内田未来(常子・つねこ幼少期役)

このページは、NHKの朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロイン小橋常子幼少期を演じるキャスト・内田未来(うちだみらい)ちゃんについて紹介するページになってんねな。

また、それと併せて内田未来ちゃんが演じる小橋常子幼少期の見どころについても併せてお伝えするんやんね。

この常子の幼少期が今回の朝ドラではかなり重要なウエイトを占めますので、見逃せへん内容になってはりますよ。是非、1週目をお見逃しのないようにしてくださいね。

内田未来ちゃんはどんな子役なのでしょうか?








では、内田未来ちゃんがどんな子役なのか?まずはそこから見ていきたいと思うねんね。内田未来ちゃんは2005年11月生まれの現在、11歳やねんね。未来ちゃんは梅ちゃん先生で、ヒロインの幼少期を演じてたことでも有名やねんね。

これまで、2度もヒロインの幼少期を演じた子役はいたんでしょうか?記憶にないんですが、もし知ってたら教えてくださいね^^どちらにしても、NHKからの評価が高いということなんでしょうね。

今後かなり期待できそうな女優さんになりそうやんね。そのうち、幼少期ではないヒロインに抜擢されることもあるかもしれへんね。

お姉ちゃんも同じく子役で2歳年上の内田愛ちゃん。愛ちゃんはマクドナルドのCMや杏さんが主演だった月9「デート」に出演してんねな。主役藪下依子の幼いころを演じ、杏さんにそっくりと話題になっていましたよね。

内田未来ちゃんはというと、これまで梅ちゃん先生以外では「リーガルハイ」やジブリの「かぐや姫の物語」などに出演してんねな。CMにもいくつか出ているので、お姉ちゃんと共に売れっ子の子役と言って間違いあれへんねな。








とと姉ちゃんでの常子の幼少期の見どころとは?

では、そんな内田未来ちゃんの「とと姉ちゃん」での見どころはどういったところにあるのでしょうか?なんと言ってもおてんば常子をどのように演じてくれるのかってところが一つの見どころになると思うねんね。

物干し台に登って危険な行動をしたりするねんけど、発想力がとっても豊かなところを竹蔵(西島秀俊)に褒められたりするねんね。妹2人をぐいぐい引っ張っていく姿が今から楽しみやねんね。

そして、なんと言っても一番の見どころはその竹蔵の死をどのような表情で見送るのかということやねん。竹蔵にこれからは、ととの代わりに母の君子(木村多江)や妹の鞠子(須田琥珀)や美子(川上凛子)を守ってくという約束をするねんね。

それが今回の朝ドラのタイトルの「とと姉ちゃん」になってはるんで、ドラマ全体としても重要な演技になるんやんね。

その後、悲しみをこらえて「とと姉ちゃん」になることを宣言するねんけど、竹蔵の死と向き合う幼い長女ってところがドラマ全体としてのテーマとなってはるんで、ここをいかに内田未来ちゃんが演じてくれるのか?

1週目から父が亡くなるというシリアスな場面を、どのように常子が盛り上げてくれるのか。3姉妹の家族と父の死。とっても重たい内容やねんねけど楽しみやねんね。

特に、竹蔵の病気が治らないと知った時やその心の移り変わりにきっと感動するシーンがあることは間違いないでしょう。そのような演技を内田未来ちゃんなら期待出来るんではないでしょうか?








あなたにおススメの記事

西島秀俊(小橋竹蔵 こはしたけぞう役)

木村多江(小橋君子 こはしきみこ役)

須田琥珀(鞠子・まりこ幼少期役)

川上凛子(美子・よしこ幼少期役)

「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)