませる存在であるのだが、たびたび大事な場面で、小橋一家を援助し、親戚をとても大事にする人間味あふれる一面を持ちあわせてんねな。

 

困った時には、どこからともなく現れてヒロインを助ける、風来坊でありスーパーマンのような存在になんねん。「とと姉ちゃん」のキャストのなかでも注目したい存在である。

 




 

あなたにおススメの記事

西島秀俊(小橋竹蔵 こはしたけぞう役)

木村多江(小橋君子 こはしきみこ役)

宮原満吉はとと姉ちゃんの小橋鉄郎にそっくりなの?

高畑充希(小橋常子 こはしつねこ役)

相楽樹(小橋鞠子 こはしまりこ役)

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)