とと姉ちゃん第2週のネタバレ・感想「常子、妹のために走る」

夕日
このページでは、NHKの朝ドラとと姉ちゃん」の2週ネタバレ・あらすじ・感想について書いてんねんな。とと姉ちゃんの1週に、主役の小橋常子(高畑充希)の父・小橋竹蔵(西島秀俊)が亡くなってんやんね。

 

その際に、父の竹蔵から自分の代わりに家族を支えて欲しいと頼まれ約束してんねな。そのため、母の小橋君子(木村多江)や妹の鞠子(相良樹)、美子(川上凛子)に自分が「とと姉ちゃん」になることを常子は宣言してんねな。

 

第2週は、その続きからスタートすんねんな。2週のタイトルは「常子、妹のために走る」やねんね。ネタバレ・あらすじは、下にのっけてます。その前に、1話ずつの個人的な感想を書いてんねんな。

とと姉ちゃん(7話)あらすじ「美子の寂しさ!」感想

とと姉ちゃん(8話)あらすじ「常子の空回り!」感想

とと姉ちゃん(9話)感想「鉄郎が泥棒?」あらすじ!

とと姉ちゃん(10話)感想「まりこの怒り!」あらすじ

とと姉ちゃん(11話)感想「君子が妾?」あらすじ

とと姉ちゃん(12話)あらすじ「一銭にもならない鳩」感想!

 

とと姉ちゃん第2週全体のネタバレあらすじを開始します。2週目のタイトルは、「常子、妹のために走る」です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昭和10年の春、15歳になった小橋常子(高畑充希)は高等女学校の4年生になっててんね。妹の鞠子(相良樹)は3年生、美子(根岸姫奈)は尋常小学校の4年生やねんね。

 

常子は、とと姉ちゃんになると決めてからというもの三つのことを決めてんねな。一つ「家族を守る」、二つ「妹たちを嫁に出す」、三つ「家を建てる」という目標やねん。

 

常子は、学校でも明るい人気者になっててんね。次女の鞠子は優等生として学内でも一目おかれる存在感を発揮しててんね。せやけど、三女の美子だけはある悩みを抱えててんね。

 

美子は誰とも話さず、いつも暗い顔で学校で過ごしていると、常子は美子の担任から聴かされるんやんね。そのことに驚く常子。家では、そんな様子はみじんもあれへんねね。

 

常子が美子の優しくきくと、父親のいない寂しさが根底にあることを知るねんね。美子は、学校の友達から父親の話を聴くだけで辛く寂しくなんねな。

 

君子(木村多江)も常子も優しくなんとか学校で溶け込めるように励まずねんけど、それもなかなかうまくいかへんねな。

 

なんとか話をしようと頑張る美子やねんけど、そうすることで同級生にからかわれてしまうねんね。そのことで、余計に心を閉ざしてしまうねんね。

その時に、ちょうど常子が美子に弁当を届けに教室にきてんやんな。暗くうつむく美子をなんとかしようとして、教壇にたった常子。

 

家では、明るくものまねなどをする美子の楽しい姿を話すねん。せやけど、それがかえってからかわれることになんねな。慌てて弁明しだす常子を恥ずかしくなった美子は無理やり教室からおい出すねんね。




とと姉ちゃんなんか信じない!?

帰宅すると美子は常子に怒った後に泣きじゃくるねんね。常子は美子に謝るねんけど、もう「とと姉ちゃん」なんか信じひんと言われてしまうねんね。

 

そして、常子はこういう時にととだったらどうするのだろうと考え悩むんやんね。数日後、亡くなった竹蔵の弟の小橋鉄郎(向井理)が常子の家に忍び込みお米を全部食べてしまっててんね。

 

そのことで、一気に家計は苦しくなるねんな。そこで、常子が見たのは近所の運動会やねん。二人三脚で1位になったらなんと米一俵がもらえるという商品つきになってんねん。

 

せやけど、大人の男性もでる運動会で一位になることは至難の業やねんね。それでも、鞠子が竹蔵が運動会で1位になって美子が大喜びしてたことを話すと、常子は二人三脚の特訓を始めるねんね。

 

自分が1位になって美子を喜ばせようと考えてんやんね。しかし、ここでもアクシデントが起こるねん。一緒に特訓していた母の君子が、運動会の前日に転んで手首を痛めて走れなくなってしまうねん。代わりに白羽の矢が立ったのは、鞠子やねんな。

 

