とと姉ちゃん 13週のネタバレ・感想「常子、防空演習にいそしむ」

戦争

このページでは、NHKの朝ドラとと姉ちゃん」の13週ネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。とと姉ちゃんの12週の動画・ネタバレで、小橋常子(高畑充希)たち家族と最後まで反対した滝子(大地真央)の森田屋が別々になってんねな。

そうして、森田屋は高崎に移転すんねな。小橋家は目黒に引越してんね。とと姉ちゃんの13週は、その続きからスタートすんねんな。

とと姉ちゃん13週のネタバレ・あらすじは、下にのせています。その前に、13週の1話ずつの個人的な感想動画のリンクを貼ってんねな。

とと姉ちゃん(73話)あらすじ「美子のおもちゃ」感想

とと姉ちゃん(74話)あらすじ「鞠子の抑えている感情!」感想

とと姉ちゃん(75話)あらすじ「みんなが疑心暗鬼!」感想

とと姉ちゃん(76話)あらすじ「生きてることに感謝!」感想

とと姉ちゃん(77話)あらすじ「戦争の後の希望!」感想

とと姉ちゃん(78話)感想「鉄郎が頼もしい!?」あらすじ

とと姉ちゃん第13週全体のネタバレあらすじを開始します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昭和19年6月にマリアナ沖の海戦で日本軍は大敗するんやんね。サイパン島も大敗をきっしててんね。せやから、日本本土も間近に迫ってきててんね。あらゆる物資が不足してて、とりわけ食糧については、みなが空腹の中に毎日を過ごしててんね。

小橋家は目黒で、野菜を作っててんけどそれだけでは足りひんねな。千葉にまで行きぶつぶつ交換をして農作物をもらおうとしててんな。せやけど、古着や着物をぶつぶつ交換にもっていっても交換に応じる農家はいてへんねな。

ある農家に、孫の玩具なら交換してもいいと言われ、常子(高畑充希)や鞠子(相良樹)は美子(杉咲花)のままごとのおもちゃを思いつくねんね。しかし、それは滝子にもらった大事な玩具やねんね。美子は手放すことを猛反対するねんね。








美子のままごとの玩具!!

一方の滝子は、高崎に引越してから半年後に息を引き取っててんね。誰もがみな大切にしていたものを引き渡して生きていくしかない状況やってんな。

そのため、ついに美子のままごとの玩具をぶつぶつ交換に出してんやんな。その帰り、美子はこらえきれず泣きだすんやんね。そのことに常子も胸を痛めててんね。鞠子も女子大を出ても、家族を支るほどの収入もない軍事工場の仕事を情けなく感じてんやんな。

常子が働く甲東出版では、社長の谷(山口智充)や編集部員たちがどんどん徴兵され、残っているのは常子と五反田(及川光博)だけやってんね。せやから、細々とやっていてんねな。

中身は戦争を賛歌する内容のものしか書くことができず、常子はやりきれない思いがあってんね。12月に入ると、ついに五反田も戦争に召集されてんね。そのために、雑誌作りをしばらくやめなければならなくなるんやんね。








東京大空襲!!

昭和20年1月。常子は、甲東出版の蔵書を利用して貸本屋を細々とやっててんね。なんとか、配給のわずかな食糧で飢えをしのいでるんやんね。東京は、度々の空襲を受け常子たち家族も空襲におびえながら過ごしててんね。

それでも、小橋家の明るさが消えることはあれへんかってんね。君子(木村多江)は毎日、花を生け鞠子はわずかな明かりでも本を読み常子は家族を笑わせるように心がけててんね。

美子は、モンペにはぎれで作ったかざりつけをしたりしててんね。せやけど、そうした小橋家の暮らしは不謹慎だと組長の三宅光政から叱責されるねんね。

3月に入ると東京にB29の爆撃機が飛び回り東京大空襲がやってきてんねな。この空襲で死者は、10万人以上でてんねな。常子たちはかろうじて難を逃れてんねな。外に出ると、昔、銀座のビアホールで常子を助けてくれたお竜(志田未来)がいててんね。

お竜は、両親を空襲で亡くし、弟と妹を連れて川崎にいく途中だというねんね。とりあえず、家にあがりということで小橋家に上がって話しをするんやんね。話は、戦争が終わったら何がしたいかということになってんねな。

お竜達は、上野動物園に行きたいとはなすねんね。鞠子は小説を書きたい。美子はかわいい洋服を作ってきたい。常子は自分のしたいことができる雑誌をつくりたいと話てんね。

突然やってきた鉄郎!!

7月になると、鞠子は栄養失調から体調を崩してんねな。物取りが横行してる世の中で、小橋家は防空壕で身をひそめてるときに足音がしてんねな。泥棒っと思って覗いてみると、そこには鉄郎(向井理)がいててんね。

鉄郎は、年だから、今更兵隊も行くことはないし。男手があったほうがいいだろとおどけてみせてんね。常子たちは、少し気持ちが楽になり笑顔も増えていってんねな。そして、8月15日常子たちはラジオに耳を傾けてんねな。聞こえてくるのは天皇陛下の声。

玉音放送やねん。戦争がついに終わってんやんね。日本がどうなるのか?アメリカの兵隊に占領されるのか?そんな不安を口ぐちに話す美子や鞠子とは異なり、常子は突然叫んでんね。

できる。できるのよ。これから思うように生きることが出来る。作りたい雑誌が作れる。その喜びが体中を駆け巡ってんやんね。とと姉ちゃん13週のネタバレ・あらすじはここまで。とと姉ちゃん14週のネタバレ・あらすじにつづく。








あなたにおススメのページ。

とと姉ちゃん 14週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん 12週のネタバレ・感想まとめ!!

とと姉ちゃん ネタバレ・感想まとめ!

原作の「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