秋野暢子(森田まつ・もりたまつ役)

秋野暢子

2016年4月4日にNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」がスタートすんねんな。この「とと姉ちゃん」は、朝ドラ第94作目になってんねな。現在の「あさが来た」に人気があるだけに、「とと姉ちゃん」にも注目が集まるやんな。

このページでは、そんな「とと姉ちゃん」のキャストで森田まつを演じる秋野暢子さんについてご紹介してんねんな。また、「とと姉ちゃん」の中で森田まつについての見どころについてもお伝えしていくねんな。

とと姉ちゃん」に出演する、若手からベテランまでの多彩なキャストのなかでも、NHKテレビドラマの常連といっても過言ではないのが、秋野暢子さんやんね。

秋野暢子さんはどんな女優さんなの?








これまでに朝ドラは、1975年「おはようさん」1998年「やんちゃくれ」にも出演しているんやんな。

秋野暢子さんは、小学校の学芸会をきっかけに女優を目指すようになり、1974年NHK銀河テレビ小説「おおさか三月・三年」で女優デビューを果たしてんねな。

NHK作品でデビューを飾った秋野暢子さんにとっては、NHK連続テレビ小説は特別な思い入れがあるんとちゃうやろか。

女優だけではなく、1980年代には歌手活動を開始し、歌手としてバラエティ番組「オレたちひょうきん族」にもゲスト出演しててんね。

脇役として、主役よりも存在感のある演技が評価され、40年以上のキャリアのなかでドラマ、映画、舞台で100本以上の作品に出演してきたベテラン女優さんやんね。

一目でわかる特徴的なベリーショートは、秋野さんのトレードマーク。もうすぐ還暦を迎えるが、170cmの身長とスタイルの良さで、年齢を感じさせない美魔女っぷりも最近では人気やんな。

プライベートでは、3度の流産と離婚を経験し、並外れた人生経験をなされている様子やねんね。私たちには、わかれへん苦労を人一倍してはる方なんちゃうかなって思うねんな。








とと姉ちゃんでの森田まつの見どころとは?

とと姉ちゃん」では、ヒロイン小橋常子高畑充希)一家が父をなくした後に転
がり込む「森田屋」の大女将、森田まつを演じてんねな。

森田まつは、浅草で代々続く仕出し屋やってんけど、震災で家屋が被害を受けたことを機に、同じ下町の東京・深川に転居してんねな。

ピエール瀧さんが演じる「森田屋」を継ぐ息子の森田宗吉を溺愛し、誰よりも支えてんねな。小橋常子の一家を「森田屋」に住み込み女中として雇い、厳しく指導する指導役でもあんねんな。

そんな、森田まつの性格は毒舌やねんけど、根は心優しいんやんな。普段は女中としてはたらく、小橋一家に厳しいんやけども、仕事が終われば心やさしいおばちゃんになんねな。

なので、最初はとっても厳しいけど、徐々に小橋家のことを認めて支えてくれる役になってんねな。せやから、どんなタイミングで小橋君子(木村多江)や常子、鞠子(相楽樹)、美子(杉咲花)を認めていくのかが見どころになんねんな。

一見毒舌で、本当に子憎たらしい森田まつを演じる秋野暢子さんのキャラや演技が楽しみやんね。








あなたにおススメの記事

ピエール瀧(森田宗吉・もりたそうきち役)

平岩紙(森田照代・もりたてるよ役)

木村多江(小橋君子 こはしきみこ役)

高畑充希(小橋常子 こはしつねこ役)

「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪

杉咲花(小橋美子 こはしよしこ役)

相楽樹(小橋鞠子 こはしまりこ役)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)