鞠子は、勉強は優等生だが運動はからっきし。なので、断ろうとするねんけど常子と君子の説得になんとか出場することを決めるねん。

 

そして、2人は練習をするがどうしても息が合わすに鞠子は途中であきらめててんね。そこに、玉置茂雄(大内田悠平)とその弟の正雄(加藤諒)、幹雄(藤野大輝)がやってくんねな。

 

玉置三兄弟も二人三脚に出場するため、常子と鞠子のことをからかいにきてんやんね。せやけど、常子たちは玉置三兄弟を無視すんねな。

 

そして、玉置三兄弟は無視されたことに腹を立て、お前らのととはしつけもろくに出来なかったのかと捨て台詞をはいて去ってくねんね。鞠子は、ととのことまで悪く言われたことに腹をたてんねな。なんとか、あの兄弟に勝ちたい。そう思ってんねな。

 

常子の富士山作戦!!

常子もなんとか、玉置兄弟にひと泡ふかせるために、知恵をだしてかんがえてんね。そして、ついに速く走る方法をおもいつくねんね。いよいよ運動会の本番がやってきてんね。二人三脚が始まるねん。

 

スタートのピストルがなります。位置についてヨーイパン。玉置兄弟がスタートに成功しトップになるねんね。せやけど、常子が考えた秘策が功を奏し徐々に差が縮まってくるねんね。

 

秘策とは、呼吸をあわせることを意識せずに富士山のことだけ考え無心に走るということやってんね。「ふじ、さん、ふじ、さん」と2人で唱えながらかけます。そして、ついに焦って転倒した玉置兄弟を追いぬくねんね。

 

妹の美子も「とと姉ちゃん」頑張れと大きな声を出して応援してくれてます。声援に後押しされながら、常子と鞠子はゴールイン。1位こそなりませんでしたが、玉置兄弟を交わしての3位入賞を果たしてんねな。

 

三位の商品として、お米五升もらえてんねな。その晩、小橋家では久しぶりのおいしい白米を食べれてんね。常子たちの活躍もあって、美子は同級生と話すきっかけができて機嫌も直ってきてんね。こうして、久しぶりに小橋家に和やかな空気がよみがえるねんね。




小橋家が大ピンチ!君子が妾に?

せやけど、そのタイミングでです。これまで、竹蔵の死以降にお金を援助してくれてた竹蔵がいてた会社から援助の打ち切りの話をしに社長の杉野がやってきてんねな。

 

竹蔵の他にも結核で亡くなった社員がいてはり、竹蔵だけを特別扱いはできないという会社の決断やってんね。君子は明るく了承し、笑顔を振りまくねんけど、常子はそのことに不安を覚えるねんね。それから数日してからのことになんねな。

 

大家さんが君子がお金に困ってはることを知って、知り合いの妾にならないかと誘ってきたんやんな。その会話を偶然聴いてた美子から鉄郎に伝わり、鉄郎から常子と鞠子にも伝わることになんねな。

 

そして、常子と鞠子はその話を阻止しようとなんとかお金を稼ぐ方法を考えるねんね。働かせてもらえないか2人はいろんなところでお願いをするがどこも門前払いにされるねんな。

 

せやから、常子は公園の鳩をつかまえで鶏肉点に売りに行くと考えてんけど食肉用と公園の鳩の違いを知って断念すんねな。常子と鞠子ががっかりして戻ってくると、自宅には君子がいてへんねな。しかも、タンスからはよそいきの着物が出されてんねん。

 

三姉妹は君子が妾になるために出かけたと思い、慌てて君子を探しに外に飛び出すんやんね。そして、君子を見つけて常子は思い直してほしいとお願いするねんね。鞠子や美子も必死に説得するんやんね。

 

せやけど、君子は妾にはなれへんと話し、女学校で転校の手続きを聴きに行ってただけだと話すねんね。君子は、自分の母のところでお世話になろうか迷っていたというんやんな。

 

これまで、母方の祖父も祖母も亡くなっていないと聴いていた常子たちはそのことにとてもびっくりするんやんね。果たして、常子たちは転校することになるのか?とと姉ちゃんのネタバレ・あらすじ2週はここまで。とと姉ちゃんのネタバレ・あらすじ3週につづく。




あなたにおススメのページ

とと姉ちゃん第3週のネタバレ・感想!!

とと姉ちゃん第1週ネタバレ・感想

とと姉ちゃん ネタバレ・あらすじ・感想まとめ!

原作の「暮しの手帖と私」(大橋鎮子)はこちらの楽天から♪